トラックドライバーを辞めたい人へ!やめる前にチェックすべきこととは!?

トラック運転手を辞めたい人へ

どのような仕事に就いたとしても、さまざまな理由のもとに「辞めたくなる時」というのは皆さん一度は考える物ですよね!

それは世の物流事情を支えるべく、日々走り続けるトラックドライバーにも言える事であります。

労働者というのは常に気苦労が耐えないという事で… 

今回はトラックドライバーの場合での辞めたい・辞められない時の理由や、辞める人へのアドバイスとして、円満退社などに向けた秘訣などにも触れていきます。

スポンサードリンク

トラック運転手を辞めたい理由とは

なりたかったトラック運転手として勤務してきたが、実を言うと「こんなはずじゃなかった…」なんてことも少なくないはず。

「もう辞めようかなぁ…」と頭をよぎる…

こんな時の理由として以下をいくつか挙げました。

◎仕事の内容がキツイと思いはじめる

これはどんな仕事に就いたとしても挙げられる一番多いケースなのでは?

長距離運行や地場回りなども好きでトラック運転手になる方もいるとは思いますが、これらがキツく感じたり仕事の内容が難しくなる等で辞めたくなるきっかけになります。

◎今就いてる会社より仕事が楽な会社が見つかった

就いてる仕事の内容に不満はあるのだが辞めたいとまではいかない状況、これよくありますよね!

そんな時にたまたま今の会社より楽な仕事の内容の会社が見つかったともなれば、気持ちは揺れるものです。

◎会社の同僚が好条件で転職した

これもよくあるケースですよね!

これをきっかけにどんどん退社されては、会社側にとってはたまったもんではありません。

ですが、雇用される側にとっては1日でも早く好条件での職場に移りたいものですから、この出来事が気になりだすと頭から離れません。

◎トラック運転手では将来が見出せない

「トラック運転手で自分は将来出世などできるのか?」と本気で自身が仕事や会社に対して将来的なことを考え、「トラック運転手じゃ将来見出せるものがないな…」と。

そうなると何時見切りをつけるかと考えはじめるものです。

◎勤務中の運転事故

事故によっての金銭的なペナルティーも額によってはイタイですから。

常に安全運転を心掛けてはいても、事故というものは自身が起こさずとも、巻き込まれる事故というものもあるのです。

ですが、ドライバーが人身事故などを起こすとかなり萎えます。

結構精神的にダメージを受けますからね…

トラック運転手を辞められない理由とは

トラック運転手というのは、場合によっては二人以上での作業もありますが、基本的には他の職業と違って一人での作業が多いです。

そんな理由からトラック運転手を職業として選んだ方々も多いのではないでしょうか。

さまざまな理由のもとにトラック「運転手を辞めたいなぁ」と思っていても、結局なんだかんだ辞めれないのは自身にとって少なからず「トラック運転手の良さ」があるものだと感じます。

けっこうシビアなメンタル面での問題を例に挙げると

◎トラック運転手を辞めて仕事ができるか不安

◎辞めたいけど会社に言い出せない

◎事故など会社に物損的な損害を残し責任を取るため

このような内容となります。

トラック運転手を辞めようと考えてる人へのアドバイスとは

世に点在する各企業によっては、多人数の社員を抱えたり少人数の社員であったりとさまざまでありますが、皆で共通しているのは就く職業によっては向き不向きもあるという事。

トラック運転手も職業として就くまでの経緯などさまざまでありますが、結局は辞めるか辞めないかは自身の判断です。

今辞めようとお考えの方は、置かれてる環境が自身にとってどれだけの価値があるかにかかってると思います。

その事をふまえ、辞めるための確たる理由が一つでもあれば、それがその人にとって最良の「答え」となるのではないでしょうか。

トラック運転手を円満退職で辞める秘訣とは

立ち去るものは見苦しくないよう綺麗に立ち去るという意味での「飛ぶ鳥跡を濁さず」ということわざがあります。

円満退職といえばまさにこの事でありますが、人間何事にも引き際は美しくあるべきです。

とはいえ中にはその引き際というのが美しくなく、「跡を濁す退職者」がいるのも事実。

そのような事態を避けるためにも、後々揉めることのないよう会社に「退職の意思」をしっかりと伝え、「退職願の提出」などに向けた、事前にやるべき流れやその後の手続きなどに関して確認しておきましょう。

まとめ

まとめ

トラックドライバーを職業とする理由にそもそも好きだから始めたという以外、色々なきっかけで入社した人も多くいると思います。

人によって経緯はさまざまです。

しかし、会社を辞めるとなると、どのような職業であっても「社会人として最低限のマナーのもと」にやる事は大体共通してます。

みなさん自身が、あとあと後悔の無いようにするのは勿論のことですが、会社を始め、自身を取り巻く「お世話になってる方々」に対しての配慮に向けた意識も重要なのでは無いでしょうか。

スポンサーリンク