大型トラック運転手の初心者が絶対にやってはいけない事!大惨事になるよ!

免許を取ってすぐの大型トラック運転手は慣れない事ばかりで注意すべき点がたくさんあります。

車幅感覚や内輪差、オーバーハング(ケツ振り)がその代表でしょう。

しかしその程度では絶対に済まない、本気で注意しないといけない事があります。

それをやってしまうととんでもない大惨事を間違いなく引き起こします。

今回は大型の初心者ドライバーの方へ絶対に注意して欲しい事をお伝えします。

スポンサーリンク

大型トラックの運転手が絶対に気を付けたい事とは!

大型トラックの長距離運転手を20年やっている僕が初心者の運転手さんへ気を付けて欲しい事、それは

踏み切りへの進入

です。

大型の貨物トラックは全長で約12メートルあります。

普通車の約3台分ですね。

大型トラックに乗りたての時はこの長さの感覚を忘れて踏み切りに進入しがちになります。

想像してみて下さい。

もし誤って踏み切りに入ってしまって、そこで踏み切りの遮断機が降りて電車が来たらどうなるでしょうか?

トラックに電車が追突したら被害は想像を絶する!

もし踏み切りの線路内でトラックを停車してしまい、そこへ電車が突っ込んでしまったら被害は恐ろしく想像を絶するものになるでしょう。

電車一両あたりの重量は約30トンです。

仮に8両編成なら240トンにもなります。

トラックも荷物を満載に積んだら25トン前後になります。

25トンの鉄の塊に240トンの鉄の塊が時速80~90㎞で突っ込んだらどうなるでしょう。

トラックは吹っ飛んで乗客や乗員の命はないでしょう。

その周辺を歩いている人も巻き込むでしょうし。

間違いなく被害や被害額は想像を絶するものになります。

スポンサーリンク

踏切事故の原因!なぜ起こる?

踏み切り内の事故は電車が来ないだろうと思い前が渋滞しているにも関わらず踏み切りに進入する事で発生する場合が多いです。

しかし、

大型トラックの初心者ドライバーの方で多いのが実は踏み切り内にトラックの車体がまだ残っている事に気付いていないことです。

普通車の感覚でいたのか、踏み切りを勝手に抜けただろうと思ったのか、本人が線路内にいる意識が無いのが1番怖いケースになります。

気付いていないので対策がとれませんから。

大型トラックは思ったよりも長いです。

踏み切りの線路向こうには十分なスペースがあるか、線路を超えた後もバックミラーやバックカメラで必ず確認しましょう。

万が一踏み切り内で止まってしまった時の対処法!

もし踏み切りに進入してトラックの車体が線路内に残っているのに遮断機が降りてきたら

クラクションを鳴らして前の車にスペースを空けてもらう

反対車線が開いていたら反対車線に逃げる

どちらも無理そうなら非常停止ボタンを押して退避する

2番目の「反対車線に逃げる」ですが緊急事態だし仕方がありません。

大惨事になるよりははるかにマシなので逃げれる場所があればトラックを移動して下さい。

僕もやってしまった踏み切りでの怖い体験談とは!

実は僕も初心者の時にこの踏み切りで怖い体験をしているんです。

トラックは4トンのユニック車に乗りたての頃です。

線路の向こうは少し渋滞していましたが行けるだろうと思い踏み切りに入った所、信号が赤になり車はストップ、そこへ「カンカンカン」と踏切の音が鳴り始めました。

一気にあぶら汗が出てきた僕は必死でクラクションを鳴らし前の車に少し動いてもらい事なきを得ました。

心臓はドキドキしっぱなしで生きた心地はしませんでした。

それ以来特に踏み切りは意識して通過するようになりました。

スポンサーリンク



まとめ

今回はトラック運転手の初心者が絶対にやってはいけない事、踏み切り内での事故について書いてみました。

もし衝突事故になれば被害や被害額はとんでもなく大きなものになるでしょう。

大型トラックは本当に大きいです。

線路向こうに最低でも普通車3台以上のスペースが無ければ進むのはやめて線路の手前で待ちましょう。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク