軽貨物はきつい?必要な資格や1日の仕事内容とは!

軽貨物ドライバーはきつい

軽貨物ドライバーになるために、必要な資格や1日の仕事内容を知りたいところ。

そして、きつい仕事なのかということも気になります。

普通のトラックドライバーと違って違う点がいくつもありますので、それについても解説します。

今回の記事では、軽貨物ドライバーの1日の仕事内容やその仕事をやるための必要な資格や条件について解説します。

新しい仕事を探したい方や運転するのが好きな方は、この記事を参考にしてください。

想像以上に「給料や年収を上げる方法を教えてくれ!」という質問やご要望がありましたので、下記の記事で詳しくまとめました。
詳細についてはこちらの記事をご覧ください。

🔗誰でもできる!超簡単に年収が60万円以上アップする3つの方法とは!

スポンサードリンク

軽貨物ドライバーとは

軽貨物ドライバーとは、自分で配達用の車を用意して仕事をもらいにいき、決められた時間までに配達や運送をするお仕事です。

年々、軽貨物ドライバーで働く方が増えています。

トラックドライバーと違って、会社に雇用されてそこから毎月の給料をもらう仕組みではありません。

個人事業主として扱われます。

ですので、確定申告も自分で行ったり仕事を取りにいくときも、自分で行わなければなりません。

安定しない月もありますので、気をつけることです。

軽貨物ドライバーに必要な資格や条件とは

必要な資格や条件は、運転スキルに自信があることと、最低でも普通免許を取得しなければなりません。

なぜなら、普通免許を取得しないと仕事をくれる企業が少なくなるからです。

最低でも普通免許を持ち、できれば中型免許も持っておくと仕事をもらうときに、「中型免許を持っていないので仕事がもらえない」という困り事もなくなります。

後は、肉体的な労働が得意な方であれば雇われやすいので、必要な資格や条件を知った上で仕事をとりましょう。

軽貨物ドライバーの1日の仕事内容とは

軽貨物ドライバーの1日の仕事内容を理解しましょう。

1日の仕事内容はまず、指定された営業所まで出勤をして荷物の積み込みを行います。

荷物の積み込みを行うときのコツとして、私は先に配達する荷物を扉近くに、後に配達する荷物は奥に積み込みを行うようにしています。

なぜなら、先に配達する荷物を扉近くに置く方が、その荷物を取り出すときスムーズに取り出せるからです。

このコツも覚えておくと良いです。

そして、荷物の積み込み作業が終わったら、配達をしていく流れです。

基本は、積み込み作業をして配達をしていくという繰り返しの流れになります。

午前指定の荷物から配達をしていけば、問題ありません。

軽貨物ドライバーはきつい?

結論から言うと、きつくないです。

最近では、軽貨物ドライバーで働く方が増えていき需要も上がっています。

仕事を取るのに多少は苦労しますが、給料は良いです。

肉体的な労働が得意な方であれば、この仕事に向いています。

私の知り合いのドライバー仲間も肉体的な労働が得意なため長く続けられていました。

ですので、軽貨物ドライバーで長く続けていきたい方は、体も鍛えるとさらに良いです。

あなたは軽貨物ドライバーに向いてる?

軽貨物ドライバーには向き不向きがあります。

向いていないと絶対に長続きはしません

向き不向きが分かる性格診断テストはこちらから簡単に受けれます。

軽貨物ドライバーを目指すなら一度は受けましょう!

🔗自分が軽貨物ドライバーに向いているかチェックしてみる

軽貨物ドライバーを辞める理由とは

一方、軽貨物ドライバーの仕事はきつくないものの、辞めていく方もいます。

辞める理由として代表的な理由は、休みが少ないことです。

多くはこの理由で、土日祝日でも働かなければならないときがあります。

その他にも、肉体労働が苦手で辞めた方や人間関係が悪くなったのを理由に辞めた方も見受けられます。

軽貨物ドライバーは女性でもなれる?

女性の方でもなれます。

なぜなら、今は人材不足が深刻化しているからです。

男性以外にも女性も採用していこうという動きが広まっています。

ここ2、3年で女性ドライバーを多く見かけました。

女性の方でもなれますので、運転スキルを身につけて働いてみましょう。

軽貨物の求人や転職のコツ

リクルートエージェントアドバイザー

軽貨物ドライバーは非常に人気が高く需要のあるドライバー職です。

人手不足が続く運送業界では転職するには絶好のチャンスと言えます。
そしてどうせ就職するなら給料が高くて休みの多い会社がいいですよね。

でもそんな会社どうやって見つけるの?

答えは超簡単です。

転職エージェントに「◯◯市で給料が高くて休みの多い運送会社を探して下さい」と伝えればオッケーです。

さらに「手取りは35万以上で」「週休二日制の会社で」など細かな条件でも探してもらえます。

さらに面接に行かなくてもアドバイザーがあなたに変わって給料や労働時間などの確認や交渉をしてくれます。
いちいち自分で面接に行って聞きにくいお金の話や希望する条件を聞いて回らなくてもすみます。
つまり希望する条件をお互いに確認し合っている状態で面接を迎えれるわけです。

会社もエージェントの手前、嘘はつけません。
ブラック企業の多い運送業界で非常にありがたいサービスです。

ではどこのエージェントがいいの?

運送業界に強いエージェントは「リクルートエージェント」です。

求人数も日本一なのであなたの希望する会社がある可能性が最も高いエージェントです。

自分の希望する会社や条件の合うドライバー職を見つけてくださいね。

登録は簡単で料金も一切かかりません。

>>軽貨物ドライバーの無料相談はこちらからどうぞ

もちろん絶対に転職しないといけないわけではありません。

情報収集にお役立てください。