トラック運転手が事故を起こしたら自腹で自己負担!?クビの可能性も!?

トラック事故は自腹で事故負担?

トラック運転手は、事故を起こさないようにかなり気を付けていると思います。

それでも、もらい事故やトラブルは気を付けていても起こってしまうかもしれません。

今回は、事故を起こした場合の対応、自腹や自己負担などの賠償についてや、それに伴うクビの可能性についてまとめました。

スポンサードリンク

トラック運転手が事故を起こした場合は自腹なのか?

トラック運転手が事故を起こした場合の費用や賠償についてですが、自腹になるかどうかも勤めている会社次第です

私の勤めている会社の場合、全てのトラックに保険をかけているので、事故が起きた場合も運転手に費用を請求することはありません。

事故を起こすことはほとんどありませんが、もしなにかあっても大丈夫なようにきちんと対応できるようにしています。

全てのトラックに保険をかけるということは費用がかなりかかりますが、台数の少ない小さな会社だから保険費用もなんとかカバーができます。

何十台も台数がある運送会社なら、全てに保険をかけるとなるとかなりの費用がかかるでしょう。

保険がかかっていないと事故を起こした場合の費用も実費になってしまいますよね。

会社によって対応が様々なのは、そういった保険がかけられているか、会社の規模など色々な事情によるものだと思います。

でも、高額な自腹は辛いですよね…。

トラック運転手が起こした事故のその後とは!

私の勤めている会社を例に挙げると、トラック運転手が事故を起こした場合、会社の責任者を含めてきちんと事故の対応をします。

費用が必要な場合は、会社で負担しています。

トラック運転手には指導をして、同じような事故を起こさないように会社全体で徹底しています。

トラック運転手の給料から費用をマイナスするようなことはしていません。

ただ、他の会社のトラック運転手に聞くと自腹を払わされた、給料から分割で払ったなど色々な話を聞きます。

そんな対応が嫌で会社を辞めた人もいると聞きました。

また、その費用を払うまでは会社を辞めさせてもらえなかったという話も聞きます。

本当に会社によって、事故のその後は色々です。

運転手自身も責任を感じてしまうと思います。

事故のその後の対応次第で、運転手のモチベーションややる気まで変わってしまうかもしれません。

トラック運転手は事故起こすとクビになる?

トラック運転手が事故を起こした場合の処分については、事故の規模にもよると思います。

それが、悪質な運転であったり、交通ルールを違反するような事故であれば、会社としてはもう仕事をしてもらいたくありません。

事故を起こすということは会社の存続にかかわることです。

なので、何か運転に問題があるようなら、運転手として働いてもらうわけにはいきませんよね。

とはいえ、安全に運転をしていたが思わぬ事故を起こしてしまった場合は、私の会社ではクビにはしていません。

仕方がない場合だってあります。

事故を起こしてクビになるのは、過失がある場合ではないでしょうか。

自腹制度は法的問題にならないの?

自腹制度は、法的問題になるかどうかですが、これについてはその事故の状況や会社との取り決めが大切なポイントです。

運転手の話を聞いていると、色々なケースがあるように思います。

自分だけで判断せずに、まわりの人に相談してみるといいでしょう。

会社の言い分ばかり聞くのではなく、第三者の意見を参考にすることも大切です。

もし、納得のいかない費用を自腹でと請求された場合は、弁護士に相談するのもひとつの方法です。

こちらの「弁護士法人みやび」は運送業界のトラブルにも詳しい弁護士事務所です。

>>弁護士による退職代行

納得のいかない自腹や未払い残業代の問題には力になってくれます。

弁護士というとハードルが高いイメージがありますが、無料で相談に乗ってくれるので実際は気軽に利用できます。

近年は泣き寝入りが当たり前だったドライバーからの依頼も多く、その中でも人気な弁護士が「みやび」さんです。

無料相談で退職代行までしてくれるので飼い殺し状態の方は相談してみて下さい。

>>弁護士に無料相談してみる

事故を起こさないように安全な仕事を

最近のトラックは、安全装置がついていたり、かなり進歩していると聞きます。

事故を起こさないように働く環境も整ってきているはずです。

初心を忘れずに安全運転が大切。

事故を起こした後の負担のことは気になりますが、事故防止することが第一です。

自腹や自己負担が気になる場合は、経営者に確認しておくとよいでしょう。

また納得がいかない場合には気軽に弁護士さんにご相談下さい。

ブラック企業で人生を台無しにする必要はありません。

>>弁護士に無料相談してみる

スポンサーリンク