長距離トラックに室内カメラは必要なのか?

こんにちは!

長距離トラック運転手はイッシーです。

今回は装着されるととっても嫌な室内カメラについてお話しします。

スポンサーリンク

会社によっては装着が義務付けされている室内カメラ!

ドライバー目線で走っている映像を録画撮影しているドライブレコーダーはよくありますが、室内を録画する室内カメラはお客さんを乗せるバスやタクシーによく装着されています。

あの室内カメラは赤の他人を乗せるわけですから、室内でのトラブルや事故などが発生したときの証拠映像として装備されるのはわかります。

しかしトラックの運転手は1人です。

撮影する意味はあるのか?そもそもプライバシーの侵害ではないのか?などの意見もたくさんあります。

しかし事業者からしたら、運転中は業務中だから監視してもプライバシーの侵害にはならないという理解だそうです。

幸いにして私の会社では室内カメラまでは義務付けされていないですが、大手の路線会社や庸車でも台数の多い会社ではどんどん装着されているようです。

休憩中はカメラを切ったり、カーテンを閉めて見えないようにしてもいいらしいですが、運行中はずっとカメラで監視されているようです。

室内カメラを付けているドライバー仲間に言わせたら、そのうちなんとも思わなくなるよ!との事ですが、音声まで取られているカメラに関しては本当に鬱陶しいようです。

会社の悪口をいい干されたドライバーも!

私の知り合いで大手の路線ドライバーの話ですが、会社の社長や大型配車の悪口を散々言っていたら、それを後で会社に聞かれて干されたドライバーがいました。

私も知っているドライバーだったのですが、プライバシーの侵害を訴えたのですが、運行中は業務中なのでそれにはあたらないとの事だったようです。

裁判ではどうなるのか分かりませんが非常に仕事がやりづらいのは確かです。

ドライバー目線でのドライブレコーダーはドライバーを守ってくれる証拠映像にもなるでしょう。

しかしドライバー自身を録画する室内カメラは戒めの意味が大きいでしょう。

運転手は出発してしまえば誰にも監視されない気楽さがメリットだったのにドライバーのメリットが1つ減ってしまいましたね(^^;)

ま、結果的に事故が減るのなら良しとしましょう。

スポンサーリンク