スタッドレスタイヤの2022おすすめランキングは!価格は寿命、交換時期まで徹底解説!

スタッドレス2021おすすめ

本格的な冬のシーズン到来に向け、カーショップを含むタイヤ専門店などでは毎シーズン冬用タイヤ専門の売出などで賑わっており、消費者にとってもそれぞれの品を ”あーでも無い、こーでも無い” と吟味する楽しみの時期でもあります。

寒さが厳しくなる地域の皆様にとっては必需品であり、スキー・スノーボードなどでのウィンタースポーツをする方にも必須となるのがスタッドレスタイヤ。

今回はそんなスタッドレスタイヤについて最も重要とも言える「交換時期」から「タイヤ・交換工賃の相場」と「寿命」、あと「早期購入での利点」や「おすすめをランキング」も検証していきます!

スポンサードリンク

スタッドレスタイヤの交換時期は

雪が降る路面であってこそ持つ効力を発揮するスタッドレスでありますが、それ故「交換時期のタイミング」も雪が降る前後を考慮したいものです。

一般的な全国統計で見た場合では10月・11月が交換需要としてのピークを迎えるとされており、少し古いデータ(80年代~)からとなりますが各地域による概ねの交換時期が以下となっております。

●札幌:10月~4月

●秋田:11月~4月

●仙台:11月~4月

●宇都宮:12月~3月

●東京:1月~3月

●新潟:11月~3月

●名古屋:12月~3月

●大阪:12月~3月

●福岡:12月~3月

スタッドレスタイヤの価格の相場はいくら?

各地域による必要性はそれぞれのお財布事情に直接影響し、タイヤ自体の価格帯においても皆様が1番気になるところ…

スタッドレスタイヤと言えど「インチ別にある各サイズ」や、「国内ブランドと海外ブランド毎」でも価格が異なってきます。

次に一般的な国産スタッドレスタイヤの相場価格をインチ別とブランド毎で簡単に分け、以下にそれぞれを表しております。

●13インチ以下:3,700~7,000円/1本

●14~15インチ:5,800~16,000円/1本

●16~17インチ:9,800~26,800円/1本

●18~19インチ:17,000~39,000円/1本

●20インチ以上:26,000~50,000円/1本

次に「ブランド毎での価格相場」を15インチでの比較表記としております。

国産ブランド:9,000~16,500円/1本

欧州ブランド:7,000~16,800円/1本

北欧ブランド:8,000円~15,000円/1本

アジアブランド:4,500~9,000円/1本

国産メーカーは海外メーカーと比べて基本割高となる傾向にありますが、物によっては国産同等の価格となります。

ただ「アジアンタイヤ」と呼ばれるハンコック、ナンカン、ハイフライといったアジア諸国のメーカー陣により、他を圧倒する低価格帯が現在話題を呼んでおります。

スタッドレスタイヤ交換の工賃の相場はいくら?

続いてタイヤ交換できる業者別で工賃を比較して見てみましょう。

タイヤ交換にかかる工賃は業者別での様々な価格設定となっておりますが、それらには主として店毎にあるサービスが個々に盛り込まれてるとも言われてます。

●カーディーラー:2,000~7,500円X本数

●タイヤ専門店:2,000~3,000円X本数

●カー用品店:1,000~2,000円X本数

●ガソリンスタンド:1,000~5,000円X本数

●自動車整備工場:2,000~3,000円X本数

ただこれらにあげてる一覧は「あくまで一般的な平均値」となりますでの、実際での業者毎にある価格帯を随時チェックしていくと良いでしょう!

スタッドレスタイヤの寿命はどれ位?

スタッドレスタイヤの平均寿命が一般的には3~4年とされており、遅くても4年までの交換が安全面を考慮した意味で必要と言えます。

とはいっても「使用環境や頻度」などでもそれぞれが前後していきますので、自身が使用した劣化具合を把握することも重要となってきます。

簡単な見分け方としてのチェックポイントは

●残り溝が50%程までに落ちているか

●ひび割れや偏った摩耗が進んで無いか

などが挙げられ、溝に関しては減ってる箇所に100円玉を差し、その100円玉の「1」がしっかりと見えるところまで来たらそろそろ交換時期と言えます。

例え溝が残っていてもタイヤ側面付近であるトレッド部分のひび割れや、過度に偏った摩耗においてはタイヤ性能云々以前に危険です。

この場合「特に要交換」として注意しなくてはなりません。

スタッドレスタイヤは早めに買うと安くなるって本当?

まず本格的なタイヤシーズンとされてる11月頃に入ってしまえば、値引きしなくとも需要がある理由から割引価格からの購入はあまり期待できません。

一般的には初雪前とされる9月中頃に入ると、様々なショップでは在庫に余裕を持っていることから開かれる「早期購入特典としての予約割引や、タイヤ交換工賃無料のキャンペーンなどが狙い時」とも言われてます。

加えて早期の購入だけに、シーズン(タイヤ交換時)までの保管として「お客様のタイヤを預かって貰えるサービス」も兼ねている等、これらのタイミングをうまく利用すればかなり便利な上、お得な価格でスタッドレスタイヤを購入する事が出来ます。

スタッドレスタイヤの安い時期はいつ?

車の維持費用のなかでも大ききな金額となってしまう「タイヤ」。

その中でも使用する期間が限られる「スタッドレスタイヤ」の購入に悩まされる方も多いのではないでしょうか?

スタッドレスタイヤを安く購入できる時期はいつ頃か?それは冬本番前の9〜10月に安く購入できることが多くあります。

例年冬本番に入り、雪が降ると同時にスタッドレスタイヤへの履き替えや購入をする人が多いですが、そうなるとタイヤショップやディーラーは雪が降ったタイミングにユーザーからの問い合わせや履き替え、交換作業が集中し忙しくなってしまうため、そういった混雑を避けるために「早期購入割引」を実施しているケースがあります。

したがって、冬本番前の9〜10月がスタッドレスタイヤを安く購入できるタイミングと言えます。

また冬本番前に安く購入できる理由はもう一つあります。

それは前シーズンの在庫が安く売られているケースです。

タイヤはゴム部品であり鮮度も求められるので型落ちは安全上問題ないか不安になるかもしれません。しかし屋内保管されていれば劣化をおさえることができます。

屋内保管さえた前シーズンの在庫や売れ残りが型落ちとして安く売られていれば、スタッドレスタイヤ購入のチャンスでしょう。

スタッドレスタイヤを夏に使用しても大丈夫?

スタッドレスタイヤをそのまま夏に使用することは、必ずしも危険であったり、法令違反になるということはありません。

ですが、夏にスタッドレスタイヤを使用することにはいくつかのデメリットがあります。

まず一つ目は「もったいない」ということです。

スタッドレスタイヤは一般的にノーマルタイヤによりも一回り高価です。

そのためスタッドレスタイヤをそのまま夏に使用し続けて摩耗してしまうのは単純にもったいない状況といえます。

二つ目のデメリットとしては「燃費の悪化」です。

スタッドレスタイヤはノーマルタイヤに比べ柔らかい構造となっています。

そのため路面を転がる時の抵抗が大きく、その分余分にエンジンやモーターの駆動力を使ってしまい、燃費の悪化につながります。

一般的にスタッドレスタイヤはノーマルタイヤに比べて燃費が約10%低くなると言われています。

大きく差が現れるので、極力夏にはノーマルタイヤを履くようにすることをおすすめします。

三つ目のデメリットは安全性です。

ノーマルタイヤに比べてスタッドレスタイヤは「雨の日の滑りやすさ」と「ブレーキのフィーリング」が悪くなります。

スタッドレスタイヤは雪に強い=雨にも強いと思われがちですが、構造上雨にも強いとは言い難い部分があります。

スタッドレスタイヤはそのゴムの柔らかさと溝の細かさで、雪の上でもしっかり路面に接地することができますが、雨水に濡れた地面では溝の細かさがかえって排水性を悪くし滑ってしまいます。

なのでスタッドレスタイヤはノーマルタイヤに比べて雨の日に滑りやすくなってしまいます。

またブレーキのフィーリングですが、決してブレーキの制動力が弱まることにはなりませんが、ブレーキペダルを踏みはじめてからブレーキが効きだすまでに時間がかかる=ブレーキの効きが体感的に悪く感じるということになります。

この症状もスタッドレスタイヤの柔らかさに起因します。

ブレーキを踏むとタイヤの回転を止めようとしますが、その時にスタッドレスタイヤがたわむことでブレーキが効いていないように感じます。

なのでブレーキのフィーリングが悪くなる、あるいは遅くなるように感じます。

なのでノーマルタイヤと同じ感覚で乗ると少し危険であると言えるでしょう。

【最新】スタッドレスタイヤの2022おすすめランキングは!

国内・外問わずにタイヤメーカーは多く存在し、またそれらのクオリティーにおいても消費者の多くは専門的な視点で商品を選んでおりません。

それが例えスタッドレスタイヤでも…

そこで多くの方への参考として、「タイヤを専門とするプロ目線」からのおすすめランキング6選を以下にまとめました。

1位:ブリヂストン BLIZZAK(ブリザック)VRX2

2位:ヨコハマタイヤ ICE GUARD(アイスガード)6IG60

3位:グッドイヤー ICE NAVI(アイスナビ)7

4位:ダンロップ WINTER MAXX (ウィンターマックス)03

5位:トーヨータイヤ OBSERVE (オブザーブ)GIZ2

6位:ミシュラン X-ICE SNOW (エックス アイス スノー)

オートウェイでスタッドレスタイヤを比較したい方はこちらの記事を参考にされて下さいね。

🔗オートウェイは工賃が高い?タイヤの取付や交換、評判について解説!

まとめ

如何でしたでしょうか? 特別寒い地域でなくとも「それぞれの使用目的」を持ってして必需品とされてるのがスタッドレスタイヤ。

価格重視や性能重視、またそれらを全てひっくるめた品質自体においての重視など、個々の価値観でそれぞれのタイヤへ対する評価も違ってきます。

そういった意味合としても是非、今回の検証を「ベストな見極め」への参考とし、また「新たな興味」から、それを更に「正しい知識」へと繋げて頂きたいですね。