佐川急便ドライバーの年収は?ボーナスや退職金はいくら

佐川急便の年収ボーナス退職金

こちらの記事は、佐川急便の元社員の方にインタビューして書いた記事です。実際のリアルな情報となっています。

佐川急便といえば大手運送会社となり、ほとんどの方が聞いたことのある企業かと思います。

最近では、「佐川男子」という言葉があるように男らしい姿にモテる企業とまで言われるほど人気の企業になりました。

今回は、そんな佐川急便の給料や年収、ボーナスや退職金について大解剖していきます。

スポンサードリンク

佐川急便のドライバーの給料はどのくらい?

佐川急便は役職もきっちりと別れていますし、体育会系の会社ということもあり上下関係がしっかりとしている企業です。

そのため、年功序列制が残っていますので上司と部下の給料の差が大きいことがよくあります。

新人社員で月20~25万円程度になります。

なぜこんなにも幅広いのかというと残業と配送地域によって異なるからです。

今物凄く改善されて働き方改革を行われていますが、数年までは残業が当たり前でした。

新型コロナウィルスで郊外への配送が増加しました。

そのため残業をどうしてもしないといけないこともあり、残業代で4~8万円になる人もいます。

係長クラスになると25~35万円が月収になります。

地域性もありますので、振り幅が大きくなっていますが、給料面は物凄く恵まれています。

佐川急便ドライバーの年収はどのくらい?

入社2年ほどは、400万円程度ですが役職がつくにつれて大幅にアップしていきます。

主任に任命されると450万円程度となり係長になると550万~650万ほどになります。

配送業が大変という報道があり、ドライバーが足りなくなったときは仕事量と年収が合っていないと感じることがよくありました。

しかし、日本全体で働き方改革が進み佐川急便は一新しました。

安全面に徹底的に力を注力し、社員のモチベーションを保つためにコンテストを実施しました。

日々の行いが正確に評価されるようになっています。

また、マネジメントにも力を入れております。

代表的なものが「佐川男子」です。

カレンダーなど多くの商品を作成し企業イメージをアップしました。

この影響もあり、働き方改革が進みワークアンドライフを充実することができました。

佐川急便のボーナスはいくら?

大手企業ということもあり、多くの人が勘違いしてしていますが、ボーナスは他の企業と比較すると少なくなっています。

夏冬50万~80万程度となります。

これも担当ドライバーによって異なります。

運送業で勘違いされているのが全員が同じ職場というイメージかと思いますが、各路線が決まっています。

大型顧客・法人・セールスなど部門に別れています。

特にセールスは自分の成績でボーナスが左右しますので人によって異なります。

佐川急便SDの退職金について

佐川急便はもともとブラック企業に近い働き方をしていました。

一部は今もありますがここは触れないでおきます。

役職に関係なく1000万円前後が退職金になります。

社内の噂になりますが、リスクの大きい人はもう少しお金が上がるとされています。

働き方が厳しくなって労災など規律が厳しくなりましたので、以前の社員に昔の傷を掘り出されるのは嫌だという思いがあるみたいです。

ここの真実は確証を得たわけではありませんが、退職された部長からの情報になります。

佐川急便の係長の年収は

係長になるとある程度のノルマが設けられます。

その達成率によって年収が異なります。

人によってまた配送地域によって異なるのが佐川急便の特徴になります。

目安は550万~650万の間となります。

私自身は、600万というところでした。

ノルマ100%達成していましたので比較的に高い年収と自負しています。

私はそこまで残業をしていませんでした。

自分がいた部署は残業規制が厳しいところでなるべく残業をしないようにオペレーションが組まれていました。

サービス残業がなかったことが一番の救いになります。

スポンサーリンク