中型免許で運転できるトラックは何トン?取得方法や準中型,大型との違いについて

中型免許で運転できるトラック

世の中で活躍してるトラックにもさまざまな種類があり、その各いろんなサイズや細かい 積載量ごとに運転出来るトラックは、準中型から中型や大型と免許の種目によってそれぞれ…

今現在、最も物流事情において需要も高い4tトラックなどは中型免許を必要とし、中型自動車運転免許といえば2007年6月2日以降の法改正により新設された種目であり、それ以降も様々な実情背景のもと、大型免許までには準中型なども種目として加えられてきました。

その中型免許では、どの様な種類のトラックを運転できるかや、その運転できるトラックのトン数など取得方法を合わせた内容など、準中型・大型との違いなど一緒に見ていきましょう。

スポンサードリンク

中型免許で運転できるトラックは何トンまで?

通常は一般的に中型免許からを用いた、大体のトラックでの運用は4t車が多く見られますが、 中型免許で運転できるトラックは何トンまでかと言うと、最大積載量4.5トン以上~6.5トン未満 車両総重量7.5トンi以上~11.0トン未満とされており、加えて準中型免許で運転できる違いの方も、4トンから6トントラックまでが運転可能となっております。

中型免許の取得にかかる時間と費用について

中型免許を取得するにあたって要する時間についてですが、なんの免許にしても、それを取得するまでの「期間」「費用」というものは皆さんが気になるところですよね!

●合宿免許

この合宿免許で取得の場合ですと「最短で8日間から~」 でありますが、こちらは平均して皆さん最短期間より少し前後する感じの期間までで終えておられます。

現状では合宿ですのでダラダ ラとせず、ササッと計画的に進められることがカギなんでしょうね!

費用については各合宿所により細かく差もあります。

・費用「14万円前後~」 となってます。

●通学免許

定期的に通うとなる教習所でありますがこちらの場合、「速い人では半月ほど」で卒業される方 など、お仕事など普段の生活環境によって時間が大きく左右される方などが多数の割合で利用されており、時間調整などの融通がききますね。

こちらも各教習所により細かい差もあります。

・費用「17万円前後~」 から。

遅い方などは1ヶ月以上~ からダラダラということも…

あと最も最短で腕に自信があり、多少の運に任せる方など向けの試験場にての「一発技能試験」

これは時間・費用と経済的に見て「一発で合格」すれば最強ではありますが、何もかもがそう甘くはなく色々と現実的に見てお得感はあるように見えてお得とは言えないのが現状です。

・費用4万円前後~ と激安。

中型免許の取得の手順とは

全ての種目と同じく中型免許取得にも直接試験場にて取得する方法があり、直接試験場にて取得 の場合は自身が在住されてる都道府県内の自動車運転免許試験場にて電話などで問い合わせる必要があります。

・試験日の予約
・試験当日の適性検査
・試験にかかる費用を支払う
・時間がきたら試験時間まで試験コースを覚えたりの確認する
・順番が回ってきたら試験管と同乗し指示されるまま試験開始
・失格であれば免許所をその場で返却、合格となれば返却なしで後は交付され晴れて取得

よく始めてからの普通自動車運転免許取得にあたっては定番でありますが、中型自動車免許では あまり馴染みのない合宿での免許取得。

簡単ではありますがザッと流れとして所持免許別で見ていきます。

(普通免許以上) ・学科教習→1時限 ・技能教習→15時限 ・仮免試験→あり

(中型8t限定) ・学科教習→なし ・技能教習→5時限 ・仮免試験→なし

次に一般的な取得方法とされてる自動車教習所通いです。

こちらは一番身近なだけあって最寄りに あれば問い合わせ等、アクセスも楽なのではないでしょうか。

・電話の問い合わせ、もしくは直接の来校やでネットなどでの入校申し込み手続き
・入校当日の適性検査
・(第一段階)所持免許に応じたの技能試験と講習
・(仮免交付)仮免許申請への構内検定
・(第二段階)技能試験と講習
・路上による卒業試験を合格する
・運転免許試験場にて適性試験を経て中型自動車運転免許証を交付

と中型自動車免許を取得するための手順を簡単な流れで見て行きましたが、二択とも来場する際、基本的に身分証明書となる運転免許証と印鑑、簡単な筆記用具等…

運転免許証の更新時などと同じような持ち物で事実上オッケーですね。

中型免許の取得方法とは

取得する方法となると先ほどに「時間」「費用」「手順」で上げましたが

1、費用は一番かかりがちではありますが一般的な方法ですと「教習所通い」

2、費用は若干抑えられる分、スケジュール的な時間等を要する「合宿免許」

3、費用と時間は抑えられる分、努力と気合を要する免許試験場にての「技能一発試験」

今のところは三択ではないでしょうか。

普通免許から中型免許を取得する方法・流れは?

普通免許から中型免許を取得するには年齢が20歳以上からとなります。

すなわち18歳以上から普通自動車免許を所持し、2年以上経過していることが条件とされてますので、この条件を満たすことによって基本的に誰でも受験することができます。

また中型免許への改正前となる旧普通免許所持の方の場合すでに限定ではありますが、中型自動 車を許されておりますので、完全な中型免許取得となると「限定解除」という取得方法となります。

これは「学科教習」は免除され、「技能教習」の受講となってます。

8t限定中型免許を解除する方法とは

こちらも先ほど記事にある内容と同じく、8t限定中型免許になる旧普通自動車免許では技能自体が免除される他は、法改正後の普通自動車運転免許からの取得方法と基本的には手順は同じとなります。

限定解除するには方法として教習所と運転免許試験場とがあります。

まず教習所による限定解除では講習を受けなければならず、その講習は1日に受講できる範囲があり、その全ての講習を1日で済ますことはできません。

それは各教習所によって実施される講習内容や、受講される人数によってそれぞれでありますが、一般的に見て3日から5日ほどかかるようです。

そして運転免許試験場については当然でありますが学科試験も無く、その日のうちで限定解除となります。

こちらも飛び込み一発試験同様に技能試験による原点方式の審査がかなり細かいチェックとなりますので、自信のない方などは迷わず教習所へ向かうのが無難なのではないでしょうか…

まとめ

まとめ

以上、中型免許を取得するにあたってトン数や取得方法、時間と費用や限定解除などなどについて触れてまいりましたが、これまでに至ってきた現時点でも運転免許というものは、少なくともこの日本においては法改正を重ねる結果、各免許項目が増え、内容も複雑でわかりにくい事となり費用も高く付くようになっていくのです。

そういう意味ではこれからも、どんどん庶民にとっては「あまり歓迎できない進化」に向けてできるだけ早目の各免許の取得が最良とされるのではないのでしょうか!

スポンサーリンク