富士運輸の給料明細見せて!年収や評判、きついって本当?

奈良県に本社を置き、幹線輸送を主する運送会社として全国的にも有名な「富士運輸」。

国内において「戦略的な営業管理」を理念とし、常に業界をリードし続けております。

そんな富士運輸の「給料明細」から「給料と年収」という給料事情、「富士運輸での仕事はきついのか?」と「評判と口コミは?」や「ブラックな噂は?」について探っていきます。

「富士運輸の求人や転職される場合のコツ」など、役立つ情報も解説します。

スポンサードリンク

富士運輸の給料明細を暴露!

正直なところ、富士運輸での給料事情の中では「給料明細の情報」が極めて少なく、挙げられている記録としては「今のところ一例」しか確認できませんでした。

その一例の記録をもとに、富士運輸の社員として2010年度に在職されてた40代男性社員の給料明細の記録を参考に、簡単な表としてまとめてみました。

月給

基本給    時間外手当    役職手当    資格手当
80,000円  100,000円   210,000円   10,000円

住宅手当   家族手当   通勤手当   その他手当   月給合計
0円     0円      10,000円   0円     410,000円

定期賞与(計2回)  インセンティブ賞与   決済賞与(計1回)  賞与(合計ボーナス)
790,000円     0円          140,000円     930,000円

通勤

総残業時間   サービス残業   休日出勤   所定労働時間
月100時間   月0時間      月1日    1日8時間

年収
5,850,000円

みなし残業制度
あり(20時間分)

月給の割合としては「基本給80,000円は19.5%」で「時間外手当100,000円が24.4%」「時間外手当以外230,000円が残りの56.1%」として「時間外手当」が全体の大半を占めてる割合となっております。

富士運輸の給料や年収とは

富士運輸で勤務されてる社員の月給を見てみると、ごく一般的な平均値とし約25万円程とされており、同じく年収では300万円以上と月給と並べるとほぼ比例する数値とあります。

先程の給料明細では「役職を持ってる社員の場合」とされておりますので、それらのケースだと月給、年収ともにかなりの高収入が見込める事となります。

ただどのような企業でもそれぞれ与えられた立場や環境により収入も前後されるものであり、それらを考慮すればここにあるデータは「あくまでも参考」という形にして頂きたいです。

富士運輸はきつい!ブラックの噂は本当?

この会社でのドライバー以外の業務についても情報となるものが殆ど無く、あると言えば多くがドライバー関係のみの事柄とされております。

冒頭でも紹介しておりますが富士運輸では基本的に幹線運輸を専門とされてるため、長距離輸送がメインとなる運送会社であります。

それだけに運転業務の拘束時間はおのずと長くなる傾向にあり、そのぶん体にかかる疲労は人によって「結構きつく感じる」と思われます。

やはり長距離輸送を売りとしてるだけに、国内の運送会社としては特に「法令の厳守」に力を入れ、さらに「ドライバー達の安全」にも着目しておりますので、「会社に対しての信用」を持つことができる事から「安心して働ける会社」となります。

そこから考えると「ブラック」というのには該当しませんね。

富士運輸の評判や口コミ

評判や口コミについても厳密には人間である以上、それぞれが持つ「価値観」がありそれは必ずしも他人と一致するものではありません。

ただこの富士運輸という運送会社においては、悪い評判というのが「ほとんど無く」むしろ「良い口コミ」からの「好評価」が広くまんえいしてるぐらいです。

その背景にあるのは安心できる体制と、何より会社が従業員の健康を考えた理念を持ち、尚且つ「福利厚生などを充実させた環境を完備させてる」事にもあると考えられます。

富士運輸の残業や離職率について

残業については個人個人による「価値観の違い」や「状況下におかれる問題」等で賛否両論に分かれます。

つまり「必要な人にとっては残業はありがたく」、「必要でなく課せられ」れば苦になります。

富士運輸の場合、この業界にありがちな「強制的に多く課せられる残業の恒常化」というのが比較的少ないことで知られており、その事からも従業員にとってストレスとなりません。

それゆえ離職率の方もかなり低い」とも言われております。

これまでの数々記述してきた事柄を踏まえ、イメージし考えただけでも「悪い要素」としては思い付かないですよね!

富士運輸の求人や転職のコツ

運送会社の求人について多くの場合が「ドライバー業務について」であり、その他の業務に関してはそのほとんどが身近な情報とされておりません。

これらは富士運輸に限らず、全国に点在する運送会社に共通したことであります。

ドライバー業務に対しての求人であれば数ある情報(求人誌やWebサイト)にて、日々のチェックを怠らないようにしましょう。

それ以外の業務についての求人も、ドライバー業務と共に転職エージェント(人材紹介サービス)などを介して求職を試みるのも得策といえます。

まとめ

まとめ

会社での総合的な待遇面としては年間休日の充実性や福利厚生など、比較的に充実してる印象を受けますが、給料面に関して率直な意見をいうと「少ない」印象を正直受けました。

ただこのような「情報を元とする記事」となると、そこにありがちなバイアス(偏り)も生じて来たりもします。

常に「この記事でこう書いてたからこれが事実」というものにとらわれず、「出来るだけ自身で得たリアルな情報」を元にする事こそが、富士運輸という運送会社への価値をより確かなものへと変えていく事になるといえます。

スポンサーリンク