運行管理者試験の難易度とは!合格率が低い理由はなぜ!?

運行管理者試験の難易度とは

運行管理者は運送会社の中でなくてはならない大切な資格のひとつです。

ただ、運行管理者試験はひと昔前に比べて合格率は低くなり、問題が難しくなってきているように感じます。

それでも、私自身は1度の受験で合格することができました。

今回は、そんな運行管理者試験の難易度や合格率について、私の経験を交えながらご紹介していきます。

スポンサードリンク

運行管理者試験の難易度はどれくらい?

私は、色々な資格や試験を受験することが好きで、これまでにたくさん受けてきました。

そんな中、運行管理者試験は1度の受験で合格する事ができました。

私の経験からすると、難易度は低めだと思います。

出題される問題の幅が広いので勉強量は多い感じはしますが、基本さえおさえておけば大丈夫!

例えば、交通ルールや運転免許の取得に必要な知識など、運転免許を持っている人なら当たり前だと思う問題もでてきます。

それに加えて、運送業のドライバーなら当たり前だと感じるような問題もありました。

なので、実際に運送業を経験している人にとってはかなり有利です

ただ、労働条件についてのことや数学のテストのような問題もあるので、苦手な部分や嫌な問題もあります。

普段聞き慣れていない言葉が出てくるものもあるので、そういった部分さえ勉強しておけばそんなに難易度は高くないと感じました。

知らなかった部分でも、ちょっと勉強すればできる問題ばかりです。

運行管理者の合格率が低い理由とは?

運行管理者の最近の合格率は、20%~30%台で低い時は10%台の年もありました。

運行管理者の合格率が低い理由は、年々問題が難しくなってきていることがひとつの理由だと思います。

運送業界において大きな事故などが起きた時、法律が改定されることがあります。

そして、運行管理者としての責任や役目の大切さが世間でも注目されることになるのです。

運行管理者は国家資格なので、きちんとした知識がある人のみ合格させる仕組みにしているのでしょうね。

そして、私がもうひとつの理由だと思うのは、勉強して受験している人とそうでない人の差があるのではないか?ということ。

私が受験した時に受験会場にいたのは、働き盛りの人から年配の方、作業服で受験している人もたくさんいました。

多分、仕事の合間に受験しにきたのだと思います。

忙しい毎日の中、勉強することはとても大変です。

しっかり勉強すれば合格できると思いますが、勉強する時間が十分に取れなかった人も中にはいるのでは…と感じました。

もう少し時間があれば合格できたという人がたくさんいるのかもしれません。

運行管理者試験の勉強時間はどれくらい必要?

私は、受験すると決めてからの1か月間ほぼ毎日勉強しました

とはいえ、仕事もしながらだったので1日に勉強できる時間は1~2時間程度でした。

試験日の1週間前くらいから過去問を試験時間と同じ設定でやってみたり、少し勉強時間を増やすようにしましたが無理のない範囲だったと思います。

仕事の合間時間を利用したり、自分のペースで勉強していました。

過去問で合格ラインを超えるくらいの点数がとれるようになったので、夜もゆっくり寝ていました。

運行管理者試験の最も効率のいい勉強方法とは!

私が運行管理者試験を受験するためにした勉強法は、とにかく過去問をたくさんすることです。

問題に慣れること、そしてどんな問題がよく出ているのかを知ることで、受験の時に慌てることもなく落ち着いて試験を受けることができました。

そして、基礎講習の時のテキストを活用して、大事なことは暗記していました。

問題に出てくるような言葉は毎年同じような傾向があります

幅広い知識が必要ですが「これは大事だな、ここは基本」となるポイントさえおさえておけば、確実に合格ラインの点数をとることができると思いました。

運行管理者試験は計画的に勉強すれば合格できる

運行管理者試験は、計画的に勉強することで合格できると思います。

幅広い知識が必要なのですが、基本や基礎をおさえておけば大丈夫。

合格したいという意思で受験している人にとっては難易度だって低く感じるはず。

運行管理者試験は、計画的に勉強することで合格率でみる数字よりも、実際やってみると意外と簡単に感じるかもしれませんね。

スポンサーリンク