観光バス運転手の仕事内容とは!給料や年収、必要な資格は何?仕事がきついって本当?

観光バス運転手仕事内容

ドライバーにはたくさんの種類がありますが、観光バスの運転手と言われるとみなさんなんとなくイメージしやすいですよね。

旅行に行く際などのバスを運転するお仕事です。

そんな観光バスの運転手さんは運転以外にどんなお仕事をしているの?なるためにはどんな資格が必要なの?給与はどのくらいもらえるの?きつい仕事ではないのか?

どんな人に向いていてどんな人は向いていないお仕事なのかをまとめました。

観光バスの運転手に興味がある方は参考にしてください。

観光バスを狙うならおすすめの転職サイトはこちら!

未経験者でも大丈夫かなぁ... 運送業はブラック多いって聞くけど大丈夫かな... 今の会社よりいい運送屋ないかな... あの運送会...

スポンサードリンク

観光バス運転手の仕事内容とは!

観光バス運転者は朝の打ち合わせからお仕事が始まります。

バスガイドとその日のコースの確認と見どころになるスポットなどを把握します。

なるべく見どころが多いコースを選択し、実際のスポットに行くとスピードを落とすなどの工夫をしてバスガイドさんが説明しやすいように連携を取ります。

そのため、毎回同じコースではなく違うコースを走ることになるため、いろいろな道を覚えておくことが必要です。

その後、車両の点検を行います。

お客様を安全に乗せるためにとても重要なお仕事です。

車両の点検が完了したらお客様をお迎えして出発です。

スケジュールが決まっているので交通状況なども予測しつつ安全運転を心がけます。

日帰りのツアーの場合は夜に営業所に着いて、その日の業務報告書を書いたりしてお仕事が終了します。

観光バス運転手に必要な資格について

お客様を乗せたバスを運転することになるので大型自動車第二種免許が必要になります。

総重量11t、最大積載量6.5t、乗車定員30人を超えた大型車両を運転する場合、なくてはならない必須免許です。

運転免許の中でも難しい資格で、これまでは自動車運転免許試験場でしか取得できなかったのですが自動車教習所でも免許の取得が可能になりました。

大型自動車第二種免許は21歳以上で普通自動車免許の取得から3年が経過している人が取得することができるようになります。

また、使用するバスの大きさによっては大型自動車第二種免許ではなく、中型の免許でも可能な場合もあります。

観光バス運転手の仕事はきつい?

宿泊を伴う仕事もあるため、繁忙期には家に帰ることができずきついと感じるかもしれません。

また、ただ運転するのではなくたくさんのお客様を乗せて運転するので精神的にも大変になってきます。

普段はしっかりと休みをとれるのですが、繁忙期になると月に5日くらいしか休めないこともあり体力も大事になってきます。

老若男女、いろいろなお客様がいるのでいろいろな方とコミュニケーションを取らなくてはならない場面もでてきます。

そのため、人と話すことがきついと感じる方もいるかもしれません。

観光バス運転手の給料や年収はいくら?

就職する会社や勤務体系によっても様々ですので一概にこのくらいというのは難しいですが、平均だと400万円前後になってきます。

多い方だと500万円以上稼いでいる方もいるそうですが、その場合は残業などが極端に多い可能性も高いです。

大手のバス会社では年に3回賞与が支給されるところもあり、賞与の金額は働いた年数で変わってきます。

また、60歳を過ぎても再雇用してもらえるケースもあります。

さらにバスの中には公営のバスがあり、公営バスの運転手は地方公務員の一員という扱いになります。

そのため給与が安定していて人気となっています。

観光バス運転手に向き不向きな人とは

長い時間バスを運転することが主な業務になりますので運転が苦手だと言う方には向いていないお仕事です。

逆に運転に自信がある方には向いているお仕事になります。

バスにも様々な種類がありますが観光バスでは観光客の方から質問されたり話しかけられたりすることも多くなります。

そのため、人と話すことが苦手な人には向いていないでしょう。

お仕事で色々なところに行くことができるので、旅行などが好きな方は楽しみながらお仕事をすることができると思います。

あなたは観光バスドライバーに向いてる?

観光バスドライバーには向き不向きがあります。

向いていないと絶対に長続きはしません

向き不向きが分かる性格診断テストはこちらから簡単に受けれます。

観光バスドライバーを目指すなら一度は受けましょう!

🔗自分が観光バスドライバーに向いているかチェックしてみる

観光バス運転手の口コミ評判とは

忙しい時期とそうではない時期がはっきりしているため、生活リズムが安定しないそうです。

また、昔から働いているベテランドライバーの方がいる場合も多く、上下関係が大変だと言う声もありました。

急な予定が入る場合があり、自分のスケジュールを確保できないことも大変だそうです。

新人の頃は休みの日などを利用して道を覚える努力も必要です。

満足できる収入を得るためには長時間の残業や休日出勤などを重ねなくてはならないそうです。

やはり自分の時間が思うように取れないことが多いみたいですね。

もちろん、色々なところに行くことができる、知識が増えるなどの良い意見もありました。

観光バス運転手の「あるある話」はなに?

バスの運転手は運転が好きな方が多いため、自家用車もマニュアル車を運転している方も多いそうです。

また、出発前に1日の安全を祈願し、ルーティーンとしてハンドルやメーターなど決まった場所をきれいにする方も多いそうです。

楽しみながら働けるお仕事

今は観光に行くのが少し難しい時期ですが、これからコロナが終息すれば観光バスの運転手さんの需要はとても高まってくると思います。

もちろん人を安全に運ぶというとても重要なお仕事ですが、お仕事で様々な場所に行くことができたり、いろいろな人との出会があったりととても楽しみながらできるお仕事だと思います。

とてもやりがいのある仕事です。

小さい頃乗せてもらった観光バスの運転手さんに憧れているという方も多いのではないでしょうか?

少しでも興味を持ったら求人をチェックしてみてください。