日本梱包運輸倉庫はどんな会社?ドライバーの給料や年収、仕事はきつい?

日本梱包運輸どんな会社

「社会から期待される存在感のある企業を目指します」という代表取締役社長の大岡氏の言葉をもとに、輸送から梱包、加工など様々な事象を展開している日本梱包運輸倉庫。

赤と白の特徴的なカラーリングのトラックを見たことがある方も多いのではないでしょうか?

求人では小型から大型トラック、更にはトレーラードライバーの募集も行っている日本梱包運輸倉庫ですが、求人情報などを見てもっと詳細に企業について知りたい方も多いかと思います。

今回の記事では日本梱包運輸倉庫について、会社の概要からドライバーの年収や給料、仕事の内容などについても徹底解説していきたいと思います。

日本梱包運輸倉庫の社員の口コミなども紹介しますので、仕事探しを行っている方や求人情報を見て気になっていた方も、ぜひ参考にしてください!

日本梱包運輸倉庫を狙うならおすすめの転職サイトはこちら!

未経験者でも大丈夫かなぁ... 運送業はブラック多いって聞くけど大丈夫かな... 今の会社よりいい運送屋ないかな... あの運送会...

スポンサードリンク

日本梱包運輸倉庫はどんな会社?

日本梱包運輸倉庫は昭和25年(1950年)に東京都中央区に設立された運送企業となっています。

企業の特徴としては多岐に渡る事業の数々です。

トラックもしくはトレーラーを使用しての自動車やバイクなどの輸送や、荷物の梱包から自動車部品などの検査や加工なども行っており、他にも海外拠点を利用した国際輸送や引越サービス、事務所移転からイベント設営まで、多くの事業を展開しています。

事業所の数も全国で76ヵ所と多く、全国的にネットワークを構築しています。

資本金は113億円、売上高は110億円、総従業員数は約3100名となっています。

日本梱包運輸倉庫ドライバーの主な仕事内容とは

小型トラックから大型トラックもしくはフルトレーラーを使用した輸送が主な仕事になります。

積み込みと積み下ろしの際にフォークリフトを使用することもあるので、フォークリフトの資格も必須と言えます。

また、トレーラーを運転する際は牽引免許も必要になるので、フルトレーラーの求人に応募する場合は牽引免許を取得しておきましょう。

距離としては短距離と中距離輸送が主となっていますが、大型トラックの場合は長距離輸送もあるようです。

基本的にはルート配送となっているので、道を覚えてしまえば基本的には同じ道を行き来するだけの仕事になっています。

日本梱包運輸倉庫ドライバーはきつい?

ここからは日本梱包運輸倉庫のきついポイントを紹介します。

長距離輸送のつらさ

長距離輸送の場合、短距離や中距離の輸送と違い、日帰りではなく県をまたいでの輸送となることが多いです。

基本的には車中泊になるうえに、深夜でも関係なく運転することになるので、慣れないと精神的も肉体的にもきつい輸送となります。

どうしても長距離輸送がやりたくない方は大型トラックのドライバーに担当させられるようなので、面接などの際に長距離輸送の有無を確認すると良いでしょう。

フルトレーラーの運転

日本梱包運輸倉庫では、日本では珍しい21mダブル連結トラック(21mフルトレーラー)を使用して輸送を行っています。

フルトレーラーの輸送は長距離輸送こそ無いものの、運転が通常のトレーラーでさえ難しいにも関わらず、特殊な形式のトレーラーとなっているので、運転の難易度が非常に高いです。

トラックという乗り物自体運転がかなり難しいので、ミスをすれば事故のリスクも高いです。

トラックの運転に自信を持っていてかつ基礎をしっかりこなせるドライバーじゃないとフルトレーラーの運転はかなりきついと思います。

積み込みと積み下ろしの際の危険性

日本梱包運輸倉庫では主に自動車部品から住宅関連部材、農機具などの輸送を主に行っております。

フォークリフトなどを使用することもあるものの、荷物によっては手作業で運ばなければならないものもあります。

重い荷物などを運ぶ際は、工夫などをしっかりしないと体に多大な負担をかけてしまう可能性もあるので注意が必要です。

体力や力に自信がない方にはきついかもしれません。

あなたは日本梱包運輸倉庫ドライバーに向いてる?

日本梱包運輸倉庫ドライバーには向き不向きがあります。

向いていないと絶対に長続きはしません

向き不向きが分かる性格診断テストはこちらから簡単に受けれます。

日本梱包運輸倉庫ドライバーを目指すなら一度は受けましょう!

🔗自分が日本梱包運輸倉庫ドライバーに向いているかチェックしてみる

日本梱包運輸倉庫ドライバーの給料や年収とは

年収としては250万~450万円となっており、月給は20万~30万円となっております。

賞与は年2回で1回につき20万~40万円ほどとなっています。

日本梱包運輸倉庫ドライバーは稼げる?

一般的な物流ドライバーの年収は350万~450万円とされ、給料は20万~30万円とされています。

賞与も年2~3回で30万~50万円となっています。

これらと比較すると、日本梱包運輸倉庫ドライバーの給料は平均より若干少ないと言えます。

トラック運転手で年収アップをするならこちらの記事に詳しくご紹介していますのでご確認下さい。

>>トラック運転手で年収600万!簡単に収入が60万以上アップする3つの方法!

日本梱包運輸倉庫ドライバーの口コミ評判は

肯定的な意見としては、「大手の企業ではあるので安定感があり、安心して仕事ができる」という声が多かったです。

また、制度などの充実ぶりなどを評価する意見も多かったです。

批判的な意見としては、「社風が古いうえに、社内の雰囲気や人間関係も良くは無いので働きにくい」という意見や「昇給などが基本無いので、やりがいが全く感じられない」という意見も多かった印象でした。

日本梱包運輸倉庫の求人を探す転職サイトはこちら

リクルートエージェントアドバイザー

最近ほとんどのドライバーがやっているのがネットを使った情報収集です。

いま転職する気がなくそのうち自分で探そうと考えている方も転職サイトには絶対に登録しておいた方がいいです。

なぜなら、会社が嫌になりストレスや疲労がたまり限界に達すると就活はもちろん転職サイトに登録する気力すら無くなるからです。

気になる企業や求人情報をストックしておくだけでも【転職という選択肢】があれば安心だし、過労で倒れたり精神が病んでしまう前に転職という手が打てるようになります。

求人サイトの登録は無料でできるし、しつこい勧誘や担当からの電話等は一切ありません。

あなたの条件にあった新規求人や転職可能なおすすめ求人がメールで届くのでいつでも転職できるぞ、と精神的に余裕ができます。

今は転職できなくても登録だけは絶対にしておくべきでしょう。

優良な求人情報が集まる転職サイトのおすすめはこちらです。

日本梱包運輸倉庫ドライバーの情報収集にもお役立てください。

登録は無料で簡単にできます。

業界最大手のリクルートが運営している日本一信頼できる転職サイトです。

リクナビNEXTの無料登録はこちらからどうぞ>>

まとめ

今回は日本梱包運輸倉庫について解説していきました。

口コミではある程度の支持する意見はあったものの、実は批判的な意見がかなり多く、ほとんどが昇給や社風に対する意見でした。

大手の企業なだけに今後の改善に期待したい所かなと思いました。

この記事が、仕事探しや求人応募の動機にしていただければ幸いです!