大型トラックの運転は難しいし怖い!?

大型トラックの運転を難しいと思っておられる方は多いと思います。

普通車と比較しても、長さも長いですし、幅も広いです。

また大きく違うのは、高さです。

たまにニュースでも見かけますが、高さ制限のある高架橋などで荷台がひっかかったりしていますね。

普通車とはサイズ感が大きく違いますので、最初はとてもとまどいますが、コツさえつかめば難しくありません。

今回は、大型トラックの運転にまつわるお話をしていきたいと思います。

難しくて怖そうなイメージですが実際はどうなのか解説していきます。

スポンサードリンク

大型トラックの運転は難しい?

大型トラックと普通車が大きく違う点は、高さです。

普通車の場合は、だいたい高さ1.5m程度といったところでしょうか?

少し高さのある車でも2m弱です。

一方、大型トラックの場合は、3m~4m程度とほぼ倍です。

運転中は、特に、交差点などではとても注意を払います。

内輪差、オーバーハング(後述)のほか、右左折後の前方に、木の枝が道路側に飛び出ていないか、狭い道であれば店舗等の屋根が飛び出ていないか?など、先を読んで運転する必要があります。

センスのある方でも、かなりの距離を走るまではなかなか感覚がつかめないのが現状です。

大型トラックの運転は、高さ、横幅、長さなど、車両感覚をつかむことが難しい点といえます。

大型トラックの運転は怖い?

「怖いか?怖くないか?」と聞かれれば、怖くないです。

あくまでもこの感覚は個人差がありますので一意見としてご参考までに見てください。

大型トラックは、運転席後方に荷台があるため、後方からの他車追突への恐怖がまったくありません。

また、運転席が高いため、乗用車と比較して、かなり先方まで見通すことができますので、運転に余裕ができます。

同時に、最近では、エアサスペンションが標準装備されていますので高級セダンよりも乗り心地は良いです。

シートも、高級感あふれるシートが採用されていますし、運転中に怖いと感じることは皆無です。

大型トラックの死角に潜む危険!

大型トラックの死角はいくつかありますが、最も注意しなければいけないのは、運転席前方です。

運転手の視点はおおむね、地上から2m~3m程度のところにありますので、小さい子供などですとまったく見えません。

発進の際は、運転席左前方に取り付けられているミラーで、前方(運転席前)を確認し、障害物のないことを確認後発進します。

次に注意すべき死角は、左後方です。

普通車でも存在する死角ですが、大型トラックの場合は、特に後方~左側方が死角になるため注意が必要です。

その他、真後ろも死角となります。荷台があるため後方の視界はゼロです。

最近ではバックモニターを標準装備しているトラックも多いため、後方死角に関しては、慣れればそんなに難しくないでしょう。

大型トラックを運転するコツを伝授!

普通車と大きく違うのは、カーブの曲がり方です。

左カーブ、右カーブともにハンドルの切りすぎに注意します。

トラックは、後輪から荷台最後尾までに距離があります。

左折、右折ともにハンドルをきりすぎると、後輪を軸に、荷台後方部分がはみでる形になってしまいます。

オーバーハングといい、後方車両との接触などにつながります。

次に内輪差です。

特に左後方の巻き込みには注意する必要があります。

二輪車や歩行者だけではなく、縁石などにも注意します。

またブレーキングにも気を使います。

荷物を積んでいるときは、かなり制御がしにくくなりますし、逆に積んでいないときは効きすぎます。

荷物を積んでいるときは、フットブレーキを多用するのではなく、排気ブレーキを効果的に使うようにし、ブレーキ焼けによる制御不能を防ぎます。

まとめ

まとめ

大型トラックは死角も多いですし、長さ、高さ、幅も普通車とは大きく違います。

難しいと思っておられる方も多いのですが、慣れればたいしたことはありません。

人にもよりますが、慣れるのに、だいたい500km~といったところでしょうか?

また、運送会社では、「横乗り」といいまして、いきなりハンドルを握るのではなく、1ヶ月~2ヶ月程度は、先輩運転手の横に乗って見習います。

その際に、運転のコツなどを教われば十分でしょう。

スポンサーリンク