宅配ドライバーになると後悔するよ!辞めていく理由とは!

転職しようと考えて求人広告を眺めていると「高収入」「安定的な収入」などが書かれている「宅配ドライバー」の仕事を選ぼうとしていませんか?

宅配ドライバーって実際どうなんだろう?免許があれば簡単に始められるんだ?などなど。

そこで、現役宅配ドライバーの私が現場の実体験をお答えします。

宅配ドライバーになると後悔してしまうのか、辞めていく人の理由などについて解説していきます。

最後まで読んで、是非参考にしてください。

スポンサードリンク

宅配ドライバーはやめとけ?

物流の世界でも特殊な「宅配」というジャンルですが、生半可な覚悟では勤まりません。

なにせ相手が企業ではなく個人だからです。

肉体的に疲れるのかといえば外仕事ですから、それなりには疲れます。

でも、肉体的な疲れは荷物を持ったりする事よりも労働時間が長いからです。

「朝早くて夜が遅い」よく聞きませんか?

これが毎日続けば疲れも溜まっていきます。

それに相手が個人なので様々な問題も起き、ストレスも溜まっていきます。

物量の多い繁忙期なんかは、拘束時間が14時間超えるなんてのはよくある事です。

それはドライバーの技量にまったく関係ありません。

宅配ドライバーで後悔する理由は何?

多くの人が簡単な業種だと思って入ってきますが、実は覚えることが多すぎるんですよね。

皆さんは宅配ドライバーに何か特殊なスキルがあると思いますか?

運転して荷物を届けるだけじゃないの?と思われるでしょうが、その通りです。

だから難しいイメージは持っていないですよね。

でも実際は…

◎住所と道を覚える
◎伝票の整理
◎効率のいい荷積みを覚える
◎機械を使いこなす
◎配達する荷物の種類を覚える
◎着払い、代引きの処理
◎収入印紙のチェック
◎再配達の対応
◎集荷の処理
◎客先での対応

自分で書いていてビックリするぐらいありましたが、パッと思いついたものを書きだしたので細かいのを入れるとまだまだあります。

簡単だと思った業種が実際は覚えることが多すぎた!というのが駆け出しのドライバーたちを後悔させる原因だと思います。

宅配ドライバーを辞めていく最大の理由とは

この理由は気になるところですよね。

私も今まで多くの人が去っていくのを見ましたが一番の理由お金ですね。

労力と対価が見合っていないと判断される方が多かったです。

もちろん、人間関係なんかもありますが、ほとんどが【お金】です。

家族を養っている方でよく聞く話が「朝早くて、帰ってくるのが遅い。それなのに給料が安い!」と喧嘩になることが多いようです。

中には帰りが遅いので浮気しているんじゃないかと疑われることも…

でも実際はそういう理由ではなく、このお金の問題で家族の仲が悪くなってしまうのです。

これは本当に多いですね。

宅配ドライバーへの転職を成功させるコツ

この業界は万年人手不足です。

これは今に始まった事ではなく昔からそうです。

つまり、それほど人が続かない業界なのです。

求人広告を見ても、よくドライバー募集という特集が組まれていませんか?

転職するには運転免許があれば簡単になれますし、宅配なら中型免許も場合によっては必要ではありませんからね。

入りやすい職種ともいえます。

多くの会社が乱立している業界なので会社選びを間違えない為にも、会社のホームページや口コミなんかも活用した方がいいでしょう。

条件に見合っているかどうかは必須です。

そして私からお勧めのチェックポイントがあります。

それは週休二日制です。

これが載っていたら必ず担当者に聞くべきです。

例えば、「土日休み」と書いてあるとしましょう。

でも、実際には土曜日に出勤させられる!嘘じゃないか!と思うかもしれませんが、これはセーフなんです。

勿論、あることを会社がすればですが、それは【休日出勤扱いにして手当も出す】これです。

これをすれば会社側は問題ないようです。

人によっては手当てが出るなら問題ないと考える人もいるでしょう。

でも実際は、それに釣られて応募して採用後に聞かされる場合が多いんです。

なので、こちらは確実に確認したほうがいいです。

悪徳の会社では手当すら出さないところもあります。

スポンサーリンク