長距離運転手のお小遣いは?えっ!給料以外に運行費ってもらってるの?!

長距離トラックの運転手は一旦出発すると最低でも2日から会社によっては1週間、家に帰れません。

もちろんその間の食事代や飲み物、雑費などお金がかなりかかります。

そこで僕は同じドライバーの奥さんにお小遣いはいくら貰ってるんですか?とよく聞かれます。

逆にうちの嫁がドライバー仲間の奥さんにお小遣いいくらあげてるの?と聞くこともあります。

そこで今回は長距離トラック運転手のお小遣い事情と実は会社から給料以外に支給されている運行費というお金のお話をします。

ドライバーで年収アップしたい方はこちらの記事で詳しくご紹介していますのでご確認下さい。

「給料があと5万円あったらなぁ」 トラックドライバーなら誰しも思ったことがあると思います。 たかが5万円、されど5万円、簡単そうで難...

スポンサードリンク

長距離運転手のお小遣いの平均はいくら?!

ひとえにお小遣いといっても飯代と小遣いが一緒か別かで変わってきます。

飯代が別で小遣いだけなら僕の周りでは平均3万円が多いです。

飯代込みだと6万から7万、家に帰れない仕事をしているドライバー仲間の中には10万円もらってる人もいます。

家に帰れるかどうかでかなり変わってきますね。

僕は週に3回は家に帰れるし、1食分の弁当も作ってもらってるし、タバコもやめたので3万円で十分だと思ってます。

で、そこでですが、

運行費とは!

僕ら長距離運転手は会社から給料以外に貰えるお金があります。

いわゆる飯代や出張費、運行費というものですね^ ^

会社によって金額や受け取り方法は様々ですが、うちの会社では出発前現金で3000円貰えます。

月に12回走るので、それだけで月に36000円になるんです。

これにお小遣いですから合計すると毎月僕の小遣いは6万以上あるわけです^ ^

もちろん嫁にはちゃんと言ってますよ 笑

(中にはこのお金の存在を内緒にしているドライバーもいますが)

この運行費は本当に助かるんですよね!

長距離ドライバーは出先で何が起こるか分かりません。

雪や事故、災害などによる予定外の足止めをくらったり、出先での病気や怪我などの出費があるかもしれないので少しでも現金を持っておきたいわけです。

余れば家族へお土産やプレゼントもしています。

年間で換算すると数十万円になるので大きいです。

年収も給料所得以外に実は数十万あるわけです。

運行費、飯代の高い運送会社に転職するコツは

リクルートエージェントアドバイザー

運行費や飯代の高い会社に転職するには事前に会社に問い合わせる必要があります。

しかし一件、一件面接で聞いて回るのはとても面倒くさいし時間もかかります。

そこで運行費の高い会社を見つけるコツがエージェントの利用です。

アドバイザーに給料や年収、休日や運行費の要望や確認をお願いするとそれに見合った企業を探してもらえます。

おすすめのエージェントはリクルートエージェントです。

リクルートエージェントは日本最大手の転職エージェントです。

リクルートエージェントではプロのアドバイザーが企業と給料や労働時間の交渉までしてくれます。

いちいち面接に行かなくても事前に確認ができるので時間の節約になります。

お金の話や自分の要望など面接官に話しをするのが苦手な方は特に利用したいサービスです。

また大手運送会社は非公開求人になっている可能性が高いです。

大手を狙うなら非公開求人数が日本でダントツ1位のリクルートエージェントを利用しましょう。

福利厚生や休み、退職金がしっかりしている大手企業なら安心して長く勤めることができますからね。

もちろん無料で利用できますし絶対に転職しないといけないわけではありません。

時間をかけて相談しながら転職したい方は是非ご利用下さい。

5分で簡単に登録ができます。

エージェントに無料相談する>>

さいごに

今回は長距離ドライバーのお小遣いと、会社から支給される給料以外のお金についてお話しました。

会社から飯代でてるなら小遣いなし!という鬼嫁もいらっしゃるようです(^^;

トラック運転手の給料明細に興味ありませんか? SD、宅配ドライバーや路線ドライバー、生コンやダンプ運転手などいくら給料を貰っている...