運送業の事故のペナルティはきつい!荷崩れや誤配の責任、弁償について!

荷物事故や車両事故を起こすと会社によってはドライバーが自腹で払わないといせません。

したくてしたわけじゃないので払いたくない気持ちでいっぱい…

しかし自腹の方がマシだという現実も運送業界にはあるんです。

自腹といってもその場で自分で現金を払って事を収めたいという意味です。

特に大手のドライバーほど事故を恐れます。

それほどペナルティがきついんです。

この記事では運送業の事故のペナルティや、荷崩れ誤配の責任や弁償について書いています。

自腹請求される会社はすぐに辞めろ!

事故発生時に自腹を請求してくる会社がありますが、はっきり言って長い目で見ると転職した方が無難です。

こちらの記事で詳しくご紹介しています。

「仕事内容が悪過ぎる…」「労働時間長すぎ…」「給料が安すぎるぅ…」 そう思いながら嫌々仕事をしていませんか? 運送業は会社によっ...

スポンサードリンク

最近発生した接触事故より

実は先日、とある大手運送会社の路線便の仕事で積み込みに行ったんです。

荷物が積み上がり事務所で伝票と運行表をもらいトラックに乗り込んでふと右のミラーを見るとミラーが思いっきりドアにくっついていました。

あれっ、右のミラーってたためたかな?

と一瞬考え込みましたが、すぐさまミラーをあてたドライバーが謝りにきました。

状況を聞くとバックでホーム付けする時に僕のミラーを後ろのカンノン(扉)で押してしまったのだとか!

これ、実は路線会社ではよくある事なんです。

自分の付けたいホームの両サイドにトラックがいるとすごく接車しにくいんですよね。

特に前のスペースがあまりないとトラックを斜めから侵入させないといけない場合があるんです。

曲がったミラーを自分の手で戻してみると一応は戻るのですがカクカクと上下左右にぶらついて固定しない感じ。

僕が乗っているトラックは三菱ふそうのスーパーグレートです。

今までにも当てられた事があるのでわかるのですが、フソーのバスミラーって高いんですよね(^^;

そこであてたドライバーは自社のドライバーだったのですが「修理代はいくらくらいしますかね?」と尋ねてきたので、

「修理に出してみないと分からないけど、経験上5万から10万はするかも」

と言うと、そのドライバーが、

会社にバレたくないので自腹で払わせて下さい

と言うのです!

要はその人の会社は通さずに直接自分に請求してくれとの事!

しかし僕のトラックは会社のトラックなので僕は会社に言わないわけにはいかないので、といい会社に電話をしました。

そして会社にも「ドライバーが直接自腹で払いたいので会社には言わないで欲しいと頼まれている」と言ったのですが、

配車係の答えは「それは出来ない」との事!

あてたドライバーには会社に出来ないと言われた旨を伝えてその路線会社の事故担当の係を呼び写真や事情聴取の流れになりました。

ドライバーが自腹で払わせてくれと言った理由

このドライバーの気持ちは実はすごくわかるんです。

僕の会社でも荷物事故や車両事故を起こすと自腹で弁償しないといけません

20万以下なら自腹、それ以上なら保険を使ってくれその弁金代を5万なり10万を払わないといけません。

大手ともなるとそれ以上のペナルティが課せられます。

事故を起こした時のペナルティ

・自腹で払わされる

・会社にすごく怒られる

・特別講習を受けさせられる

・無事故手当金がとぶ

・ひどい場合は運行停止

・ひどい場合は運行者を外される

このように事故を起こすとかなりキツいペナルティが課せられる場合があるんです。

さらにこのドライバーは大手の路線会社の自社のドライバーさんです。

庸車の会社に比べて事故には本当に厳しいです。

上記のようなペナルティをくらうくらいなら

10万円払ってでも自腹の方がマシ

となるわけです。

運送会社は事故に関しては凄くシビアです。

事故を起こしたドライバーにはとても冷たく厳しいペナルティを課します。

僕も明日は我が身と身が引き締まる思いでした。

トラックの荷崩れの責任は誰になる?

トラック走行中に起きる可能性のある荷崩れは、絶対に避けなければなりません。

しかし、積み方が甘かった場合など荷崩れは起きてしまいます。

そんな時、その責任はだれが負う事になるのでしょうか?

基本的に、多くの場合はドライバーの責任となることがほとんどです。

荷崩れが起きてしまった商品は買取する場合もあり、会社がいくらか補償してくれることが多いです。

100%ドライバーに全額負担させる会社は違う意味で問題となりますよね。

また、ケースの違う場合の荷崩れも起こり得ます。

それは、あおり運転や急ブレーキを踏まれた場合です。

その場合は、事故などの内容にもよりますが相手に責任追及できることがあります。

ヤマト運輸や佐川急便、西濃運輸は事故したら自腹?

庸車の会社ではドライバーが事故を起こしたら全額負担という話はよく聞きます。

大手の運送会社は事故をしたら自腹なのでしょうか?

ヤマト運輸で事故をすると自腹で払わされるということはありませんが色んな書類をかいたり営業所の従業員みんなを集めて状況の説明があったりかなりのつるし上げになるそうです。

自腹ではなくても配送者から変えられたりして結局は給料が下がる羽目になることもあります。

佐川急便も事故したら相当きついペナルティが課せられます。

ボーナスや昇進にもひびくししばらくは配送業務から外される可能性もあります。

たった1回の事故で数年は昇進の見込みが無くなくなります。

西濃運輸も事故は自腹の場合があると聞いています。

任意保険には入っておらず20万や30万円ほどの修理代を払った知り合いドライバーもいました。

福山通運は事故したら自腹

福山通運は全額自腹ではなく保険を使ってくれますが事務手数料や弁金代を払わされます。

庸車の人間に対してもそうです。

私も何回も払わされた経験があります。

福山通運の誤配のペナルティとは

私が福通を走っていた時は誤配でも荷物が繋がらない場合はチャーター代を請求されました。

私は長距離の運行者でしたが集配ドライバーの誤配はめちゃくちゃ怒られていた場面を何回もみました。

当たり前といえば当たり前ですが。

佐川の誤配のペナルティとは!

佐川急便ドライバーが誤配をすると上司にこっぴどく怒られるようです。

お客さんのある話ですから、すいませんで済む場合と済まない場合があります。

荷物の誤配や破損はドライバーとして絶対にあってはならないミスなのできついペナルティは覚悟した方がいいかもしれませんね。

ヤマトの誤配のペナルティとは

知り合いがヤマト運輸で務めていますが誤配はやはりペナルティがきついようです。

お客さんに誤りにいくのは当然ですが、支店長に誤配に至った経緯を説明して始末書も書かないといけません。

さらにひどい場合には本社にまで通達がいきこっぴどく怒られるそうです。

ヤマトは宅配便で個人宛の荷物を扱っているので、大きな問題に発展しかねません。

きついペナルティは仕方がないのかもしれません。

しかし理不尽なペナルティを課せられたという話も聞いたことがあります。

支店長や上司によって対応が違う場合があるようです。

ヤマト運輸の誤配の始末書について

配達する荷物が毎日山のようにある運送業界ですが、忙しさから誤配をしてしまうことも無くはないのです。

その場合、始末書や顛末書を書くように指示されます。

始末書や顛末書の書き方やその内容ですが、まずは『いつ・どこで・なにが・どのように(なぜ)』起きたのかを文章にします。

この書類は、こういうことが起きてしまいましたという上司や会社への正式な報告、謝罪、反省の意味として扱われます。

書き方としては、特別難しいものはなく起きてしまったありのままを正直に書きます。

そして、再発防止に努めるにはどうしたらよいかなどの改善点や注意点、更には今回起こしてしまったミスの謝罪と反省の言葉を書きます。

上司から注意やお叱りを受けることもありますし、支店によっては研修をもう一度やる場合もあるようです。

間違いは人間誰でもありますが、こういった誤配でのミスはできるだけ避けたいものです。

自分の推定年収をご存じですか?

運送業界では働いている会社によって貰える給料はかなり変わってきます。

実は私も年収で65万以上損していました。

こちらでは適正な年収を無料で診断してくれます。

さらにあなたのスキルに見合った会社まで教えてくれます。

>>自分の適正年収を調べてみる

料金は一切かかりません。

担当者からのメールや電話も一切ありませんのでご安心ください。

ドライバーの自腹は法律違反?

やった本人が悪いとはいうものの、ドライバー自身も事故や誤配を起こしたくて起こすわけではありません。

あまりに高額な自腹請求などは法律的にどうなのでしょうか?

労働基準監督署に問い合わせてみました。

こちらの記事からご覧ください。

トラック運転手が荷物事故や車両事故を起こした時の運送会社の破損弁償制度。 保険未加入の会社でよく聞く修理代や弁償金などの費用をドライバ...
かなり参考になりました。

ペナルティでひどい目に遭う前に転職しよう

トラック運転手転職にはリクルートエージェント

人手不足の運送業界は今どの会社も人材を欲しがっています。

ドライバーが会社を選べる時代と言っても過言ではありません。

自腹請求やペナルティで飼い殺し状態になる前にとっとと会社を逃げたほうが無難です。

そこで良い会社を見つけるコツがエージェントの利用です。

現在では転職エージェントからドライバーに転職するケースが主流になっています。

未だにブラック企業の多い運送業界で個人の面接のみで会社を決めてしまうのは危険を伴います。

そのなかでもおすすめのエージェントがリクルートエージェントです。

リクルートエージェントは日本最大手の転職エージェントです。

リクルートエージェントではプロのアドバイザーが企業と給料や労働時間の交渉までしてくれます。

いちいち面接に行かなくても事前にアドバイザーが確認してくれるので時間の節約になります。

お金の話や自分の要望など面接官に話しをするのが苦手な方は特に利用したいサービスです。

また大手や人気の運送会社は非公開求人になっているケースが多いです。

非公開求人にする理由は企業が社内の採用情報を外部に漏らしたくないのと採用コストを抑えるためです。

あなたがネットで探してもいい企業が見つからないのはこの非公開求人になっている可能性が高いです

大手を狙うなら非公開求人数が日本でダントツ1位のリクルートエージェントを利用しましょう。

非公開求人の中に希望する企業が隠れているかもしれません。

福利厚生や休み、退職金がしっかりしている大手企業なら安心して長く勤めることができますからね。

もちろん無料で利用できますし絶対に転職しないといけないわけではありません。

時間をかけて相談しながら転職したい方は是非ご利用下さい。

5分で簡単に登録ができます。

エージェントに無料相談する>>

さいごに

僕は普段はトラック運転手は気楽なんて言ったりもしていますが、事故に関しては本当に会社は厳しいです。

人身ともなるとドライバー自身が免許取り消しになるだけでなく会社も潰れる可能性もありますから!

ドライバーの事故に関しては世間の目の厳しくドライバーが事故をするとすぐにテレビのニュースで流されます。

特にバスもすごくニュースになりますよね。

私自身も自腹で済む話(金額)なら自腹で払いたい気持ちも分かりますが、何よりも事故を起こさないように気をつけたいと思います。