大型トラック運転手の給料明細を暴露!月収50万は稼げるのか?

長距離運転手の求人募集で月収50万以上可能とかよく見ると思います。

しかし実際に月に総支給で50万円なんて稼げるのでしょうか?

今回は現役の長距離ドライバーの僕が給料明細の一部をお見せしたいと思います。

スポンサーリンク

大型トラック運転手は50万以上稼げるのか?

まずは僕の仕事内容から説明します。

僕は大阪から東京方面の雑貨の路線便の往復をしています。

荷物はバラ積みがメインで週に3回上っています。

内容的にはキツいですが、家には帰れます。

では僕がマックスで走った時の明細を先にお見せします

明細の合計を見て下さい!

基本給や諸手当を含めた総支給額は519,800円です。

実はこれ出勤日数が27日なんですね。

労働基準が厳しくなり、こんなに走れる月は繁忙期くらいになります。

しかし可能と言えば可能ですが毎月これくらいあるというわけではありません。

更に明細にはありませんが、飯代が42,000円付くので実際には総額561,800円となります。

大型トラック運転手の給料は引かれるものが多い!

給料は稼げても社会保険や厚生年金、住民税や所得税など引かれる金額も多きくなるんですよね

40歳を過ぎると介護保険も引かれます。

結局は差し引き支給額420,156円となります。

別で飯代が42000円つくので手取りで462156円となります。

出勤日数27日総額約56万円、手取り約46万円(繁忙期のみです)

出勤日数20日の場合の月給と手取りは?

次は出勤日数20日の場合の給料明細です。

出勤日数20日というのは大阪~東京間を月に10往復した日数です。

この日数なら休みも多く肉体的にも楽です。

労働基準的には20から23日くらいの出勤日数になります。

出勤日数が20日だと総額は400,800円です。

これに飯代が30000円付くので実際には総支給額430,800円となります。

そこから社会保険や厚生年金、所得税や住民税、介護保険など引かれて

手取りで304,538円となります。

飯代を足すと合計で手取り334,538円となります。

出勤日数20日総額約45万円、手取り約33,5万円(飯代込み)

平均的にはだいたい23日出勤くらいだと思います。

出勤日数23日総額約50万円、手取り約39万円(飯代込み)

月給が高くなるほど引かれるものも高くなります。
こちらに詳しく書いてあります。
>>稼げる長距離ドライバーの給料!実際はそんなに残らない?
併せてお読みください。

月収50万稼ぐには会社選びが最も重要

運送業界の給料にも相場はありますがやはり会社によって貰える給料はかなり変わってきます。

その中で重要なポイントは会社選びとなってきます。

しかし数ある会社の中からいい会社を見つけるのは至難の業です。

ではどうしたらいいのか?

そこで活躍するのが求人サイトです。

昨今の求人サイトでは様々なサービスや検索機能が付いていて情報をより多く集めることができるようになりました。

数ある求人サイトの中から20年この業界にいる僕が使いやすいサイトを選んでいます。

きっとお役に立てると思うのでご活用下さい!

>>おすすめ転職サイト完全ガイドはこちら

さいごに

今回は大型の長距離トラック運転手は50万以上稼げるのか?ということで実際の給料明細をお見せしました。

50万以上は実際には可能ですが肉体的にはベテランの僕でもかなりキツいですし毎月走れるわけではありません

給料に関しては僕より高い金額を稼いでる他の会社のドライバーもたくさんいますし、安い方もいます。

会社によって貰える金額や給料計算の仕方も全然違います

面接の時にしっかりと確認しましょう。

トラックドライバーで手取り40万円を稼ぐには月給は総支給で50万円くらい必要になってきます。それは可能なのか、そして貰うにはどれ位の労働時間が必要なのかを実際の給料明細を見ながら解説しています。
皆さんこんにちは、イッシ―です。 皆さん、給料たくさんもらってますか? 笑 今回は大型の長距離運転手がどれくらい儲かるのか?という質...
スポンサーリンク