本ページはプロモーションを含みます

配車係のストレスとは!うつ病になる?配車業務のきつい理由や辞めたい原因を暴露!女性でもできる?

配車係といえば運送会社にとってかなり重要なポストで配車係の手腕次第で売り上げが大きく変わります。

配車係に求められる仕事は多くマルチタスクで動ける人間でないと業務を上手く回すのは難しいといえます。

人間関係などのストレスからうつ病になる配車マンは実は意外と多いんです。

この記事ではストレスが半端ない配車業務や配車係のストレスの要因について書いています。

安心して働ける運送会社を探すなら絶対おすすめの転職サイト!

未経験者でも大丈夫かなぁ... 運送業はきつい会社が多いって聞くけど大丈夫かな... 今の会社よりいい運送屋ないかな... あの運...

スポンサードリンク

配車業務とは!

配車マンの仕事や業務とはその名の通りドライバーに仕事を配る仕事です。

しかしそれだけではありません。

運送会社の花形といえばドライバーですが運送会社の要といえば配車マンです。

会社の配車係に求める要素は多いです。

配車係は運行管理者も兼ねている場合が多くドライバーの体調管理はもちろん事故が発生した時には配車係の方がきつく怒られます。

売り上げもあげないといけないしドライバーの配車を組んだり車両管理までさせられます。

ドライバーのデジタコやタコグラフも見ないといけないしドライバーの事故や急な病気にも対応しないといけません。

大きな事故や違反があると運行管理者が逮捕されるケースもあります。

運行管理者のストレスも大変!

国家試験の運行管理者試験を合格すれば運行管理者としての業務ができます。

自社便30台ごとに一人は必要になります。

運行管理者と配車係の違いは簡単にいうと免許があるかどうかです。

配車係は免許がなくてもできますが、通常はどこの運送会社でも配車係は運管の免許は持っています。(持っていない場合もあるが取らされます)

運行管理者の業務内容とは!

運行管理者の業務内容は大きく分けると以下になります。

  • 乗務の指示
  • 過労運転の防止
  • 過積載の防止
  • 貨物の積載方法
  • 積載方法
  • 点呼(貨物自動車運送事業輸送安全規則第二章第一節第七条)
  • 乗務等の記録
  • 運行記録計による記録
  • 事故の記録
  • 運行指示書による指示など

簡単に書いただけでもこれだけの責任が発生します。

無資格の配車係よりもストレスは高いといえます。

配車係は難しい?

配車マンの業務内容については上記で説明しました。

配車係が難しいといわれる理由は実は業務以外の人間関係にあります。

配車のストレスで1番強いのはまさにこの人間関係でしょう。

仕事を振り分けてみんなが文句を言わず走ってくれたら何も問題はないわけです。

配車係が難しい理由やストレスは以下です。

配車係のストレスの原因について

配車係次第で会社の売り上げや雰囲気まで変えてしまうほどの影響力のある仕事ですがストレスは半端じゃないです。

ストレスのほとんどは人間関係にあり精神的に病んでしまう配車係もいます。

経営者や上司との人間関係

小さな運送会社だと経営者がドライバーに言いたい事を配車係に言わせるような場合があります。

もちろんドライバーからしたら嫌な話なわけで会社とドライバーの板挟みになります。

売り上げが落ちれば怒られて効率の悪い配車を組んでも怒られます。

いちいち小言を言ってくる経営者や上司がいる会社では配車係も大変です。

私の会社にも社長との人間関係に耐えられず辞めた配車マンがたくさんいます。

ドライバーとの人間関係

ドライバーとの人間関係もストレスの大きな原因です。

わがままなドライバーは本当に多いです。

〇〇の仕事は嫌だ」「あそこの現場はもういかねえ」「なんであいつばかりパレットなんだ?」などです。

ヤンチャで短気なドライバーも運送会社には多いのでケンカができるくらいの神経がないとやっていけません。

 荷主との人間関係

荷主はお客さんです。

大切にしないといけないのは当然ですが運賃の値下げや運賃以上のことを平気で要求してくる荷主もいます。

要求を受けるとドライバーや会社から文句を言われるし要求を蹴れば仕事を切られてしまうかもしれません。

そのバランスは非常に難しいと言えます。

また荷主が契約書以外の仕事(横持ちや積み足しなど)を勝手にドライバーにさせる場合もあります。

当然その分の運賃交渉や話し合いもしなければいけません。

タクシーの配車係はきつい?

 

タクシーの配車係のきついポイントを2つ紹介します。

地図を覚える必要がある

現在では徐々に減ってきてはいますが、車両をGPSで連動していないタクシー会社などではお客様の位置を乗務員に無線で伝えなければ行けません。

この場合、地図などでしっかり周辺地理を把握していないと具体的な位置を伝えられないので、かなりの労力が必要となってしまうのでかなりきつい仕事と言えます。

クレーム対応

配車が来ないという内容から乗務員に対してのクレーム等、様々なクレームの対応を配車係は行わなければ行けません。

そのため、対応力やメンタルの強さが無いと非常にきつい仕事と考えられます。

タクシーの配車係は難しい?

 

タクシーの配車係の仕事は、会社の設備などで難易度が大幅に変わります。

タクシーにGPSが搭載される等のデジタル化が進んでいる場合は、配車係の負担はかなり軽減されており、後はクレーム対応などの業務をがんばれれば難易度はかなり下がります。

しかし、会社の設備がアナログでデジタル化があまり進んでいない場合、お客様からの配車予約があった際に地図を見ながら無線で乗務員に指示を出すなどの業務があり、これがかなりの労力を要するのでかなり難易度が上がってしまいます。

タクシーの配車係の仕事に応募する際は、会社の設備などを質問などで把握しておくことをおすすめします。

配車係は女性でもできる?

 

配車係の仕事は女性でもすることが可能です。

しかし、配車係に求められるスキルはかなり多く大変な仕事です。

ドライバーや取引先との連絡のためのコミュニケーションスキルや、スムーズな配送を行うためのルートを構築する分析力など、労力を要する業務が多いです。

また、何かしらのトラブルやアクシデントがあった際の謝罪や、荷物や配送先のことでドライバーに八つ当たりを受けたりとメンタル面の強さも大事になっているので、女性で配車係の仕事を考えている方はこれらを覚悟のうえで、求人に応募しましょう。

配車係はうつ病になるって本当?

配車係はうつ病になるという話はよく聞きます。

実際には、うつ病になる前に辞めていくケースが多いです。

配車係は精神的に相当タフでないとやっていけません。

普通はやっていくうちに慣れていくものです。

どんどん神経も図太くなって仕事さばきも上手くなっていきます。

しかし、ドライバーの方が給料が高い場合もあり、こんな仕事いつまでもやってられんと辞めていく方も多いです。

配車マンで出世する人は、どんな仕事に就いても出世できる能力のある人だと思います。

配車係に向いている人、向いていない人

配車係に向いてる人、向いてない人はこんな人です。

配車係に向いている人

配車係に向いてる人は神経が図太く同時に色んな事を考えれる人です。

計算力もあり人を動かすことに長けている人は向いています。

しかしそんな人は実際には少なく配車係の仕事の難しさはそこにあります。

配車係に向いていない人

細かな事を言うとたくさんありますが一言でいうと「気の弱い人」です。

配車係は会社やドライバー、お客さんと揉める事もしばしばあります。

運送屋の経営者や運転手は気の強い連中も多いです。

そのような人達を動かしたり納得させたり、時には抑えないといけない場合もあります。

ドライバーのわがままをねじ伏せるくらいの強さも必要です。

気が弱い人には到底難しいしうつ病にでもなったらそれこそ不幸でしかありません。

配車係に向いているかどうかは必ず診断しましょう。

こちらから無料で診断できます。

自分が配車係に向いているかチェックしてみる>>

ドライバーから配車係への転職について

ドライバーとして会社に勤めていると稀に「配車係をしないか?」と社長や上司に声をかけられるドライバーがいます。

そして実際に座ったドライバーも多数見てきましたが私の会社では皆んな会社を辞めました。(あくまで私の会社での話です)

たしかに「地図が分かる」「お客さんと顔馴染み」などのメリットはあるんです。

ドライバーの方も体力的にいつまで運転手をできるのか?という不安もありますし。

実際に座るとやはり人間関係のストレスが多いです。

今まで仲間だったドライバーが皆んな敵になるし裏切られることもあります。

しかし逆にドライバーを裏切らないといけない場合もあります。

ドライバーの時は文句言ってたくせに」とか「言ってたとことやってることが逆やん

などです。

立場が変われば言う事も変わるのは仕方がありません。

しかしドライバーはそんな事は考えてもくれません。

ここでも神経の図太い人はやっていけるし気の弱い人は辞めていきます。

ドライバーと仲良くすると会社が嫌がるし、会社と仲良くするとドライバーが嫌がります。

同じ会社でのドライバーからの配車係への鞍替えは中々難しいものがあります。

配車係を辞めたいと思ったら!

配車係を辞めたいと思ったら迷わず辞めることをおすすめします。

簡単に言うなとお叱りを受けるかもしれませんが向いてない仕事を続けるとうつ病にもなりかねません。

実際にうつ病になった人間も何人も見てきました。

会社を辞めるとすぐに回復しています。

トラック運転手になったり他の職業に転職したりしてします。

配車係は本当に向き不向きがあります。

それほど特殊な仕事だと言えます。

無理をせずに自分に合った仕事を探したほうが将来的にもいいです。

自分に合った職業を自分で探すのは難しいです。

そんな方には転職エージェントに相談するのが1番です。

無料で相談できてあなたに合った仕事が見つかるまでサポートしてくれます。

配車係をされていた方ならポテンシャルもかなり高いと思います。

是非相談してみて下さい。

私の会社の元配車マンもこちらのエージェントから転職しました。

\配車係の転職相談はこちら/
エージェントに無料相談する

いま転職する気がなくそのうち自分で探そうと考えている方も転職サイトには絶対に登録しておいた方がいいです。

なぜなら、ストレスや疲労がたまり限界に達すると就活はもちろん転職サイトに登録する気力すら無くなるからです。

気になる企業や求人情報をストックしておくだけでも【転職という選択肢】があれば安心だし、過労で倒れたり精神が病んでしまう前に転職という手が打てるようになります。

求人サイトの登録は無料でできるし、しつこい勧誘や担当からの電話等は一切ありません。

あなたの条件にあった新規求人や転職可能なおすすめ求人がメールで届くのでいつでも転職できるぞ、と精神的に余裕ができます。

今は転職できなくても登録だけは絶対にしておくべきでしょう。

優良な求人情報が集まる転職サイトのおすすめはこちらです。

業界最大手のリクルートが運営している日本一信頼できる転職サイトです。

リクナビNEXTの無料登録はこちらからどうぞ>>

まとめ

まとめ

今回は配車係のストレスについて書いてみました。

私は配車係を尊敬しています。

それほど会社にとってもドライバーにとっても重要な存在だからです。

配車係になると人間的にも大きな成長が見込めます。

チャレンジするだけでも十分な価値があることだと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

\配車係の転職相談はこちら/
エージェントに無料相談する