トラックの仮眠室である寝台スペースの寝心地は快適?(画像付き)

皆さん、こんにちは!

長距離トラック運転手のイッシーです。

僕はよく長距離の運転手さんってどこで寝てるの?とかトラックの中で寝れるの?という質問をされます。

僕も運転手になる前はそんな疑問を抱いていました。

大型トラックのキャビンの中は座席の後ろが寝台になっており、そこがドライバーの仮眠室になります。

今回はトラックの寝台ベッドの広さやスペース、寝心地について書いてみたいと思います。

画像付き!大型トラックの寝台スペースの寝心地は快適?

写真は実際の僕のトラックの仮眠室、運転席側から見た寝台ベッドです。

見た目通りの細長いスペースで寝返りはほぼうてません。

トラックに乗りたての時はエンジンの音も気になるし寝心地も良いとは言えず寝起きも肩コリになったりしていました。

寝台の長さは約2200mmです。

僕は三菱ふそうのスーパーグレートに乗っていますが、他のメーカーのトラックでも長さはほとんど同じだと思います。

身長が2メートル以上の大男でない限り足を曲げないと寝れないというような事はありませんが横幅が狭いために大の字になって寝るのは無理ですね。

横幅は650mmで身長が低くても、かなり太り気味の方にはキツイかもしれません。

たまにトラックの寝台で腹筋や腕立て伏せをしているドライバーもいますが標準的な体型の方なら無理ではない感じです 笑

トラックの寝台のマットや布団は買ってるの?

トラックの寝具セットですが、会社によってそれぞれだと思います。

普通は新車を買うと寝具セットがメーカーから1セット貰えます。

大半の人はその布団セットを使いますが、こだわるドライバーはトラック用品専門店やネット通販で買う人も多いです。

しかしトラック用の布団セットは特殊なサイズになるので、かなり割高な値段になります。

運送業界に未経験で転職してくる人もさすがに布団だけは先輩のお古というわけもいかず自分で買っていますね。

おススメしているのはホームセンターやニトリなどの布団セットです。

半分に折り曲げるとピッタリのサイズになるんです。

値段もかなり安いし全然オッケーだと思います。

ちなみに僕の布団セットはメーカーの純正の布団ですが、青いシーツはニトリで買いました。

他にも様々な工夫をしてトラックの寝台を改造するドライバーも多いです。

畳を特注して作って改造する強者もいますし、アイデア次第でなんぼでも自分好みに改造できます。

トラックの乗り換えが多い会社や、同じトラックを数人で乗り回す会社の中にはキャンプ用の寝袋で寝ているドライバーもいます。

トラックの寝台の断熱や暑さ対策とは!

トラックのキャビンは普通の乗用車と基本は同じです。

特別な断熱材で覆われているわけでもありません。(キャビンの下にはエンジンがあるので、その部分は特殊な断熱材を使用しています)

なので夏はとてつもなく暑くなるし、冬はとてつもなく寒くなります。

写真の鱗(うろこ)パネル部分は外との間仕切りで、ただの鉄板なので触ると特に夏は熱く冬は冷たくなります。

基本的に夏はエアコン、冬は暖房で温度調節をするので大丈夫なのですが、アイドリング禁止の現場は最悪な状況になります。

エンジン付けっぱなしのトラックをよく見かけると思いますが、ほとんどは温度調節の為です。

時には命にも関わることなので大目に見てもらいたいものです。

トラックの寝台窓やベッド窓について!

後ろのベッド窓は写真のように僕のはうろこパネルになっていて外は見えません。

そもそも僕のトラックはウイング車で後ろは大きな荷物を積む箱になっているのでベッド窓は一切意味がありません。

サイドベッド窓も窓らしくはなっていますが外は見えません。

ベッド窓やサイドベッド窓はよく装飾品として通販などで販売されていて人気のパーツとなっています。

まとめ

今回は長距離運転手の仮眠室ともいうべき寝台ベッドのスペースや寝心地、寝具セットなどについて書いてみました。

トラックに乗り始めの頃は少し狭いと感じていましたが、慣れてくると完全に自分の部屋と同じなので苦痛に思うことはないです。

寝心地もよくなり快適に過ごしていますよ。

みなさん、こんにちは^ ^ 現役の長距離トラック運転手のイッシーです。 私はよく、トラックの運転手ってどこで寝てるの?とかトラックの中っ...