東名高速と新東名高速で渋滞や混雑が多いのはどっち?

東名と新東名の渋滞について

東名と新東名どっちを走るか迷っていませんか?

この2つのルートはどちらもメリットデメリットがあり選択が難しいです。

今回は渋滞や混雑に関して毎日東名、新東名を走っている長距離ドライバーの僕のレビュー記事を書いていきます。

スポンサーリンク

渋滞や混雑が多いのはどっち?

東名と新東名を両方走ってみると新東名の方が渋滞や混雑まではいかなくても交通量の多さからの走りにくさを感じます。

あれっ ちょっと待ってください。

新東名って走りやすいんじゃないの?

と、思った方もいると思います。

もちろん道路の設計上はすごく走りやすいです。

走りやすい理由

道路が新しく綺麗

カーブや勾配が少ない

時速120km区間がある

新東名が走りにくい理由とは

上記の通り新東名は非常に走りやすい設計になっています。

しかし交通量の多さから感じるストレスは否めません。

交通量が多く走りにくい理由としては東名より距離が短く人気があるので皆んな新東名を選ぶ傾向にあります。

また道路が新しく綺麗に舗装されているので荷崩れ防止や時短のために新東名を選ぶトラックドライバーも多いです。

大型トラックにはリミッターが付いており時速90キロ以上は出ません。

そんなトラックか追越車線を塞いでしまうのでどうしてもダンゴ(渋滞)になってしまいます。

新東名の走りにくさの詳細は関連記事よりご覧下さい。

東名高速の混雑や渋滞について

では東名のほうがいいのか?

という話ですが、東名高速も昼間はやはり交通量はおおいです。

東名のほうが静岡県の市内に行きやすいし、国道1号線と並走して走っているので営業車やトラックで混雑します。

静岡県下に用事のある方は東名を走り、名古屋方面から関東方面まで一気に走る方は新東名を選ぶ感じでしょうか。

東名か新東名の選び方

東名新東名を選ぶには渋滞や混雑などの比較の他にも様々な選び方があります。

関連記事で距離や時間、料金や景色など東名と新東名を徹底的に比較しています。

参考程度にご確認下さい。

まとめ

まとめ

今回は東名と新東名の渋滞や混雑について書いてみました。

昼間は東名もそれなりに交通量は多いですが夜間は新東名の方が走りにくさを感じます。

用途や目的、メリットに合わせてご活用下さい。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

ご安全に。

スポンサーリンク