長距離ドライバーの1日の生活を徹底暴露!平日/休日の過ごし方とは!

長距離運転手の生活は普通のサラリーマンとはかなり違っています。

毎日家に帰れないし昼と夜が逆の生活をしています。

更にトラックの車内で生活をしています。

今回は現役の長距離運転手の僕の1日の生活リズムや休日などの過ごし方を書いてみます。

スポンサーリンク

長距離トラック運転手の1日の生活とは!

まず長距離ドライバーといっても仕事内容は会社や扱う荷物によって様々です。

僕は雑貨という路線便を走っています。

佐川急便や福山通運、ヤマト運輸などが有名ですね!

僕の1日は夕方から始まります。

午前中やお昼は寝ています。

夕方の4時から出勤して現場へと向かいます。

路線便は夕方の5時くらいからぼちぼち荷物を積み始めます。

大阪と東京の往復便です。

僕は早便なので19:00には出発できますが、だいたいのコースは夜の9時や10時くらいの出発になります。

出発してから約7時間で東京の目的地に到着です。

時間は深夜の2時前後です。

それから約2時間ほどかけて荷物を降ろします。

何もなければ朝の4時前後に仕事が完了です。

仕事が終わるとガソリンスタンドに給油と風呂に入りにいきます。

ガソスタの風呂は個室シャワーですが汗を流すには十分です。

風呂に入るとコンビニで買い物をして帰りの荷物を積む現場へと向かいます。

帰りは千葉から大阪向けです。

朝の6時くらいには現場に着き、そこでトラックのカーテンを閉めてやっと晩酌となります(朝ですが)

夕方の仕事まで約10時間ありますが、これはかなり長距離の運転手では恵まれているコースでしょう。

テレビを見ながらご飯を食べて、座席の後ろにある寝台ベッドでいつのまにか寝ています。

夕方の4時に起きてトイレと歯磨きを済ませて5時前に現場に入ります。

そして大阪行きの荷物を積み込み出発して、次の日の朝4時くらいに仕事が完了します。

大阪では自宅に帰りますので家族とはそこで会えます。

このサイクルを週に3回繰り返しています。

月に大阪から東京を約12回往復する計算です。

長距離運転手の休日の過ごし方とは!

うちの会社では基本的に日曜日は休みです。

月曜日の夕方まで休みなので意外とゆっくりできそうですが、長距離の運転手独特の時間のズレが実はあるんです。

仕事上は土曜日に積む荷物が週の最後の仕事となります。

しかし、土曜日に積んだ荷物は下ろし終わるのは日曜日の朝になるんです。

なので家に帰るのは日曜日の午前中なんですね。

しかも夜勤明けで一切寝ていません^^;

自宅に帰り風呂に入って飯を食べて寝て、起きたらもうサザエさんが始まっています 笑

長距離ドライバーの休みの日なんてそんなものです。

スポンサーリンク

トラックドライバーの車内での生活を快適にする必需品とは!

上記でも書きましたが、トラックドライバーは普段トラックの中で寝泊まりしています。

自宅と同じようにトラックの中で快適に過ごせるように様々な工夫をしています。

その中でも絶対に欠かせない必需品

インバーター
DCDCコンバーター
テレビ
冷蔵庫

です。

詳しく見たい方はこちらよりご覧ください。

トラックドライバーには必需品があります。ましてや長距離ドライバーになると尚更です。当サイトでは絶対に揃えておきたいおすすめの便利なグッズを10選紹介しています。

長距離トラック運転手での生活について/まとめ

今回は僕の1日の生活のリズムを書いてみました。

仕事内容は会社によってかなり変わってきます。

長距離運転手の仕事は家に帰れないという点があります。

僕の1日を見てどう思いましたか?

慣れると楽しくやらせてもらってます^ ^

スポンサーリンク