フロントガラスの飛び石は車検通るの?判断基準や修理費用は!

フロントガラス飛び石

フロントガラスにいつの間にか飛び石の傷が入っていたことはありませんか。

車で走行すると色々な物を巻き上げて走行しているため、飛び石により傷がつくことは良くあります。

この記事では、フロントガラスに飛び石の傷が入ったけど車検は通るのかや保安基準、フロントガラスの交換修理費用などを解説していきます。

この記事を見ていただけると、「フロントガラスに傷があるけど車検は通るかな?」や「交換修理の費用はどのくらいかかるの?」といった疑問を解決できる手助けになるかもしれません。

スポンサードリンク

フロントガラスの保安基準とは!

フロントガラスの保安基準について説明します。

運転席の視野が確保されること、可視透率が70%以上(断熱用クリアフィルムなど貼り付け後も70%以上あればOK)、フロントガラス上縁よりガラス全体の20%以内にフィルムアンテナや車検・点検ステッカー及びドライブレコーダーやGPSアンテナなどが貼り付け可能というような基準があります。

上記はざっくりと示したもので、それぞれ詳細な基準があるものもあります。

飛び石の傷は、運転席の視野が確保されていればOKということになります。

ただし、どのぐらいのサイズがOKでNGなのかは、基準が無いため一概に言えません。

飛び石のヒビも最初は小さくても、走行を続けていれば次第にヒヒが大きくなる可能性があります。

そうなる前に修理や交換をする事をおすすめします。

また、ドライブレコーダーであれば、フロントガラス上縁より20%以内の範囲でかつフロントガラス中心より左右150mm以内に貼り付けをしなければならないといった決まりがあります。

他にも、断熱の為にフィルムを貼ろうと思うと可視透率が70%以上でかつ透明でなければならないという決まりがあります。

色がついたフィルムはおしゃれですが、保安基準に適合しません。

色がついているとだいたい70%に届かなくなります。

ゴーストフィルムなど貼り付け後、数年は基準OKかもしれませんが次第にフィルムが劣化をして70%を下回ってくるので貼り付けしない方が良いと思います。

車検の合否は検査員によって違う?

飛び石の傷に関していえば、車検の合否は検査員によって多少差が出てくると思います。

それは、明確な基準が設けられていないためです。

検査員が、運転席の視野が確保出来ていないやこの大きさはダメと言えば車検NGになります。

明確な基準が無いのも、走行中にヒビが拡大する恐れがあるからです。

たとえ小さなヒビであっても、時間と共に大きくなる可能性があるのに基準内だからOKとは言えませんよね。

その為、基準がなく検査員により差が出てくるのです。

フロントガラスのリペア修理費用は

ガラスのリペア費用は業者に依頼すると約15000円~30000円程かかります。

リペアキットは、販売されているのでご自身でもできます。

その際は、リペアキットの料金は約1000円~3000円程で済みます。

ただし、技術も必要なため上手くできない可能性もあります。

リペアできるものとできないものもあります。

リペアできるものは、500円玉の大きさに収まるヒビ、ガラスの端から約10cm以上離れている、傷ができて時間が経っていないものになります。

目安の基準となりますので、業者などに確認をしてもらうのが良いと思います。

フロントガラスの交換費用は

フロントガラスの交換費用は車種により異なります。

相場は、軽自動車で約5万円~8万円程普通車(コンパクトカーからワンボックスも含む)で約7万円~15万円程と言われています。

使用するガラスなどによっても金額が変わってきます。

交換が必要な時は、業者に相談をして最適なガラスで交換してもらうようにしましょう。

フロントガラスの交換はdiyでできる?

フロントガラスの交換は、業者にお任せしましょう。

色々調べて自分でしようと思えばできると思いますが、知識と技術が必要になってきます。

下手にdiyで行い、交換後に不具合が起きたり、雨漏れしては意味が無いので辞めた方が良いです。

業者に任せてしっかり修理してもらいましょう。

フロントガラスに飛び石の傷ができたら

飛び石の傷の車検合否は、検査員によって多少差が出くることがあると思います。

気になったら、車検前に専門業者に診てもらいましょう。

また、飛び石の傷の大きさや場所により、リペアができるのか交換が必要なのかが変わりますので注意してください。

運転の支障になったりするので、飛び石の傷はあまり放置せずに早めに対処することをおすすめします。