トラック運転手は最速で何歳から仕事ができるのか!?

トラック運転手は最速で何歳から

トラック運転手になってみたいと思う方も中にはいるはず。

一体最速で何歳からなれるのか気になります。

現在トラック業界では、40代50代あたりの方がよく活躍されていますが、20代30代の若いうちからでも活躍しようというのは可能です。

しかし、自家用車と違って免許取得の仕方も異なりますので、その点に関しても気になるところ。

今回の記事では、トラック運転手は最速で何歳からなれるのかについて解説していきます。

これから、その仕事で働きたい方や早いうちから稼いでみたいという方は、この記事をご参考にしてください。

スポンサードリンク

トラック運転手は何歳から仕事ができる?

結論から言いますと、最速で20歳からできます。

しかし、20歳からの場合ですと仕事内容の範囲に制限があります。

20歳のうちは簡単な仕事ばかり任されることが多いですので、短距離運転の仕事を任され長距離運転はまだ先になることだってあります。

他にも、20歳のうちからだと中型は運転できても大型の運転は年齢制限があるのでまだ先になることも。

実際に、私の知り合いの方も20歳のときは、簡単な短距離運転の仕事をよく任されていました。

21歳になってからは仕事できる範囲が広がったため、それに応じて収入も高くなりました。

20歳からトラック運転手を目指しているのであれば、仕事できる範囲についても知っておくことです。

中型トラック運転手は何歳からできる?

中型の場合ですと、20歳からできます。

実際に、私の知り合いの方も20歳から中型免許を取って中型のものを運転して働いていました。

中型は新人の方やトラックに慣れるための運転にも適しています。

これからトラック業界で働いてみたい方もまずは、中型を運転してみると良いです。

20歳のうちからだと、中型でも慣れれば運転しやすいです。

20歳以外の方でも転職してきた方や20歳以外の新人の方でも、まずは中型を任される場合がよくあります。

20歳の方は、初めに中型を運転してマスターです。

そこをクリアーできれば大型のものも運転できるはず。

大型トラック運転手は何歳からできる?

大型の場合ですと、21歳から運転できます。

中型とは異なりますので知っておくと良いでしょう。

大型がなぜ21歳から可能なのかと言いますと、普通免許の他に大型免許も取らないといけないからです。

大型免許は21歳から取得可能な免許であるため、20歳のうちからでも大型トラックの運転はできません。

大型を運転するために、大型免許の取得が必要だと言うことを考えておくこと。

大型の運転を任されれば、長距離運転の仕事をする機会も増えてくるはず。

20歳の方でしたら大型トラックを運転するのは難しいということもありますので、21歳からその運転に挑戦してみましょう。

また、中型の運転よりも運転技術がさらに必要になります。

トレーラーの運転手は何歳からできる?

トレーラーの運転手は、18歳から運転できます。

トレーラーを運転するのに必要な免許は、けん引免許です。

けん引免許がないとトレーラーの運転ができません。

そのけん引免許を取れるのは、18歳になってからです。

18歳からけん引免許を取得できるわけなので、その年齢に達しているのであれば、けん引免許を取って採用されればできます。

トラックとは違って早いうちから免許の取得ができますので、早いうちから稼いでみたいという方は、トレーラーも良いでしょう。

学齢不問でもあり、採用されやすいはずです。

トレーラーのお仕事に興味のある方はどんな仕事なのかチェックしてみてください。

スポンサーリンク