運行管理者の給料や年収っていくらなの!?ボーナスは無し!?

運行管理者の給料や年収

仕事を選ぶとき、給料がどのくらいなのかはとても大切なことです。

運行管理者がいくらやりがいがあって好きな仕事だとしても、やっぱり給料は気になりますよね。

自分の価値観にあう給料で、納得した仕事をしたいものです。

今回は、運行管理者の給料や年収、残業について記事をまとめました。

スポンサードリンク

運行管理者の給料や年収を暴露!

運行管理者は、運送会社には必ず必要な人材です。

これから運送会社を立ち上げる、規模を拡大する場合、運行管理の資格を持っている人が欲しいのです。

なので、資格を持っている運行管理者の給料を優遇してくれる会社もあります。

ただ、給料や年収については、会社の規模や働く地域によって大きく変わってきます。

一概には言い切れませんが、地方では運行管理者の給料は18万円~35万円くらいが相場になっているようです。

本当に働く場所で大きく差がありますよね。

また、点呼のためのパートやアルバイトを募集しているような会社もあります。

夜中の点呼になると時給はアップするみたいです。

また、運行管理者兼事務や運行管理者兼ドライバーをするなど、働くスタイルによっても給料は変わってきます。

運行管理者としての経験や働き方によっても大きく変わってくるでしょう。

運行管理者にボーナスはあるの?

運行管理者が正社員として働く場合はボーナス支給される会社が多いと思います

通常の会社員と変わらないですね。

雇用形態によって、ボーナスがあるかどうかは変わってくるので、事前にチェックしておいた方がいいでしょう。

運送業は景気によって給料の変動の可能性もあります。

私の会社はコロナの影響を思い切り受けてしまったので、ボーナスにも影響がでてしまいました…。

コロナの場合は、運送業に関わらずですが…辛いです。

運行管理者の残業時間は何時間?

私の会社の場合、残業はほとんどありません

運行管理の仕事を分担して行っているからです。

ひとりで運行管理者の仕事をしている場合は、運転手の帰りが遅い場合、残業になってしまうかもしれません。

運送途中でトラブルが起きることがあるかもしれません。

例えば、事故の処理、ドライバーのルートの変更など、通常と違ったことが起きてしまった時に残業となるでしょう。

数分の残業で済む場合もあれば、大きな事故が起こってしまった場合は、数時間かかってしまうこともあるかもしれません。

でも、安全に計画通り仕事が進んでいる限り、残業とはならないはずです。

安全な仕事ができるようにするのが運行管理者の仕事ですし、自分の頑張り次第かもしれないですね。

運行管理者の残業代は高い?

運行管理者の残業代は、通常の会社員と同じようなものでしょう

ただし、給料と同じように会社の取り決めによって変わってくるものだと思います。

会社によって仕事の内容や勤務時間は違いますし、会社の規模やドライバーの数によっても変わってきます。

すごく大変だと感じる人、簡単に仕事をこなす人、同じ運行管理者でも働く環境によって変わると思います。

だから、残業代が高いと感じるのか安いと感じるのかも、その仕事の内容次第ですね。

仕事に対する価値観によって感じ方は変わってきます。

運行管理者の必要性と給料

運送会社にとって運行管理者はなくてはならない絶対に必要な存在です

これから独立する人にとっては、高額な給料を払ってでも入社してほしいところ。

また、経験のある運行管理者には、優遇して給料も上乗せしたいと考えている経営者もいます。

仕事ぶりを見て昇給してくれることも場合よってはあるでしょう。

会社にとって必要な仕事ですし、頑張り次第で給料アップも期待できると思います。

スポンサーリンク