トラック運転手は怖い?ヤンキー上がりが多いって本当?

悲しいかなトラック運転手のイメージって世間ではあまりよくありませんよね?

ガラが悪い、チンピラが多い、世間体が悪い、頭悪そう、底辺職など散々な言われ方もされているようです^^;

実際に怖い人はそんなに多いのか?

今回はそんな疑問に長距離運転手歴20年の僕がお答えします。

スポンサーリンク

トラックの運転手は怖い人が多いのか?

トラックドライバーには世間で思われているほど怖い人(ガラが悪い人)は多くはありません。

特に大手の運送会社では怖い人はほぼいないです。

理由としては服装や髪型、身だしなみなど社員としてのモラルを要求されるからです。

庸車のドライバーでも昔に比べると怖い人はかなり減った感じがします。

そう、昔に比べると…

昔は怖い人が多かった!

僕がこの業界に入った20年くらい前は怖いドライバーさんがほんと多かったですね。

当時はリミッター(速度制御装置)も付いていなかったしガンガン飛ばしまくっていたし、一般車を鬼のように煽りまくってました。

一部の運転手ではなく結構怖い人でなくても煽ったりしていました。

気にくわない車がいると平気で車を止めて降りていくドライバーもいたんです。

先の東名高速あおり運転死亡事故みたいな事は昔はよくある話でした。

それを自慢するようなドライバーも多かったんです。

あの当時のイメージが未だに払拭し切れてないし、そのせいでリミッターなるものを付けられたのかもしれませんね。

事故も多かったですから!

怖い運転手も実際は気さくな人が多い

当時は元本物の方だったり、CB無線の全盛期で無線をやっていた先輩に飲み会などに連れて行ってもらいちょっと怖いなと思う人もいましたが皆んな気さくで凄く話も楽しくていい人なんですよね。

仕事に対しても真剣ですしね。

僕も仲良くなって今でも事故などがあった時には連絡をもらったりします。

運転手に向いている性格とは!

運転手の世界って向いている人と向いていない人がはっきりすると思うんです。

無理なものは無理とはっきり言わないと自分が大変な目に会いますし、忙しくて殺気立っている現場では自分を主張しないといつまでたっても荷物なんておろせません。

何も怖い人でなくてもいいけどある程度の強さはあったほうがいい職業ではあります。

そういう意味では職業柄、仕方のない事なのかもしれません。

まとめ

今回はトラック運転手は怖い人が多い?について記事を書いてみました。

元ヤンキーの人なんてどんな職業でもいるとは思うのですが比較的に多いのは事実かもしれませんね。

しかし昔に比べるとかなり減ったように思います。

業界全体も人手不足やドライバーの高齢化が進み課題は多いです。

ただ単にガラの悪いだけのドライバーは淘汰される時代になっていくでしょう。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

スポンサーリンク