4tトラック運転手の給料や手取りはいくら?年収やボーナス/まとめ

4t運転手の給料や手取り

世の男性が一度は経験してみたいなぁーと思われるトラック運転手の業務。

その数あるトラック運転手業務の中でも勤務されている人口が多いとされる4tトラック運転手。

今では一昔前とは違い、女性進出が進む時代もあって「トラック女子」なる女性ドライバーも年々増えて来てます。

今回はその4tトラック運転手のお給料について手取り・年収・ボーナスなどについてまとめましたので、4tトラック運転手について興味がある方など是非参考にしてください!

スポンサードリンク

4tトラック運転手の給料はどれくらい?

まずは皆さんがお仕事するにあたって一番大事とされるお給料。

この4tトラック運転手のお給料も世の中の様々なお仕事と同じく各会社によって多少の差があり、なかには良くも悪くも「えっ??」と言う給与内容もあります。

だいたい、平均的に見たところで殆どが25~30万円ぐらいとなっております。

手取り額についても運転手自身の家族の構成や、社会保険なども有るか無いかで多少違ってきますがこれも平均的にみて、約70~80%の額と思ってもらっても良いですね!

4tトラック運転手の年収やボーナスについて

年収については、これも4tドライバーに限らず年齢からのキャリア年数、雇用形態や勤務内容によって様々でありますので一概には言えませんが、ざっくり平均的に言うと約390~420万円となっていますね。

ボーナスについても今のご時世では殆ど会社では支給されて無いというのが現状であり、寸志として年2回支給される会社であっても、一般的にサラリーマンが支給される額までは程遠いというのが現状のようです。

4t地場運転手の走る距離と給料は

明確な定義こそありませんが、一般的には会社の車庫からの運行範囲が約200kmの圏内となっており、この地場運転手のことを「地揚げ運転手」ともいいます。

お給料についてはこちらも基本的には一般的な4tトラック運転手としての平均的な月収額約25~30万円となっており、そこから細かな各手当てなどで加算されていく感じです。

4t中距離運転手の走る距離と給料は

こちらは地場運転手の圏内以上から一般的に中距離運行となり、こちらからは一般的には泊まりでの運行業務とされています。

ですので、地場運転業務に比べると距離が多め+泊まりという事から「好きな業務」として選ばないと少しきついかなぁ… という感じです。

その分、大体でありますが35~40万円とされており、地場運転手よりかは稼ぎたくて業務内容についてもこれぐらいでしたら苦じゃ無いという方にはオススメですね。

4t長距離運転手の走る距離と給料は

こちらも一般的には中距離以上からの位置づけとなり、手当てについての内訳も各会社・運転手・業務内容によって様々でありますので、やはり中距離運行に比べればお給料の額も上がります。

運行距離が増えれば必然的に家に帰れる時間も減るため、仕事が自身に合っていなとなかなかキツイ内容かもしれません。

平均的に見ても中距離運行に比べて10万円アップ~15万円アップなどもあったりしますのでとにかく稼ぎたい方など、とくにトラック好きの「長距離運行大好き運転手」にもってこいのお仕事といえます。

まとめ

まとめ

いかがでしょうか?4tトラック運転手としてお仕事するにあたっての給与内容や、業務内容によっての変動する給与額ついて簡単に触れてきましたが、お仕事をするにあたってお給料にこだわるのは勿論のこと、このお給料と並び「いかに自身に合った業務内容」をマッチさせるのも大切なポイントとも言えますよね。

今回の内容がこれから4tトラック運転手として働こうとお考えの方々に少しでも参考になれば幸いです!

スポンサーリンク