タクシードライバーの服装とは!?身だしなみのルールってあるの?

タクシー運転手 服装

タクシードライバーの人の服装はYシャツやジャケットなどスーツのイメージがありますよね。

では逆に、私服のタクシードライバーはいるのでしょうか?

今回は、そんなタクシードライバーの服装や身だしなみのルールについて解説していきます。

スポンサードリンク

制服は会社からの支給?

よく見るタクシードライバーの人は、大概ネクタイにワイシャツ+ブレザーかベストを着ているはずです。

これって、自前なのか支給なのかみなさんはどちらだと思いますか?

私も色々渡り歩きましたけど、全部支給でした。

ただ、おしゃれじゃないのが大概なので、おしゃれさを求める人はこっそりカラーシャツを着たりする人もいます。

ですが、そういう人はだいたい怒られてます。

そのかわり、ネクタイは自前の所は多かったです。

タクシー会社の求人があったときに処遇に対する所をみると、制服貸与と書いてあれば制服は貸与されるという事です。

辞める時に返す返さなくていいという判断は会社によってまちまちです。

タクシードライバーの身だしなみに関するルールとは!

身だしなみですが、これは、接客業である以上清潔感のある身だしなみを求められます。

たとえば、ブレザー、スラックス、シャツはきちんとアイロンがけされてるものを着るとか、ネクタイもきちんと締めるとか。

靴は、汚くしておかないこと。

中には、靴下の色まで指定される場合もあります。

靴の色も黒とか茶色、中にはゆるい会社もあって、スニーカーを履いてる人もいましたけどね、でも綺麗な物ですよ。

髪型もきちんと整えなさいという会社がほとんどで、寝起きの頭で来る人はほぼいませんでした。

あとは、髭は伸ばさずきちんと剃っておくこと。

これが基本です。

あくまでも、接客業という事をお忘れなく。

社会的に求められる事とあまり変わらないと思います。

タクシー会社面接時の服装は? 

まず、印象をよくするためにスーツが基本です。

持ってない人も中にはいると思うので、その場合はせめてジャケットにスラックスが良いでしょう。

それも持っていなければ、アイロンをかけてある紺、もしくはこげ茶、茶色系のズボン、シャツにネクタイを締めていくのが良いと思います。

靴もスニーカーではなく、出来るだけ革靴っぽいものがいいでしょう。

無ければ黒系、茶系、紺色などの無地の靴がいいです。

意外に見られているので、きちっとした服装を心がけてください。

女性が面接を受ける場合でも、スーツが基本です。

無ければブラウス、ジャケット、スカート、靴のコーディネートも女性の場合は服装にあったものであれば大丈夫だと思います。

後は、丁寧な言葉使いをして、誠実な態度で面接を受ければまず間違いなく受かると思いますよ。

タクシー運転手で私服の会社ってある?

基本的に、従業員を複数抱えているタクシー会社での私服勤務は私の知っている限りまずないと思います。

身だしなみについて特にルールがないタクシーは個人タクシーになります。

個人タクシーは、名前の通り個人経営なので誰に指示されることもありません。

なので、服装もその人次第で私服での仕事ももちろんあると思います。

実際に私も個人タクシーを利用したことがありますが、私服でタクシーの運転をしているドライバーさんの車に乗ったことがあります。

結論から言うと、個人タクシーのドライバーなら私服での勤務はあるという事です。

まとめ

まとめ

今回は服装、身だしなみ、ルールに関して触れてみました。

ルールなどは、一般の会社と変わりありませんから、普通にしていれば間違いないですし、会社のルールは入ってから教わればいいので、肩の力は抜いて頑張って下さいね!

お役に立てると幸いです。

スポンサーリンク