車のフロントガラスの霜対策とは!原因や予防、取り方をご紹介!

フロントガラスの霜対策

寒い季節に入り、気温の変化を確認する上ではある種の目安にもなっている「霜」。

ただその霜によってフロントガラス一面を真っ白く覆われてしまい、あれやこれやと様々な物を用いての霜取り対策に奮闘する慌ただしい毎朝…

ドライバーであれば「必ず」と言っていいほどに経験されるかと思われます。

今回はそんな「車のフロントガラスに降りてしまった霜」に対する原因や予防、身近に行える予防対策のそれぞれを検証し、また100均グッズでも可能な対策方法などを詳しく紹介していきたいと思います!

スポンサードリンク

車のフロントガラスに霜が!なぜ、原因は?

自然現象として起きてしまう多くは「気候」が大きく関係し、車のフロントガラスに降りてしまう霜においても一般的な原因とされてる殆どは「水蒸気」。

寒い季節に発生してしまう水蒸気の主な条件としては、「低い外気温に加えて湿度が高くなった場合」です。

特に「前日の夜が快晴であった場合」などでは放射冷却の影響からもフロントガラスに霜が降り易いとして警戒しなくてはなりません。

車のフロントガラスの霜の予防対策は

先述の通り霜の原因となってるのは水蒸気であり、車のフロントガラスに降りる霜は「その水蒸気が付着する事」によって起こります。

車のフロントガラスは毎日の運行によって常に「油膜や砂などのホコリ」で汚れ、その汚れが霜の原因となる水蒸気の付着を誘発します。

カー用品店などで販売されてる「撥水コート剤」などを用い、それらをフロントガラスにコーティングする事も効果的と言えます。

つまり「常日頃からの汚れ・水分除去」が基本的な対策の第一歩となり、それは精神論としてもドライバー自身が持つべき重要な心得とも言えます。

車のフロントガラスの霜対策のおすすめは

最も効果的な対策方法とされてるのが「車のフロントガラスを何かしらカバーで覆うようにする事」です。

本格的な寒さが到来する前、もしくは前日に疑いがあるとされる気候での事前対策としてもフロントガラスのカバーは効果的であり、また「解氷スプレー」なる製品の使用も効果的と言われております。

不要になったシート類・段ボール・毛布類でも構いませんが、解氷スプレーなどを含む「出来るだけカー用品店などでの専用として販売されてる製品」を用いる事が凍結による付着も防げ、霜対策としては最も有効と言えますね。

車の霜に水をかけるととれる?

素人的な観点から見れば、フロントガラスに霜が降りた場合は水などをサッとかけて溶かしてしまいたいものです。

ただ霜が降りるのは早朝の非常に寒い時間帯であり、そんな時に「水をかけてしまえばすぐさま凍り付いてしまい、霜がはった状態以上の惨事」になりかねません。

焦る気持ちなどから単純に「水」といった発想は分からなくもありませんが、そこは冷静に判断し、温度の低い水の使用は避けましょう。

車のフロントガラスの霜の簡単な取り方とは

車自体で1番簡単に行えるのは「デフロスター」を使用する霜取り方法。

これは車のエアコンに装備されてる送風設定をフロントガラスにし、そのままヒーター温風を当て続けて霜を溶かし、除去していきます。

次に人肌ほどの温度(35~36℃)とされるぬるま湯を、霜が降りたフロントガラス面にかけていく方法。

これは「水」を用いた場合と同じく、外気温が低いとすぐさま凍り付いてしまうリスクが伴いますので正直あまりお勧めしませんが水と違って温度が高い分、凍り付いてしまう前に上手く除去できるのであれば問題ないでしょう。

ただ間違っても熱湯をかける行為は絶対ダメです!

「急激な温度変化によるフロントガラスのひび割れ」や「ゴム類のパッキンやシール剤などを簡単に熱で痛めてしまいます」ので、高温になった液体などをかける行為だけは絶対にやめましょう。

100均できる車の霜取り対策は

これまでの記述としては主にカー用品店にて販売されてる霜取りグッズとしておりますが、それ以外に手軽・最安値で購入できるものとしてあるのが「100円均一で販売されてるアルミ保温シート」。

シートサイズにおいても殆どの店舗では豊富な品揃えとなっておりますので、「それぞれサイズにあったものを選ぶ」 か 「サイズに合わせた加工」などをして使用しましょう。

あと霜取り用のスクレーパー(専用のヘラ)もカー用品店以外の100均でも購入できますが、物によってはヘラの部分が硬いプラスチック製であったりとフロントガラスに対しての傷には注意が必要となります。

まとめ

如何でしたでしょうか? 

現在ではカー用品店以外の100均などでも手軽に使える道具が簡単に入手でき、「アイデア次第ではかなり有効的な対策方法になる」事も最大の強みになってます。

ただ、それらにある道具を使ったすべての方法が決してベストとは言えず、結局は利用者自身による正しい判断こそが効果的な対策方法となるのです。

「急がば回れ」

つまり基本としてもフロントガラスは常に綺麗にしておき、また「車に対する労り」からもヒーターなどを使用した自然的な除去方法が適切であり、結局それらは「最も理想的な手段」となるのです!