トラックドライバーの志望動機の例文の書き方やコツとは!

トラック運転手志望動機

世の中の就職事情においても企業が求める人材というのは、会社に対しての情熱とやる気を持つのはもちろんの事ですが、その会社にとって将来をも期待される人材でなければなりません。

それはトラック運送の業界でも然りであります。

今回はトラック運転手として就職する際、履歴書などで書く志望動機の例文や書き方、コツについて解説していきます。

また、アピールにつながる内容や会社選びのポイント、オススメとする会社選びとポイントなどについて触れていきたいと思います。

スポンサードリンク

運送会社に求められる人材とは

近年の運送会社によるトラック運転手の雇用事情というのは一昔前よりも人材不足というのが現状であります。

どこの会社も頻繁に運転手募集などしてはいるものの人が集まらなかったり、運送会社にトラック運転手として就職されてもすぐに辞めてしまったりとで、運送業界の需要は確実に高まり仕事は増えている事に反して深刻な人材不足に陥っているのも事実です。

ただ先にも述べたように業界の需要は確実に高まっていますね。

その背景の一つにネット通販などの普及が一役買っているようで、各運送会社にはドライバーとしての適性や性格、集中力等はもちろんの事でありますが、若くてやる気があり会社にとってどれだけ貢献できる人材かが問われてきます。

その基本的な適性として簡単に挙げると…

◎腕力があり体力に自信がある

◎必要に応じた各資格を所持している

◎安全意識を高く持っている

◎せっかちではない方でどちらかというと気が長い事

などが挙げられますね。

トラック運転手がよく使う志望動機とは

トラック運転手に限らず、世の中に存在する様々な会社に就職するのに個人個人が持つ動機というのも人それぞれ…

たとえそれがトラック運転手としての志望動機としても然りです。

ではそのトラック運転手の志望動機とはどういうものを示すかというと、運送業界として配送業に属する企業は数多くありますが、その会社を選んだ理由としてトラック運転手になりたく応募した事や、その職業に対して未経験であっても企業側に納得できるような理由をきちんと示すようにしましょう。

経験者であればこれまでのスキルの他、いかに会社にとっての即戦力も大切なポイントとなり、自身が持つ人とのコミュニケーション能力の高さをアピールする事も、信用性を持てる人材として納得してもらえる要素となります。

履歴書や面接で採用された志望動機とは

「その会社と職種を選んだ理由」というのは採用側にとって一番知りたい志望動機の一つであり、その各会社にもそれぞれの採用基準となる志望動機もあります。

「私はこの会社で働きたいんだ!」というシンプルですが、このしっかりとした気持ちを示すのが最も採用されるカギであります。

そして面接や履歴書記載の内容においても「無駄な話の内容を極力省き」かつ「簡潔」に伝えるかが、採用に向けた志望動機として面接官を始め、会社側の評価も大きく変わってきます。

トラックドライバーの志望動機の例文

トラックドライバーという職業は、学歴や職歴を重要視する事がほとんどないため、一般常識さえ身についていれば比較的仕事にしやすいのが特徴です。

とは言っても、面接時などではしっかりとした自分の考えや人柄をアピールすることが大事です。

そのためには、履歴書に書く志望動機も大切になってきます。

志望動機には、自分の強みやアピールできることを書きましょう。

【例】

『配送ドライバーとして主に生活用品などを納品し、5年間担当していた地域のチームリーダーとして責任を持ち仕事に励みました』
『10年間無事故無違反で長距離ドライバーとして大型トラックを運転してきました。前日には飲酒を控えるよう徹底したりと、どんなときも安全運転がモットーで商品に破損など無いよう責任を持って納品していました。』
『運行管理者の資格を取得し、ドライバーと配車係、会社全体が風通しのよい会社となるよう努力することが目標です。』

等々、自分がその会社でどんな貢献ができるのか、どんな人材が欲しいのかを理解し書いていきましょう。

トラック運転手の志望動機の例文 未経験の場合

運送業界のドライバーとして仕事をしたい人の中には、未経験の人もいると思います。

未経験の人は、『なぜトラック運転手になりたいのか』を明確に記載しましょう。

【例】

『自分の得意とする運転が活かせる仕事に就きたいと考えた時、人手不足が深刻化している運送業界に貢献できたらと考えるようになりました。トラックドライバーは未経験ではありますが、経験を積み最終的には運行管理者の資格取得も目指しています。
また、自家用車の運転を始めて10年、無事故無違反です。安全運転を常に心がけているので交通ルールもしっかり遵守し走行します。そして、アルバイト時代には責任あるポジションを任されたこともあり、周りとのコミュニケーションを図ることも得意です。』

トラックドライバー未経験の人は、今までの仕事やアルバイトでの実績を簡潔に記載するようにしてください。

コミュニケーション能力が高いとどの仕事でも評価されますので、しっかりとアピールしましょう。

また、自分がその会社でどうなりたいのか、どう貢献したいのかも明確に。

ぼんやりとした志望動機では良い印象は残せませんので気を付けましょう。

運送会社選びで大事なポイントとは

就職を考えた運送会社選びにおいて、数多い運送会社の中で設けられてる「労働条件」、それと「給与形態」も求職側がこだわらなければならない大切な条件でありますね。

オーソドックスでありますが改めて簡単なポイントをいくつかに絞ってあげると…

◎まずは大手などの名の知れた会社や、世間的に見て大きな会社を探してみる。

⇒これは一概には言えませんが、小さな会社で倒産などのリスク等あるよりかは、大きな会社で安定した勤務を誰もが望むものです。

◎探す会社について給与についての詳細、自分が求める給与形態に近いかなどを見ていく。

⇒多くの運送会社の給与形態では、月給制のほかに日給月給制や歩合制・日払い制などありますので、これらの条件などをよく考慮し、双方行き違いのないように注意しましょう。

◎探す会社について福利厚生などもチェックしておきましょう。

⇒この福利厚生の内容も会社の待遇を見る大きなポイントと言え、一般的には大きな会社ほど充実している傾向がありますので是非チェックしておきましょう。

◎罰則やそれにともなうペナルティ

⇒運転手となれば常に危険な事故と隣り合わせであります。

人身事故や自損事故等のトラブルをおこした際の保証、会社から自身に対して免責の有無ついても各企業によりけり…

ひどい場合では、会社で起したトラブルはすべて自己責任とする会社も存在するので、そのような会社は避けるようにしましょう。

就職・転職がおすすめの大手運送会社は

これも先の大事なポイント項目に同じく、沢山ある運送会社の中で「ホワイト」な運送会社に就くためにも必ず見極めておきたい項目となります。

◎福利厚生の内容が整っているか

◎寮や社宅が完備されているか

◎給与などの前払いと、融通が効くかなど

◎退職金が出るのか

◎昇給・賞与はあるのか

◎資格取得補助の有無

◎ドライバーの在籍者数と車両整備の有無

おすすめとして、大手によくある運送会社選びの代表的なチェック項目です。

ご自分が気になる大手の運送会社に、こちらの項目を照らし合わせながらしっかりと吟味してみてください。

失敗しない転職方法とは

転職で失敗した経験の人も中にはいると思います。

一度失敗をしてしまうと、次の仕事探しが不安になってしまいますよね。

二度同じ失敗を繰り返さないためにも、エージェントを活用する事をおすすめします。

>>エージェントに無料相談する

『リクルートエージェント』は運送業界に強いと言われていて、ブラック企業が未だに残るこの業界に転職を希望している人から注目を集めています。

志望動機の書き方も教えてくれたりと、サポート体制が充実しています。

無料で利用することができるので、転職に不安がある人は是非利用してみてください。

\トラック運転手の転職相談はこちら/

リクルートエージェントはこちらから>>

まとめ

まとめ

トラック運転手になるための運送会社に限らず、今回のテーマと同じく面接の際で履歴書から面接官に対しての「志望動機」や、自身がおこなう「会社選び」など、会社に採用してもらえるための努力はどの会社においても同じこと。

会社によっても基準となるものもそれぞれありますので、いかに「自信が持つオリジナリティー」を、企業に知ってもらうのも採用に向けた基準の一つとなるのではないでしょうか。

スポンサーリンク