アマゾンフレックスとは!口コミや評判、いくら稼げるの?

アマゾンフレックスとは

Amazon FLEX(アマゾンフレックス)が今個人事業主ドライバーの中で話題になっています。

アマゾンフレックスはピックゴーや軽バンドットコムなどのマッチングサービスとは違いアマゾンの荷物を直接アマゾンと業務提携して運ぶ仕事です。

そこでアマゾンフレックスは稼げるのかという疑問ですが、結論から言うとアマゾンフレックスは稼げます。

真面目に配達をこなすと時給で2000円以上、月単位で40万円以上の給料が見込めます。

この記事ではアマゾンフレックスの口コミや評判を調べてまとめています。

さらにメリットやデメリット、仕事を始める方法や配送エリアなどについても掲載しています。

軽貨物のマッチングアプリサービスについてはこちらの記事で詳しくご紹介しています。

軽貨物での個人事業主ドライバーが話題になっています。 ひと昔前の軽貨物ドライバーは大手運送会社の委託業者で安い単価で何十件も配達をさせられ...

スポンサードリンク

アマゾンフレックスとは

上記の説明通りアマゾンフレックスとは大手ECサイトのAmazonと直接業務の委託をすることです。

最近話題になっている荷主と個人ドライバーを繋ぐマッチングサービスとは違います。

これまでAmazonは大手運送会社の佐川急便やクロネコヤマト(ヤマト運輸)に配送を委託していました。

しかし運送業界の人手不足や運賃の値上げ交渉の対策としてアマゾン自身で配送を個人ドライバーに委託する【アマゾンフレックス】の運用を開始しました。

アメリカのAmazonでは2015年に運用を開始しましたが日本でも2018年より東京の1部のエリアでスタートすることになりました。

このサービスの凄いところは個人が巨大会社のアマゾンと直接業務委託できるところです。

アマゾンの商品のみを配達するわけですが、配達先は個人宅以外にも法人にも配送します。

アマゾンフレックスはこれまでの個人事業主ドライバーや運送会社に勤務するドライバーにはない時給制や好きな時間を選んで仕事ができるという画期的なシステムで話題になっています。

アマゾンフレックスのメリット

アマゾンフレックスには多くのメリットがあります。

勤務時間を選べる

アマゾンフレックスでは働きたい時間を自由に選べます。

朝から晩までこき使われることがありません。

また違法残業やサービス残業が多い運送業界でそのようなことが発生する心配もありません。

逆にアマゾンフレックスでは残業を認めていません。

時間内に配達が完了しなくてもステーションに戻らなくてはいけません。

時給制なのでそれでも報酬はもらえます(未配達が多すぎるとアカウント停止になります)

逆に配達が早く終われば時間内でも帰ることもできるし、報酬も満額もらえます。

働きたい時に働けばいいし、他の仕事との掛け持ちをすることも可能です。

ブラックな運送会社で働いていたドライバーからの転職も多いようです。

制服がない(服装は自由です)

アマゾンフレックスでは制服がありません。

ユニフォームを自腹で購入させられたり、ドライバー用の作業服をわざわざ買う必要がありません。

ジーパンやジャージでもオッケーです。

接客業なのであまり奇抜な服装はどうかと思いますが基本的に動きやすい服装が好ましいです。

時給が高い

ドライバーの時給はアプリでチェックできます。

時給を確認してから仕事が選べるので安い時給で働かされたなどのトラブルがありません。

アマゾンフレックスでは勤務時間帯のことを配達ブロックといいますが自分の好きな配達ブロックで仕事をすることができます。

時給でも2000円以上になるところが多く必ずもらえるので完全歩合制の会社によくある割に合わない仕事で働かされたという心配がありません。

また支払いも週払いなので支払いサイクルも早いです。

他のマッチングサービスでは翌々月払いというところもあるし、そうなると最初の2か月は無収入になってしまいます。

高単価の時給で週払いで報酬をもらえるのもアマゾンフレックスのメリットです。

人間関係の悩み

アマゾンフレックスは上記の説明通り自由に働く時間を選べます。

運送会社によくある上司からのパワハラや同僚との面倒くさい人間関係に悩まされることもありません。

積み込み場で会う人と簡単な挨拶程度のコミュニケーションで済みます。

人間関係が苦手な方向けの仕事と言えます。

アマゾンフレックスのデメリット

メリットの多いアマゾンフレックスですがもちろんデメリットも存在します。

ここでは配達業には付きものの事故以外のデメリットについて説明します。

必要経費は自腹

アマゾンフレックスは個人事業主ドライバーです。

業務を委託されて仕事をします。

もちろん配達にかかった経費は自分持ちになります。

主な経費はガソリン代や高速代、駐車料金や車にかかる保険などの経費は自分で払わないといけません。

高い時給ばかりが目立ちますが実際に手元に残るお金はそれらの経費を引いた金額となります。

会社員ドライバーのような手厚い福利厚生などはありません。

しかしそれらの経費は確定申告で必要経費として計上できます。

研修制度がない

運送会社にドライバーとして入社すると必ず「横乗り」という新人研修があります。

これは実は面倒くさいと思う人が多いのですが仕事を教えてもらえるというかなり重要なシステムです。

しかしアマゾンフレックスでは横乗りのような新人研修がありません。

宅配ドライバーの経験がある人は楽勝だと思いますが、経験のない人は教えてもらえる先輩がいないのはきついです。

基本的に配達方法はスマホのアプリ内でビデオを見ながら配達の方法や流れを勉強します。

それでもわからない場合は自分で問い合わせるシステムになっています。

配送関係の仕事の経験のない方にはデメリットといえます。

アマゾンフレックスの収入のシステムは

アマゾンフレックスの収入は時給制で週払いとなっています。

アマゾンフレックスに登録してスマホでアプリケーションを開くと仕事の時間帯が選べる「配達ブロック」というシフトのようなものが表示されます。

働ける時間帯や時間、報酬額がオファーとして表示されます。

そこから自分の働きたい配達ブロックを選んで仕事を獲得します。

配達ブロックは最低2時間から、最長で12時間となっています。

報酬金額もしっかりと表示されるので話が違うなどのトラブルもありません。

関東地区→2時間で約4000円(税込み)
愛知県地域→2時間で約3750円(税込み)
地域によって時給に差があります。

アマゾンフレックスのオファーに関して

オファーを取ったが都合が悪くなり仕事をキャンセルしたい場合でも24時間前ならキャンセル料も発生しません。

24時間以内で配達が始まるオファーを引き受けた場合のキャンセルは5分以内なら可能です。

アマゾンフレックスの給料はどれくらい?

アマゾンフレックスは上記の説明通り時給制です。

東京エリアで例えると

1日 4時間労働 20日出勤の場合

4H×2,000円×20日=16万円

1日 8時間労働 20日出勤の場合

8H×2,000円×20日=32万円

1日 10時間労働 20日出勤の場合

10H×2,000円×20日=40万円

1日10時間労働だと週休二日制でも月収40万円に届きます。

ここから経費を引いても月収で30万以上にはなる計算になります。

アマゾンフレックスの働き方は2種類ある

実はアマゾンフレックスの働き方には2種類あります。

自分にあった働き方での契約となります。

アマゾンフレックス

週に数時間程度の労働時間を想定したプランになります。

副業やダブルワークで働きたい方におすすめです。

月収で数万円から10数万が見込めます。

アマゾンフレックスプロ

アマゾンフレックスプロは週に最低でも48時間以上の勤務時間で働く方のプランです。

アマゾンフレックスだけで本気でやりたい方向けのプランになっています。

最大勤務時間は週に60時間で月に240時間となります。

時給2000円で240時間だと48万円になりますね。

アマゾンフレックスの勤務時間とは

アマゾンフレックスは自分で都合のいい配達ブロックを選んで仕事ができます。

しかし24時間というわけではありません。

8:00から22:00の勤務時間となっています。

しかし勤務地によっては時間帯が違うところもあります。

アマゾンフレックス働くための必要なものと条件

アマゾンフレックスを始めるのに必要なものがいくつかあります。

貨物軽自動車運送事業(黒ナンバー)の保有

アマゾンフレックスを始めるには貨物軽自動車運送事業の届け出をした貨物軽自動車が必要になります。

さらに自賠責保険と任意保険の加入も必要となってきます。

ウーバーイーツや軽バンドットコムのように自転車は不可となっています。

貨物軽自動車運送事業(黒ナンバー)に必要なもの

  • 事業用自動車等連絡書
  • 車検証
  • 運賃料金表
  • 貨物軽自動車運送事業経営届出書

20歳以上

アマゾンフレックスには20歳以上の年齢制限があります。

未成年者はいかなる場合でも仕事を請けることは不可となっています。

スマホを持っていること

これはハードルが低いかと思いますがアマゾンフレックスは全てスマホでやり取りをします。

スマホがないと全く話になりません。

スマホと言ってもアマゾンフレックスのアプリケーションが使えるスマホが必要になってきます。

充電が切れると本気で困ることになるのでバッテリーにも気を付けなければいけません。

アマゾンフレックスの配達までの一連の流れ

アマゾンフレックスの登録から仕事をして報酬を貰えるまでの一連の流れや必要なものをご紹介します。

ステップ1 必要なものや書類の準備

上記でも少し説明しましたが以下のものが必要となります。

  • 黒ナンバーの軽自動車
  • アマフレのアプリが使えるスマホ
  • 銀行口座(報酬用)

ステップ2 アプリをダウンロードする

こちらよりダウンロードできます。

>>アマゾンフレックス公式ホームページ

ステップ3 書類の提出

アプリのダウンロードが完了したらアプリより必要な書類を提出します。

難しい方はこちらのサポートで直接問い合わせができます。

メールアドレス

amazonflex-support@amazon.co.jp

電話番号

0120-899-451

かなり親切なサポートとなっています。

ステップ4 配達方法などの確認

上記でも触れましたがアマゾンフレックスには新人研修がありません。

自分でビデオを見て勉強する必要があります。

何回も見て理解を深めます。

それでもわからない場合は問い合わせは可能です。

ステップ5 仕事を取得する

アプリを開くと配達の時間帯が決めれる配達ブロックというオファーが見れます。

そこから自分の都合にいい時間帯の仕事を取得します。

いよいよですね。

ステップ6 実際に配達する

さてここからが実際の勤務になります。

自分の働く勤務地に行って荷物を積み込みます。

勤務地にはスマホでQRコードを読んでチェックインします。

自分の積み込む荷物のコードをアプリでスキャンして車に積み込みます。

配達は基本的にアプリに配達の順番が表示されるのでその順番でオッケーです。

車にナビがあると便利です。(なければグーグルマップでも大丈夫です)

もし未配達があっても時間には戻らないといけません。

ステップ7 報酬の受け取り

上記の説明通り、アマゾンフレックスの報酬は週払い制です。

翌々月払いなどもある中これは資金繰りの観点から見ても助かります。

最初に登録する銀行口座に振り込まれます。

現金払いや前払いなどはありません。

アマゾンフレックスは稼げる?稼げない?

結論から言うとアマゾンフレックスで実際に稼げます。

他のマッチングサービスよりも高単価で環境的にもいいようです。

しかし条件のいい仕事はすぐに競争率が高くなってしまいます。

近頃ではオファーが取りにくい、減ってきたなどの話も多いようです。

さらに未配達率の高いドライバーに関してはアカウントの停止(業務提携の解除)もあるそうです。

どの世界でもやはり簡単にというわけにはいかないようですね。

アマゾンフレックスで働いた人の実際の口コミとは

今回独自でアマフレで働いたことのある方にアンケート調査をしてみました。

学生時代に1年ほどアマゾンフレックスで働いた経験があるそうです。

その当時私は学生だったので、働きたいときに働けるというのは非常に都合が良かったです。ただし勤務時間がそこまで確保できなかったので
当然配達できる荷物の数が少なく、学生バイトとそんなに変わらない程度の給料しか頂けなかった記憶があります。
基本的に一人で働けるという点は良かったです。下手な人間関係もなく、私自身運転することは苦にならない性格だったので
業務内容的には向いていたのかなと感じました。恐らくフルタイムで働ければそこそこの金額をもらえるので、適性がある方にはお勧めできます。
ただ私が稼げなかった要因として、配達用の車両をレンタルしていたため、その分の経費が無駄になってしまって結果的に
あまり稼げなかったのだと思います。ある程度荷物の積める大きな車を自分で所有している方はそこら辺のコストがかかってこないので、
もっと稼げると思います。残業なしにほどほどに頑張って稼ぎたいという人にはお勧めできると思います。

アマゾンフレックスの車はリースと購入どっち?

アマゾンフレックスで仕事をするには黒ナンバー取得の軽自動車が必要になります。

すでに車をお持ちの方はいいですが、これから購入かリースかをお考えの方は悩むところです。

ポイントは今後軽貨物サービスで本気でやっていこうと思うなら購入がおすすめです。

アマゾンフレックスやピックゴーではカーリースもやっていますがかなり割高です。

長いこと軽バンでやっていくならリース代でなくてローンとして払った方が最終的には自分の車になります。

しかし短期的に試しにやってみたいという方はリースで十分だと思います。

やってみて自信がついたときに中古車でもいいので購入に踏み切ったらいいと思います。

アマゾンフレックスの配送エリアは?

募集エリアは現在(2020/5月)では関東と福岡が募集エリアになっています。

広島と大阪に関しては事前募集受付中です。

北海道や宮城、愛知県は新規の登録を現在では一時停止中となっています。

確認はこちらからできます。

amazonflex-support@amazon.co.jp

0120-899-451

アマゾンフレックスの大阪や千葉、広島、福岡は?

アマゾンフレックスの配送エリアは今後拡大予定するようです。

大阪エリア

住之江区 7月中旬以降オープン

千葉 市原市 5月下旬以降オープン

神奈川県茅ヶ崎市 6月下旬以降オープン

広島市佐伯区 5月下旬以降オープン

福岡 北九州市小倉南区 6月下旬以降オープン

まとめ

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はアマゾンフレックスについて詳しくご紹介させて頂きました。

アマゾンフレックスはマッチングサービスとは違いアマゾンと直接業務提携を結んで仕事をするアマゾン専属のドライバーです。

時給制で報酬も高く人気となっています。

最近では参入者が増えてきてオファーが少なくなってきているとの情報もあります。

気になる方は直接問い合わせするといいでしょう。

当サイトでも新たな情報が入り次第更新していきます。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク