タクシードライバーは学歴不問?中卒や高卒でもなれるの?

タクシー中卒高卒でもOK?

昔は、中卒とか、高卒なんて当たり前でしたが、今なんて大卒の人はいっぱい世の中に増えましたね。

今回は、タクシードライバーは学歴不問なのか?

中卒でも高卒でもなれるのか?

という事に触れていきたいと思います。

※タクシードライバーへの転職や給料、勤務時間、勤務地の相談はこちらのエージェントが最適です。

登録は簡単で一切料金はかかりません。
アドバイザーがあなたの希望する会社を探してくれます。
登録しても絶対に転職しないといけないわけでもありません。
情報収集にもお役立てください。

>>タクシードライバーへの転職の相談はこちらからどうぞ

スポンサードリンク

タクシードライバーは中卒や高卒でもなれる?

普通第二種免許が取れさえすればなれますと断言したいのですが、タクシー会社によっては、求人に高卒以上と書いてある場合があります。

その場合は、求人募集の件で問い合わせをした際に、このことについても確認した方がいいと思います。

タクシードライバーが学歴不問の理由

この仕事に必要な免許、地理に詳しい、運転上手、接客ができれば、学歴なんて必要なかったですね。

ただ、道に関することと時事関係の事は新聞を読んだり本を読んだりしていて勉強してる人は多かったです。

大卒のタクシードライバーが増えているって本当?

私が知ってる範囲では20年前くらいから、大卒の人でタクシードライバーになる人が出てきたと記憶しています。

でも、そのころ面接に来た方は年齢が高い方でした。

大学を出た人はやはり勉強家の人が多く、引き出しも多い人が沢山いて、この仕事で頭角を現す人が多いと思います。

営業に就いた大卒の人と一緒に働いた事がありますが、やっぱりお金関連のことなどはちゃちゃっと計算したりしますし、企画などをお客さんに電話で説明するのは上手でした。

高卒ドライバーと大卒ドライバーの給料は違う?

基本的に、大卒であろうと高卒であろうと給料は違いません。

基本給も違わなかったです。

歩合制というのがタクシー会社で取り入れてる給料体制が多く、営業なので稼いでなんぼな訳です。

歩合の取り分は会社によってパーセンテージが違うので一概には言えません。

しかし、タクシードライバーは高卒だろうと大卒だろうと給料に学歴は関係ない職業です。

どう動いてお客さんを拾うか、お客さんの心を掴んでどうしたらリピーターになってもらうかが大事になってくるわけで、ここら辺を鍛えて給料を爆上げする人などもいるわけです。

結局は、自分自身の腕にかかってくるので、こういう自分の腕で稼ぐ、稼げばいくらでも給料に反映するという仕事が大好きであれば、こんなに魅力的な仕事は無いのかもしれません。

タクシードライバーの求人募集や転職のコツ

リクルートエージェントアドバイザー

タクシードライバーは非常に人気が高く需要のあるドライバー職です。

人手不足が続くタクシー業界では転職するには絶好のチャンスと言えます。
そしてどうせ就職するなら給料が高くて休みの多い会社がいいですよね。

でもそんな会社どうやって見つけるの?

答えは超簡単です。

転職エージェントに「◯◯市で給料が高くて休みの多いタクシー会社を探して下さい」と伝えればオッケーです。

さらに「手取りは35万以上で」「週休二日制の会社で」など細かな条件でも探してもらえます。

さらに面接に行かなくてもアドバイザーがあなたに変わって給料や労働時間などの確認や交渉をしてくれます。
いちいち自分で面接に行って聞きにくいお金の話や希望する条件を聞いて回らなくてもすみます。
つまり希望する条件をお互いに確認し合っている状態で面接を迎えれるわけです。

会社もエージェントの手前、嘘はつけません。
ブラック企業の多いタクシー業界で非常にありがたいサービスです。

ではどこのエージェントがいいの?

タクシー業界に強いエージェントは「リクルートエージェント」です。

求人数も日本一なのであなたの希望する会社がある可能性が最も高いエージェントです。

自分の希望する会社や条件の合うドライバー職を見つけてくださいね。

登録は簡単で料金も一切かかりません。

>>タクシードライバーの無料相談はこちらからどうぞ

もちろん絶対に転職しないといけないわけではありません。

情報収集にお役立てください。

まとめ

まとめ

中卒、高卒、大卒であったとしても、第二種免許があればタクシードライバーにはなれますし、給料も学歴は関係なくその人の頑張り次第で変わります。

とはいえ、長年タクシーの仕事をしていて思ったのは稼ぎの良い人は頭がいいですし、やはり勉強してるという事です。

それは、地理に関してだったり、接遇に関してだったり、時事に関してだったりと様々ですが、やっぱり人より抜きんでようとすると努力は必要というわけですね。

働くのがあんまり好きじゃない人は、それなりの稼ぎしか出来ないっていうシビアな世界であるという事でもあります。