配車係のストレスはヤバイ!辛い、きつい、辞める配車マン続出!

配車係のストレスはヤバイ!

配車係はドライバーにとって重要な存在です。

自社のドライバーに仕事の分配する仕事です。

ドライバーの性格や能力、態度などを把握したうえで誰にやらせるにか決める役割を担っています。

時にはドライバーや荷主からの苦情やクレームなどの対応をする場合が有ります。

そんな辛くてキツイ配車係のストレスはヤバいと聞きますが実際はどうなのでしょうか?

今回は配車係の仕事内容はどんなものなのか、辛くてきついのは本当なのかなどについてお話していきます。

スポンサードリンク

配車係の仕事内容とは!

配車係の内容は大きく分けて2つあります。

①配達先までの距離や時間を計算する為に顧客の希望時間や配送ルートの渋滞箇所を考える。

②ドライバーの事を考える必要が有ります。例えば能力や関係性などです。

この様に配車係は、特別な資格が不要ですが実務経験を重ねる必要がある職業です。

会社によっては未経験者でも配車係にする場合が有ります。

車両台数によっては運行管理者の資格を取得させられる場合が会社(事業所)によって有ります。

配車係に求められる条件が有ります。

①コミュニケーション能力

②状況判断能力

③労働基準法や道路交通法などの知識

日頃からドライバーと会話をしてコミュニケーションを取ることで実際の道路情報や取引先の話など重要な情報を得ることが出来ます。

また業務時間外でもドライバーから連絡が来たり、場合によっては会社とドライバーの間に立ち取引先などに謝罪を行わないといけないので非常に神経を使います。

その為、ドライバーから文句を言われても動じない心の強さを持ち合わせている事も重要になってきます。

さらに運行状況や交通状況から的確な判断を行う能力や状況判断能力、労働基準法や道路交通法などの知識も必要となります。

配車係は嫌われる仕事?

会社(運送業)は、荷物がないと利益が有りません。したがって配車係は、取引先の荷物や量、配送場所を問わず受注します。

ドライバーからすれば、忙しいのに配送件数が多かったり、重い荷物だったりした場合、配車係に文句を言う人がいます。

そんな時に話を聞かなければいけません。

また会社とドライバーの間に立ち、取引先などに謝罪を行わないといけないので非常に神経を使います。

いろいろインターネットなどで調べてみると、個人差があるようですが配車係の仕事を嫌う方は多いようです。

配車係のストレスの原因とは

配車係には色々な苦労があります。

それによりドライバーには分からないストレスも日々生じています。

人間関係が主なストレスの要因です。

①ドライバーとの関係

配車係になると最初に悩むのが人間関係です。特にドライバーとの関係に悩まされている様です。

自社便の多い運送会社になればドライバー同士の派閥もありますし、新人で配車係につく場合はドライバーが先輩になるので、彼らに指示を出さなければいけないプレッシャーはかなりのものでしょう。

②上司との関係

よく耳にするのが物流会社の上司は根性論を振りかざす人が多いように思います。

こういう上司に当たってしまうと最悪ですね。

この様な上司は人に教える事が苦手なので、引き継ぎもせずに配車係のポジションを渡してくるものです。

そしてミスをすれば怒られるといった悪循環になります。

全てこの様な上司ではないですが、やはり上司なので気を使う部分が多いようですね。

③荷主と関係

荷主はお金を払って仕事を依頼しているので、やって当然!という態度で接してきます。

何も分からない新人の配車係からすれば何が正しくて、何がおかしいのか判断が難しいでしょう。

また荷主からの仕事を断ると次から仕事が貰えなくなったりするのも配車係からすると困るので難しい判断になります。

相手が荷主だけに、かなり辛いのではないでしょうか。

配車係の向き不向き

配車係も仕事の一つで向き不向きが有ります。

【向いている人】

①コミュニケーション能力ある人

②状況判断能力が出来る人

③労働基準法や道路交通法などの知識がある人

④強い精神力がある人

【向いてない人】

①コミュニケーションが取れない人

②状況判断ができない人

③精神面が弱い人

④仕事が雑な人

一概には言えませんが、この様な感じです。

参考程度にしておいて下さい。

◆配車係を辞めたい方へ!

ドライバーなどの人達には分からない苦労が有ります。

時には辞めたいと思うことがあるかもしれません。

配車係は特殊な仕事で慣れるまで大変だと思います。

仕事をしているうちに少しずつ慣れてきてコツや要領が分かってくるのではないでしょうか。

辞めたいと思っている方はもう少し辛抱してみてはどうでしょう。

辞めるのはそれからでは遅くないです。

長く配車係をしてみれば、もしかしたら自分に合っているかもしれません。

会社によっては配置転換という方法もあります。

しかし体調を崩すくらいなら、早めに辞めることをお勧めします。

無理だけはしない様にしましょう。

まとめ

まとめ

配車係について紹介してきました。

ドライバーと違いかなり辛い職業です。

色々ストレスを抱えながらやっている方も大勢いることでしょう。

中には精神的にまいってしまい、うつ病などになる人も。

人間関係がかなり辛いようですが無理せず仕事をするのをお勧めします。

会社の中に信用できる仲間や上司を見つけ相談しながら仕事を進める方が配車係や会社にとって良いのかと個人的に思います。

スポンサーリンク