トラックの排気量と税金の関係とは!大きさ別まとめ

この記事ではトラックの排気量や税金についてまとめています。

是非参考にされて下さいね。

スポンサードリンク

排気量とはなに?

トラックの排気量は、エンジンのパワーを示すものとなっています。

トラックの種類によって異なります。

排気量を増やすことで馬力やトルクなどのエネルギーを得られる仕組みとなっています。

エネルギーが高くなることで、少ない回転数でエネルギー量を得られるので車体が安定したり、エンジン音が小さくなったりします。

排気量で大きさによって、乗り心地も良くなります。

しかしながら、今の時代排気量が大きいものが好まれる世の中ではありません。

特に環境を配慮した車やトラックに注目が集まっています。

最近では、エネルギーの力を落とすことなく排気量を少なするため、「ターボチャージャー」が開発されています。

環境と安全性に配慮した車の開発が進んでいます。

トラック別の排気量はこちらになります。

小型トラックの場合は、3000cc未満となっています。

また、中型トラックは、7000?8000cc程度で、大型になると9000~30000cc程度になります。

排気量の差は歴然になります。また、排気量が上がるにつれて高度な運転技術が必要となります。

安全に走行するには運転技術が必要です。運転するには、それぞれ免許が必要になります。

事前に自分が運転するトラックと免許を確認する必要があります。

最近ではトラックなどを標的にした煽り運転が頻発しております。

これまで以上に気をつけて運転する必要があります。

さらには、異常気象の影響でゲリラ豪雨や台風が頻発していますので走行する際は天気の情報も入れる必要があります。

特に高速道路ではキリなどが発生し追突事故などが発生しています。

大型トラックになるとブレーキが聞きにくい可能性もあります。

十分に注意して走行することが必要になります。

安全な車社会になるようにしてもらいたいです。

排気量の大きさのメリットとデメリットとは

排気量が大きいメリットとしては、走行が安定し、快適な運転をすることができます。

特にエンジンの回転数が少なくて済みますのでエンジン音の削減につながります。

また、必要量のエネルギーを瞬時に得ることができますので運転効率がアップします。

特に、アクセルの踏む回数が減少したり、ベタ踏みをしなくても走行できるようになります。

そのために、スムーズな運転をすることができます。

排気量のデメリットとしては、環境問題への懸念になります。

地球温暖化が非常に深刻になっています。

また、ある情報誌によると2030年にはガソリン車禁止となる可能性も示唆しています。

そういったことを考えると、環境に優しくないということがデメリットになります。

その他としては、燃費が悪いことです。

排気量に対して耐えることができるように頑丈な車体をつくる必要がありますので車体が重たくなります。

その結果、燃費の効率が悪くなります。

ガソリン代など費用がかかってしまします。

特に長距離や山道などを走る際は非常にデメリットが大きくなります。

将来的にも優しい車・トラックとは言えませんのでいづれかは規制が入る可能性が高くなります。

環境に配慮したトラックを使用することが義務付けられる日は遠くないはずです。

トラックの大きさ別排気量一覧はこちら

トラックの大きさ別排気量はこちらです。

小型(2t~3t):3000cc

中型(4t):7000cc~8000cc

大型(10t):9000cc~30000cc

トラックの大きさ別排気量と税金について

トラックの大きさによって税金が異なります。

また、大きさだけでなく自家用車か営業用でも金額がことなります。

今回は、営業用の税金についてご紹介します。

小型(3000cc~5000cc)=16,000円~25,500円

中型(6000cc~8000cc)=30,000円~40,500円

大型(9000cc~30000cc)=46,800円~179,100円

特に大型の営業車となるとものすごい金額の税金を支払うことになります。

大きな荷物やたくさんの量を積むことができるので利益を出せるので仕方がないと思います。

スポンサーリンク