運転中に手汗でハンドルが滑りませんか?原因や対策とは!

こんにちは、長距離ドライバーのイッシーです。

皆さん、運転中に気がつくと手が汗でびっしょり!という経験がありませんか?

特に高速道路を運転中によくある現象の1つです。

では何故、運転中に手汗が出るのでしょう。

今回は手汗がでる原因と対策をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

運転中に手汗がでる原因とは!

運転中の手汗はあまり気持ちのいいものではありません。

しかもその手汗のせいでハンドルが滑り大事故に繋がる可能性もあります。

そもそも何故手汗がでるのでしょう。

運転中に手汗がでる原因のほとんどは『緊張』です。

人間は緊張すると色んな所から汗が出るようになっています。

危険な状態に体が反応して防御体制や攻撃体制に入るときに心拍数があがり汗もでます。

運転の初心者は特に身構えてしまうのでしょう。

僕も初心者のころは運転を終えると手や脇が汗でびっしょりになっていました。

運転中に出る手汗の対策は!

私は長距離の運転手です。

長年、ドライバーをしていても長時間運転をするとやはり手汗は出てきます。

汗でハンドルが滑り運転を誤ると大きな事故にもなりかねませんので夏は特に手汗対策はかかせません。

プロのドライバーがやっている手汗対策は

ハンドルカバー
手袋

の2つです。

ハンドルカバーは装飾品として親しまれていますが、本来の役割はハンドルのグリップ力を上げるということです。

ハンドルカバーを装着するとハンドルが一回り大きくなります。

それによりハンドルをしっかりと握る事ができグリップ力が増します。

ハンドルカバーは一般の乗用車用も販売されていますので手汗が気になる方にはおすすめのアイテムです。

それともう一つは手袋です。

手袋といっても運転用のグローブです。

グローブの効果は素晴らしく、しっかりとグリップしてくれます。

ハンドルが汗で濡れたり汚れずに済みますし洗って何度でも清潔に使えます。

ハンドルカバーと運転用のグローブがあれば鬼に金棒だと思います。

スポンサーリンク

抑制クリームも手汗には効果有り?

近年スキンケア商品で手汗を抑制するクリームや顔汗を止めるクリームなどが人気となっています。

手汗クリームも運転中の汗対策には効果があるのでしょうか?

僕の答えはつける時間帯によります。

クリームを塗ってすぐにハンドルを握るとクリームでハンドルがベタベタになってしまいます。

ハンドルはクリームや脂分が付くと拭いてもなかなか取れなくなるんです。

ハンドル自体が滑ると尚更の厄介なことになります。

手汗対策クリームを塗ってすぐにハンドルを握るのは絶対にやめましょう。

握るなら時間が経ち手汗が止まってクリームも肌に浸透してから、サラサラになった手で運転をするようにしましょう。

逆に脇汗や顔汗は関係ないので気になる方は使用してもいいと思います。

しかしクリームを塗ったその手でハンドルをすぐ握るのはNGです。

ほんとにハンドルのヌルヌルは中々落ちないんです。

その他の運転中の手汗対策とは!

上記で運転中の手汗対策にハンドルカバーや運転用のグローブ(手袋)、制汗剤をお伝えしました。

その他にも原始的な方法ですが、クーラーをかけてエアコンの吹き出し口に手をあてる方法があります。

手も体と同じで冷やすと汗が引きます。

即効性もありますので是非試してみてください。

まとめ

今回は運転中の手汗の原因や対策を書いてみました。

どちらも即効性のある方法で僕も長距離運転中には手袋をしたりしています。

運転中だけでなく普段から多汗症でお悩みの方は医師に相談してみるのも良いでしょう。

スポンサーリンク