大型トラックの左ミラーの名称は!正しい位置や見え方、調整方法とは!

全長の長い大型トラックにとって左ミラーは必要不可欠な存在になります。

左ミラーが無いと運転出来ないと言っても過言ではありません。

この記事ではトラックの左ミラーの名称や役割や死角を補うコツをご紹介します。

スポンサーリンク

大型トラックのサイドミラーの名称は!

まず大型トラックの左ミラーには3つのミラーかあります。

上下のミラーとその右側に丸い曲湾したミラーが付いています。

左ミラーの名称は上のミラーは「リアビューミラー(サイドミラー)」下のミラーは「サイドアンダーミラー」そして丸いミラーは「アンダーミラー
といいます。

画像は三菱ふそうで私のトラックですがこのタイプにミラーはバスミラーともいわれています。

それぞれの3つのミラーの役割は以下の通りです。

リアビューミラー

リアビューミラーは左の後方を確認する役割があります。

サイドミラーともいいます。

かなり後ろの方まで確認できます。

左折時に必要な内輪差のポイントを把握する後輪の確認や夜間走行時にトラックの長さの感覚を認識できるリアマーカーを見る時に役に立ちます。

サイドアンダーミラー

大型トラックは全長で約12メートルあります。

そして全高もありミラーの位置もかなり高い位置にあります。

するとどうしてもミラーの下(助手席)辺りが死角になるんです。

そこにバイクや人間、車がいると左折する時に巻き込む可能性があります。

その死角を補うのがサイドアンダーミラーです。

このミラーもかなり重要になります。

左折時には絶対に上下のミラーを併せて確認しましょう。

助手席には安全窓という透明の窓があり、そこからも助手席下が見えるようになっています。
 

アンダーミラー

大型トラックは高さもあり視界はかなり広いです。

しかし背が高い分、前方の真下が非常に見えにくくなります。

トラックの発進時に前方真下に人がいると危険なので、その確認の為にアンダーミラーがあります。

私も安全の為に発進時には必ずアンダーミラーを確認するようにしています。

トラッのサイドミラーの正しい位置とは!

トラックのサイドミラーの正しい位置とは最も死角が少ないポジションの所です。

それぞれのミラーの正しい位置をご紹介します。

サイドミラーの正しい位置

サイドミラーの位置は運転席のドライバーの目線から見てトラックの車高灯が少し確認できる程度がいいです。

そしてキャビンや車体の4分の1ほどが映り込む角度が1番死角が少ないとされています。

サイドアンダーミラーの正しい位置

サイドアンダーミラーは巻き込みを確認するうえで非常に重要なミラーになります。

道路での車線変更時にもサイドミラーには映っていなくてもサイドアンダーミラーには映る角度もあります。

サイドアンダーミラーの正しい位置はサイドミラーやアンダーミラーとの調整が必要です。

サイドミラーで映らない下の部分とアンダーミラーで補填できない左下の部分が最大限に見える角度で調整します。

アンダーミラーの正しい位置

アンダーミラーは車高の高いトラックのキャビン前方を確認するミラーですがキャビンが4分の1から3分の1程度うつる角度で調整します。

またサイドアンダーミラーのとアンダーミラーの繋ぎの部分に死角ができないようにセットします。

トラックの左ミラーの合わせ方

トラックのミラーはかなりの微調整が必要になります。

しかも風圧で動かないようになっているのでミラーを調整するには多少の力が必要です。

一人でやると何回もトラックを降りないといけないので二人で調整することをおすすめします。

かなり細かい調整ができます。

左ミラーで左折のコツを掴む!

左折のコツは左ミラーを使うと感覚が掴めます。

まず狭い道に左折する時は一旦トラックの頭を右に振る必要があります。

これはトラックのホイールベースが長く内輪差が大きいからです。

要は曲がりきれなくなるという事です。

そしてハンドルをゆっくりと左に切りながら2つある後輪の真ん中辺りが曲がりたいポイントの角を過ぎるとハンドルを思いっきり切っても大丈夫です。

上のミラーで後輪の位置の確認、そして下のミラーも併せて巻き込みの確認をします。

右折時の左ミラーの使い方とは!

止まっている状態から右折して道路や車庫からでたい時に安全に出るコツを紹介します。

実は右にハンドルを切って出る時に目視や左ミラーでも完全に死角になり見えなくなる瞬間があるんです。

その時に左から車が来ていたら事故になりかねません。

その場合はどうするのか?

その時にも左のミラーが使えるんです。

左のミラーはスイッチ1つで格納出来るんですね。

その格納される瞬間のミラーを見て左の安全を確認します。

一度で見えにくければ何回もミラーをたたんだり戻りたりします。

左のミラーはウィ~ン、ウィ~ン、ウィン、ウィンという感じです 笑

これは大型の運転手なら皆んなやっているはずです。

駐車場では必ず左ミラーはたたもう!

左ミラーに関するマナーを2つ紹介します。

画像のようにトラックの左のミラーは車幅より30センチほども出ています。

ミラーをたたむとご覧の通り車幅内に収納されます。

駐車場やサービスエリアなどではたたまないと他のトラックに大きな迷惑をかけてしまいます。

必ずたたむように心がけましょう。

それともう一つは右折レーンで待っている時にバスやトラックが左から来た時に通りやすいように左ミラーをたたんであげましょう。

狭い道で左からの通過したい時に右にいるトラックやバスがミラーをたたんでくれると非常に助かります。

その他に左ミラーをたたむ状況とは!

大型トラックは車幅も広く車線を目一杯使います。

こんな大きなトラックか並走する時は本当にカツカツになります。

並走して左ミラーが危ないと思った時は思い切って左ミラーをたたみましよう。

あたれば接触事故になりますから!

その他にも道路の端から木の枝などが飛び出している時にも左ミラーをたたむ事もあります。

まとめ

今回はトラックの運転にとって非常に重要な左ミラーについて書いてみました。

3つあるミラーにはどれも大切な役割があります。

左折時や右折時にも左ミラーの役割は大きなものとなります。

また出っ張った左のミラーはマナーとしてたたみますし、危険回避の為にたたむ事もあります。

ハッと気がついた瞬間に左のミラーが飛んでなくなったという話もよくありまし、左のミラーってすごく高いんですよね (^-^;

今回は以上です。

大型トラックの運転のコツやテクニックはこちらの記事で詳しく説明しています。

>>大型トラックの運転のテクニックとコツを現役長距離ドライバーが伝授!

併せてご覧ください(^^)

最後まで読んで頂きありがとうございます。

スポンサーリンク