地場配送はきついらしい!?その仕事内容や給料はぶっちゃけヤバい!?

私の経験談ですが、4tトラックではなく、2tトラックでの地場配送でしたがなかなかキツイという印象です。

ルート配送は毎日決まった場所へ決まったコースでを運転し配送していました。

会社のやり方などさまざまあると思いますが、今回は地場配送について解説していきます。

スポンサードリンク

そもそも地場配送とは?

地場配送とは近場や地元を対象エリアとして行われる配送を差します。

会社から約50~200㎞圏内での配送となります。

地元や近隣を対象としているので基本的に日帰り勤務です。

地場配送の仕事内容とは?

地場配送の仕事は、専属便・定期便・フリー便の3つです。

これらについて解説していきます。

①定期便

名前の通り、定期なので出発時間や配送先、配送ルートは変わることがなく、基本は毎日同じ業務内容となります。

積み込み時間は3パターンあり、朝・夕・夜と分けられます。

②専属便

契約している荷主会社に専属のドライバーとして配送の仕事を行います。

配送先は毎日変わりますが、配送ルートには変わりはありません。

なので、比較的早く仕事を覚えることができると思います。

配送先が日々変わる以外は定期便とさほど違いはありません。

③フリー便

名前の通りフリーで配送する事です。

毎日決まった仕事をこなすのではなく、日々荷物の量や荷物の種類、配送先は変わってきます。

仕事内容は定期便や専属便と変わりませんが、その日その日で給料が変わるのでその点は気を付けなければいけません。

会社によって違いはあると思いますので、ご参考までに。

地場配送はキツイ仕事?

きついかどうかは配送する荷物によって変わってきます。

人の手でひとつづつ荷物を積み込み、手降ろしするのは楽ではありません。

これが10トントラック満載の細かい荷物となったらかなりの重労働です。

①人の手で扱う荷物:(宅急便や一般貨物など)

基本的に荷物は手積み・手降ろしで体力もさることながら、この作業を続ける根性も必要です。

体力とメンタル面が伴ってこなせる作業だと思います。

②機械(スイッチやボタンひとつ)で扱う荷物:(ダンプやタンクローリー、ミキサー車など)

基本的にトラックの操作だけで荷を下ろすので体力的に楽だと言えます。

タンクローリーやミキサー車などは荷を下ろした後は会社に帰って毎回タンクを洗う必要があります。

荷下ろしより、この洗車作業がきついと思う人が意外と多いです。

地場配送の給料はどれくらいもらえる?

給料に関してですが職種によって変わります。

一般的に総支給額が平均で25万円前後となっています。

年収は300万円前後です。

残業時間でも変わってきます。

職種や配送する荷物、会社や地方によっても変わる場合があるでしょう。

また年齢によっても変わってきます。

地場配送のメリットとデメリット

仕事をする上でメリットとデメリットが有ります。

これらを簡単に紹介します。

《メリット》

①近場の配送をする為、そのエリアの地理に詳しくなり、抜け道や地域のこと、渋滞時間など交通事情も詳しくなってきます。

②配送エリアの地域を端から端まで回るので色々な所に行くことが出来ます。

生まれ育った地元でも日々の配送することで新たな発見をすることが出来ます。

③運転が上手になります。

普通車に比べて車体が大きいトラックに乗ると運転技術がアップします。

《デメリット》

①年を重ねるほどしんどさが増す

②長時間労働

この二つはドライバーをしているとどうしても避けられない事柄だと思います。

日々、自分の体をいたわりメンテナンスをし、休める時はとことん休むのも必要です。

メリットとデメリットを紹介しましたが意外にデメリットが少ないように感じます。

会社によって若干違うかもしれませんが、ご参考までに。

まとめ

まとめ

地場配送は、基本的に日帰りで、長距離とはちがい仕事が終わればその日のうちに毎日家に帰れます。

仕事の内容もよく見極めて自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。

給料も若干少ないかも知れませんが、比較的自由に仕事ができるので、経験上お勧めできます。

仕事をする上でメリットとデメリットは、どの仕事でもあります。

地場配送ドライバーは比較的デメリットが少ない働きやすい職種です。

スポンサーリンク