本ページはプロモーションを含みます

ヤマト運輸の年収を徹底分析!ドライバーや主任、支店長や管理職の年収/まとめ

クロネコヤマトで有名なヤマト運輸!

日本の運送会社のトップ企業です。

ヤマト運輸は大変人気の会社で働く場所としても注目を集めています。

さて、そんなヤマト運輸ですが社員の年収はどれくらいなのでしょうか?

今回はヤマト運輸の平均年収を職種や役職ごとに調べてみました。

ヤマト運輸を狙うならおすすめの転職サイトはこちら!

未経験者でも大丈夫かなぁ... 運送業はきつい会社が多いって聞くけど大丈夫かな... 今の会社よりいい運送屋ないかな... あの運...

スポンサードリンク

ヤマト運輸ドライバーの平均年収は

ヤマト運輸ドライバーの平均年収は、業界でもトップクラスの450万~550万円とされています。給料に関しては、25万~40万円となっており、役職などで変動します。

ボーナスは年二回で1回につき40万~75万円となっています。

対して一般的な物流ドライバーの年収は350万~500万円となっており、給料は25万~30万円となっています。

ボーナスは年2~3回で1回につき30万~50万円となっています。

比較するとわかるように、月収ではそこまで大きな差は無いものの、ボーナスや福利厚生などで大きな差がついており、ヤマトはかなり稼げることがわかりますね。

ヤマト運輸自体は、元社員からの評判はかなり悪いものの、とにかく稼ぎたいという人にはかなり魅力的な年収ではないでしょうか?

ヤマト運輸の主任の年収は

 

ヤマト運輸の主任の年収は850万~950万円となっています。

ヤマト運輸は、業界内で見ても給料面ではかなり待遇がよく、より上の役職に就けると1000万円以上の年収を稼ぐ人も存在しています。

企業全体の評判はそこまで良くはないものの、高い年収を稼ぎたいと考えている人や、安定した収入を得たいと考えている人にはかなり魅力的では無いでしょうか?

ヤマト運輸の係長の年収は

 

ヤマト運輸の係長の年収は、1000万~1200万円とされています。

この年収は、他の企業の係長クラスと比較しても、約200万以上の差があります。

ヤマト運輸は業界ではトップクラスの収入が見込める企業でもありますので、純粋に稼ぎたいと考えている人や、安定した生活を望んでいる人におすすめです。

しかし退職率もそこそこ高いことも判明しています。f

ヤマト運輸の課長の年収は

ヤマト運輸の課長の年収は1200万~1650万円とされています。

この数字は他企業の課長クラスの年収と比較してみると、200万~300万円ほどの大きな差があり、かなり高い年収となっています。

ヤマト運輸自体が、業界の中でも年収が非常に高く、かなり稼げる企業となっています。

役職に就いていない社員でも、業界で比較するとかなり高い年収が稼げるので、純粋に稼げる物流企業で働きたい人にはかなりおすすめです。

佐川急便の役職ごとの平均年収はこちらの記事で詳しくご紹介しています。

佐川急便といえば大手運送会社となり、ほとんどの方が聞いたことのある企業かと思います。 最近では、「佐川男子」という言葉があるように男ら...

ヤマト運輸の所長の年収は

 

ヤマト運輸の所長の年収は700万~900万円となっています。

他の企業の所長と同等の役職に就いている社員の年収と比較すると、ほぼ平均と同等の年収と見ることができます。

さらに地方営業所の場合だと、700万円よりも下の年収となってしまう場合もあり、業界内でもトップクラスの年収であるヤマト運輸の中では比較的やすい年収の役職と考えられます。

ヤマト運輸の支店長の年収は

ヤマト運輸の支店長の年収は500万~750万円ほどとなっています。

求人サイトなどでは想定700万円以上と紹介されていることが多いようですが、最初は400万~500万円でスタートして、追々700万円ほどになるということが多いようです。

しかし、支店長の役職はかなり評判が悪いようで、口コミなどでも仕事内容のきつさから辞めてしまう人も多いようです。

ヤマト運輸の管理職の年収は

ヤマト運輸の管理職の平均年収は700万~1000万円となっています。

ヤマト運輸では管理職は年収が非常に高い傾向にあり、他企業の管理職の年収と比較すると、200万~300万円ほどの差があります。

ヤマト運輸自体の評判はけして良いとはいえず、仕事に関しても辛いという声や、精神的にも肉体的にもきついという声は多く聞きます。

とにかく多く稼いでいきたいと考えている人や、仕事内容が辛くても稼げるなら我慢できるという人におすすめの企業と言えるでしょう。

ヤマト運輸の社長の年収は

2022年3月期における、取締役8人に対しての年収は約1億5000万円ほどとなっています。

企業の社長の平均年収が約5000万円というデータがありますので、比較するとかなり稼げていることがわかりますね。

ヤマト運輸自体が物流業界トップの企業ということもあり、これほどの年収となっていますと考えられます。

ヤマト運輸の求人募集や転職のコツとは!

リクルートエージェントアドバイザー

運送業界は今人手不足で転職するにはチャンスです。
どの会社もウエルカムは状態が続いています。
しかし大手の運送会社や人気のある運送会社への転職は難しいのが現状です。

ヤマト運輸ドライバーは非常に人気が高く誰でも入れるというわけではありません。

ネットで調べてもあまり募集が出ていない場合が多いです。

その理由は非公開求人になっているケースが多いからです。
非公開求人とは企業がネット上に募集を掲載していない状況の事をいいます。
非公開にする理由は募集内容を他の企業に知られたくないのと、応募が殺到して対応に追われる手間を省くためです。

エージェントからの推薦応募に対してだけスムーズに対応できる仕組みになっています。あなたがいくら頑張って探しても見つからないのはこのような理由があります。

さてそのエージェントの中で最も非公開求人数が多いのが「リクルートエージェント」です。あなたが希望する会社が隠れている可能性は非常に高いです。

利用方法は簡単でアドバイザーに「ヤマト運輸ドライバーの求人を探している」と伝えればオッケーです。

さらに「手取りで40万円以上の運送会社はありますか?」「休みの多い運送会社を探して欲しい」などの条件を伝えると希望に沿った企業も探してもらえます。

登録は簡単で無料で利用できます。

ぜひご活用くださいね。

>>ヤマト運輸の無料相談はこちらからどうぞ

登録しても絶対に転職しないといけないわけではありません。

しかしヤマト運輸は人気が高いので募集が出たらすぐに連絡をもらえるようにしておきましょう。