ハンドルロックがどうしても解除できない!車のキーが回らない仕組みや原因、解除方法を解説!

ハンドルロックでキー回らない

車に乗り込み、さぁ出かけようとキーを回そうとした時回らずに焦った経験はありませんか。

実はキーが回らないのは異常ではなく、車の機能の一つであるハンドルロックが働いているからなのです。

今回はハンドルロックが掛かってキーが回らない仕組みや原因、解除方法などをご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

車のハンドルロックの仕組みは

まず、ハンドルロックは何のためににあるのかを解説していきたいと思います。

ハンドルロックというのは、車のキーを抜いている時にハンドルを動かないようにするものです。

もし、自動車を盗難しようとした者が、ドアロックを突破した場合でも、ハンドルが動かなければ移動させることは難しいですよね。

こういった防犯上の理由から、ハンドルロックは採用されています。

車のハンドルロックが起こる原因は

みなさん、今回乗った時はハンドルロックがかかっていたのに、この前乗ろうとした時はかかっていなかった、という経験をしたことはありませんか。

実は、ハンドルロックには作動する条件があります。

ここではその条件をご紹介したいと思います。

ハンドルロックが作動するのは、防犯上の理由からとお伝えしましたよね。

ということは、車に人が乗ってない時にかかる必要があります=キーを抜いてある時ということになります。

そして、キーが抜いてある時にハンドルを左右どちらかに回したり、ハンドルを大きく切ったままキーを抜いた場合に、ハンドルロックがかかるという仕組みになっています。

ただし、車種によって解除方法が少し異なる場合があるので、ご自身の車の取扱説明書などで確認しておくといざハンドルロックがかかってしまった時に焦らずに対処することができるでしょう。

次では、一般的な車のハンドルロック解除方法をご紹介したいと思います。

一般的な車場合のハンドルロックの解除方法は

それでは、キーをキーシリンダーに差し込むタイプの解除方法をご紹介します。

解除方法は、ハンドルを回しながらキーを回すだけです。

とっても簡単ですよね。

ただ、注意してほしいのは解除がしにくいからといって、力まかせにキーを回すのはやめてください。

キーが折れて、キーシリンダー内に残ってしまい、最悪の場合キーシリンダー交換になってしまいます。

キーが回りにくい時は、ハンドルを回す方向を逆にしてみたり、少し強めに回してみてください。

キーレスプッシュスタート式の車の場合のハンドルロックの解除方法は

近年の自動車ではキーレスエントリー式が増えてきていますよね。

このタイプは、エンジンの始動や停止など全てをプッシュボタンにより行いますが、ハンドルロックの機能も当然装着されています。

解除方法もキー式と同じで、ハンドルを左右どちらかに回しながらプッシュボタンを押すだけなので、とても簡単です。

そして、車種によってはハンドルを回さず、プッシュボタンを押すだけでハンドルロックが解除されるものもあります。

車のハンドルロックがどうしても解除できない時は?

今まで紹介してきたやり方で、解除できない場合はどうしたら良いのでしょうか。

どんなに頑張っても解除できないのであれば、不具合が発生している可能性があります。

ハンドルロック系統の故障

そもそもハンドルロック系統に何かしらの不具合が発生している可能性があります。

どうしてもハンドルロックが解除できない場合は、故障を疑いましょう。

バッテリーが上がっている

プッシュボタンシステムの場合、バッテリーが弱っていたり、上がってしまっているとハンドルロックが解除できなくなってしまいます。

もし、プッシュスタートシステムでハンドルロックが解除できない場合は、バッテリーを疑ってみましょう。

キーレスエントリーリモコンの電池切れ

こちらもプッシュスタートシステムに限った話になってしまいますが、キーレスエントリーリモコンの電池が切れた場合もハンドルロックが解除できなくなってしまいます。

プッシュスタートを押した際に、車とリモコンで通信を行うのですが、リモコンの電池が切れた場合は通信ができなくなってしまいます。

結果、プッシュスタートが反応しないためハンドルロックも解除できなくなります。

最近リモコンの電池変えてないなぁと思ったら、早めに交換しておくことをおすすめします。

まとめ

今回は、ハンドルロックについて解説してきましたが、いかがでしたか。

解除方法はハンドルを回しながら、キーを回す。

もしくは、プッシュスタートを押す。

解除方法を知っておけば、いざハンドルロックがかかってしまった場合でも落ち着いて対処できると思います。

そして、どうしても解除できない場合は、整備工場やカー用品店などに相談することをおすすめします。