430休憩の読み方や意味とは!休憩できない場合はどうする?

430休憩とは

トラックの運転手って、長時間運転する場合、休憩時間を必ずとらなければならないという決まりがあります。

それが430休憩です。

簡単にいうと「4時間に30分は休憩をしなさいよ。」というきまりです。

今回は、そんな430休憩について、詳しくご紹介します。

休憩も取れないような会社はすぐに辞めろ!

星の数ほどある運送会社であなたが働くのがそこの会社である必要はあまりありません。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

「仕事内容が悪過ぎる…」「労働時間長すぎ…」「給料が安すぎるぅ…」 そう思いながら嫌々仕事をしていませんか? 運送業は会社によっ...

スポンサードリンク

430休憩とは!?

430休憩とは、トラック運転手が運転開始から4時間運転したら必ず30分以上の休憩をしましょうという規則です

長時間連続運転の禁止という規則ですね。

4時間の間で分割して休憩しても大丈夫です。

休憩は10分以上とらなければなりません。

その30分の休憩時間というのは、きちんと休憩していなければならないので、何か作業をしているのは休憩とみなされません

例えば、4時間運転をして、そのあと荷下ろしのため30分作業をしていたとなると、それは休憩時間にならないので、430休憩できていないことになります。

現役のドライバーの話を聞くと、この430休憩はじれったく感じることもあるようです。

もう少しで目的地に着くのに4時間ちょっと超えそう…休憩しないといけないのか…。

とがっくりしてしまうことも。

30分の休憩というのも、早く帰りたい時の30分は長く感じるみたいで…うずうずしてくるらしいです。

430休憩の読み方は?

430休憩、私の会社ではあまり言いませんが、トラック業界ではヨンサンマルと言われています

430休憩というのは、トラック運転手にとっては常識のようなもの。

ベテランドライバーも新人ドライバーも、会社の教育や指導されることです。

特に長距離ドライバーにとっては、関係がきまりですね。

430休憩の意味って何?

430休憩の意味は、長時間連続運転を防止することです

それによって、事故を防止します

長い時間の運転はどうしても疲れがでてきたり、集中力がなくなり、居眠りの危険だってあります。

だから、適切な休憩が必要になってくるのです。

それが、4時間の連続運転と30分の休憩時間という決まりになったのだと思います。

今は、監査などでも、この連続運転のチェックを厳しく見ているようです。

運転していると夢中になってしまい、休憩をとることを忘れてしまう可能性もあるので、意識的に休憩をとることが大切です。

安全に仕事をするためにも、休憩時間を適切にとっていくことが大事ですね。

430休憩ができない場合はどうする?

430休憩ができない場合、いくつか考えられます。

まず、休憩する場所がないとき。

休憩をするためには、休憩する場所が必要になってきます。

大型トラックならそれなりに駐車スペースも必要です。

休憩したくてもできない状況ですよね。

私の会社の運転手は、あらかじめ休憩場所を下調べしているようです

ベテランドライバーにどの辺で休憩しているのか相談してから出発することもあったり、予想していない渋滞などの交通事情によって、計画通りに休憩ができない場合もあります。

そういった場合も、高速道路などでは渋滞情報を確認しながら、ドライバーたちは早めに休憩したりと工夫しています

運転手は日々、色々な状況の中で仕事をしています。

臨機応変に休憩をとるように、運転しながら考えています。

430休憩で事故ゼロを目指す

私の会社の運転手は、この430休憩を確実に守って仕事をしています。

ほとんどがベテラン運転手たちなので、経験が豊富ですし、色々な工夫ができるようです。

もちろん、新人ドライバーにもきちんと指導をして安全運転をしてもらっています。

休憩をとることは、自分の体をきちんと休めて事故を防ぐことになります。

きちんと決まりを守って、事故ゼロの運転手をめざしたいですね。

ブラックの多い運送業界では情報収集は必修

いま転職する気がなくそのうち自分で探そうと考えている方も転職サイトには絶対に登録しておいた方がいいです。

なぜなら、ストレスや疲労がたまり限界に達すると就活はもちろん転職サイトに登録する気力すら無くなるからです。

気になる企業や求人情報をストックしておくだけでも【転職という選択肢】があれば安心だし、過労で倒れたり精神が病んでしまう前に転職という手が打てるようになります。

求人サイトの登録は無料でできるし、しつこい勧誘や担当からの電話等は一切ありません。

あなたの条件にあった新規求人や転職可能なおすすめ求人がメールで届くのでいつでも転職できるぞ、と精神的に余裕ができます。

今は転職できなくても登録だけは絶対にしておくべきでしょう。

優良な求人情報が集まる転職サイトのおすすめはこちらです。

登録は無料で簡単にできます。

業界最大手のリクルートが運営している日本一信頼できる転職サイトです。

リクナビNEXTの無料登録はこちらからどうぞ>>

休憩のしっかり取れる運送会社に転職するコツとは

リクルートエージェントアドバイザー

人手不足の運送業界は今どの会社も人材を欲しがっています。

今はドライバーが会社を選べる時代と言っても過言ではありません。

どうせなら休憩のしっかり取れる運送会社に入社したいですよね。

そこで良い会社を見つけるコツがエージェントの利用です。

現在では転職エージェントからドライバーに転職するケースが主流になっています。

未だにブラック企業の多い運送業界で個人の面接のみで会社を決めてしまうのは危険を伴います。

そのなかでもおすすめのエージェントがリクルートエージェントです。

リクルートエージェントは日本最大手の転職エージェントです。

リクルートエージェントではプロのアドバイザーが企業と給料や労働時間の交渉までしてくれます。

いちいち面接に行かなくても事前にアドバイザーが確認してくれるので時間の節約になります。

お金の話や自分の要望など面接官に話しをするのが苦手な方は特に利用したいサービスです。

また大手や人気の運送会社は非公開求人になっているケースが多いです。

非公開求人にする理由は企業が社内の採用情報を外部に漏らしたくないのと採用コストを抑えるためです。

あなたがネットで探してもいい企業が見つからないのはこの非公開求人になっている可能性が高いです。

大手を狙うなら非公開求人数が日本でダントツ1位のリクルートエージェントを利用しましょう。

非公開求人の中に希望する企業が隠れているかもしれません。

福利厚生や休み、退職金がしっかりしている大手企業なら安心して長く勤めることができますからね。

もちろん無料で利用できますし絶対に転職しないといけないわけではありません。

時間をかけて相談しながら転職したい方は是非ご利用下さい。

5分で簡単に登録ができます。

エージェントに無料相談する>>