タクシー給料明細をマジ暴露!タクシー運転手のリアルな給料や月収とは!

タクシー運転手の給料明細

ドライバー業界で人気の職業といえばタクシーの運転手です。

タクシードライバーに転職される方は非常に多いです。

定年後や自分の時間で仕事ができるのがメリットです。

働く時間も選べるし運転好きの方ならなお嬉しい仕事ですよね。

そこで気になるのがタクシードライバーの給料面です。

求人募集では50万以上可能などとも記載されていますが実際のところどうなのでしょうか?

この記事では現役のタクシードライバーさんの協力のもと、給料明細や業界の情報を提供して頂いています。

リアルな手取りや給料明細を公開します。

歩合給なども確認してみてください。

ご参考になれば幸いです。

【人気記事】運転手の年収を60万以上アップする3つの方法とは!

スポンサードリンク

56歳、入社5年2か月、タクシードライバーの給料明細

タクシードライバーの給料明細

>>他のドライバーの給料明細も見てみる

  • 基本給:162,000
  • 残業代:23,792
  • 歩合給:221,877
  • その他諸々
  • 総支給額:498,306
  • 除合計:113,909
  • 差引支給額:384,397

タクシードライバーの給料明細をもっと見たい方

「給料や年収の口コミ」をもっと見るなら転職会議!

「転職会議」は転職系の口コミサイトで、実際の給料や年収の口コミが累計で300万件以上公開しています。会員登録して48時間以内は完全に見放題。48時間を過ぎても口コミを自分で投稿するだけでそれ以降はずっと無料で見放題になります。

もちろんすぐに転職を考えていない方でもオッケーです。

他社の給料や口コミが無料で見れてとても面白いサイトです。

転職会議(無料)で年収や給料の口コミを見る

画像提供者情報

地域:東京都

営業エリア:東京都23区、三鷹市、武蔵野市

年齢:56歳

性別:男性

勤続年数:5年2か月

タクシー(担当車両=JapanTaxi)

タクシー運転手の給料や月収とは

出勤日数26日、基本給16万円弱に残業代と歩合を合わせて約405000円です。

そこから税金や年金などが引かれると、手元に残る額はだいたい38万円となります。

タクシードライバーは歩合制の部分が最も大きいので、その月々で給料に差がでます。

稼げる時はいいですが稼げない時との差があり、安定した月収とはいかないのがタクシードライバーです。

年収やボーナス情報

年収:580万円(2019年度)

ボーナス:無し

給料について一言

良い点

タクシー運転手はどの会社もほぼ完全歩合制であるため、営業時間と営業距離の範囲(ルールの範囲)であれば、努力次第でサラリーマンの全国平均年収に近い年収を稼ぐことができる。(営業エリアが東京都に限る)

気になる点

安定して稼げるようになるまでに、一般的には3年を要すると言われている。(個人差が大きい)
個人の努力やセンスによって、年収の差が非常に大きい。

タクシー運転手はやめとけ

はっきり言うと、タクシー運転手はやめといたほうがいいという声が多いです。

頑張り次第では稼げる仕事ですが、収入が安定しないのはやはりネックになります。

稼げば稼いだで、社内で妬む人も出てきてドライバー同士でもトラブルになったりと大変です

もちろん、そういう会社やドライバーばかりとは限りませんが…

そして、接客業でもあるのでいろんなお客さんを乗せるのが仕事です。

性格もそれぞれあるので、マナーの悪い人ももちろんいます。

罵声や、後ろの席から運転席を蹴るなどされることもあります。

もっとひどいと顔面を殴るなどもありますよね。

こういったお客さんは皆さんもニュースでも見た事あるのではないでしょうか?

深夜の繁華街は特にお酒が入っている人も多いのでタクシー運転手にとっては一番しんどいのが本音です。

スポンサーリンク