非金属タイヤチェーンのおすすめランキング!寿命や耐久性、凍結でも大丈夫?

非金属チェーンおすすめ

スタッドレスタイヤでは対応できない路面状況や、豪雪時などでの規制区間などでは装着義務など雪道対策としては昔ながらの定番ともされてるタイヤチェーン。

その規制区間においては「金属製のみ」といった決まりなどは特別無く、「非金属チェーンであっても使用が可能」という事もあって現在も依然として手軽に扱える商品を中心に各専門店でも注目を集めております。

今回はそんな非金属タイヤチェーンの「寿命」と「耐久性」、「凍結路面においての機能性」などを詳しく掘り下げ、「口コミや評判」から「おすすめ」となるものをランキング形式で検証していきたいと思います!

スポンサードリンク

非金属タイヤチェーンの寿命は

まず基本的にタイヤチェーン自体はあくまでも消耗品であり、それは金属・非金属であっても同じ事。

金属チェーンの場合、一般的には経年劣化よりも走行距離に重きを置きますが、非金属チェーンでは(使用頻度や保管状況にもよりますが)素材自体がゴムや布製でもある事を考慮すれば「概ねでも5年が寿命と考えてよいでしょう。

非金属タイヤチェーンの耐久性

素材自体の性質上「柔軟性」を生かせるだけに、金属チェーンとの比較では「強い耐久性も有する」事となります。

ただこちらも金属同様に日々のメンテナンス次第では使用中にチェーンが切れてしまうなど、「利用者ごとの持ち」もそれぞれで異なってきます。

つまり使用後は「必ずタイヤから外す」のはもちろんの事、「水洗い後はしっかりと乾燥させる」他に「金属部分などへの錆を防止させる為の防錆処理」等。

これだけでも長持ちさせる事に繋がるだけでなく、タイヤチェーン自体が持つ本来の機能にも良い影響をもたらしてくれます。

非金属タイヤチェーンは凍結路面にも強い?

基本的に豪雪地帯などでの大雪に向く金属チェーンと比べ、非金属チェーンではゴムや布が素材となってるため路面に対しての柔軟な対応が可能となります。

現在最もスタンダードな雪道対策となってるスタッドレスタイヤ同様、各メーカー毎に開発されてる発泡ゴムなどの進化した素材により、様々な雪道や凍結路面へ対しての強いグリップ力を発揮します。

非金属タイヤチェーンの口コミや評判は

取り付けなどでは時としてジャッキアップを必要とするなど若干の慣れも必要ではあるが、海外製を含めて各メーカーでの「手間のかからない装着」への取り組みも進んでいる事が取り扱いを容易としており、そこが人気を維持してる要素とも言えます。

またチェーンの中で一番安値となる金属製と比べれば何倍もの値段(およそ20,000円弱)がするものの、「スタッドレスタイヤにかかる金額を考えればかなりリーズナブルである事は消費者にとって最大の魅力」にもなるようですね。

ただ取り扱いでは「それぞれに付帯してしまう手間」への価値観もやはり千差満別となり、余裕のある人は ”あえて” スタッドレスタイヤをお勧めするような意見も見られました…

非金属タイヤチェーンのおすすめランキングとは

まず選ぶポイントとしての入り口となるのがチェーン自体の素材であり、その素材と取り扱い易さを加味した上での「おすすめランキング5位」までを以下に記しました。

1位:「SOFT99 救急隊ネット KK-40」

面倒なジャッキアップなしでの容易な装着が女性からも定評があり、安心のJSAA認定商品としても信頼性が高いと言われてます。

2位:「YLT-2021 タイヤチェーン専用」

コンパクトなサイズでの収納が可能な事から車載においても場所を取らず、女性にとっても持ち運びが楽であるのが嬉しい。

走行時の安定性は高く、マイナス50°Cまで対応可能となってます。

3位:「YETI(イエティ)YETI SNOW NET 0254WD」

1978年にスイスで生まれたオールラバー製となるスノーネット。

日本では改良を重ねながらも救急車の標準添付品として採用されており、強力な硬質ラバー製スパイクピンからなる強いグリップと安定性が高い信頼性を生んでいます。

4位:「SLL 非金属タイヤチェーン MX-ZM」

とにかく軽量であり、保管する際での取り扱いが容易なのが最大の特徴とも言える高性能ポリウレタンエストラマーのタイヤネット。

高弾力性質である事からもチェーンの脱落を最小限に抑え、耐摩耗性と耐寒性に優れている事により安定した雪道走行も実現しております。

5位:「FECチェーン エコメッシュLL FB03」

4箇所に安定したロック機構を装備しており、かつ装着時間を大幅に短縮できるシステムとしても人気が高い非金属のタイヤチェーン。

トレッド部分には4.7mmある硬質金属のマカロニピンを採用している等、オールラウンドな冬対策としても「とにかく間違いの無い選択肢」という方にお勧めの非金属タイヤチェーン。

まとめ

如何でしたでしょうか?

様々な工夫とアイデアが年々メーカー毎に盛り込まれ、そのクオリティーにおいては万人向けの取り扱い易さを始めとしながらも「どれだけ通常のタイヤの近づけるか?」を主としてる様にも思えます。

私的には各社からリリースされてる製品の殆どが安全且つ安定した品質の下で製造・販売されており、余程の物(極端な安値の商品)でなければ安心できる選択域となっております。

つまり現在は「値段が高ければ安心」では無く、「環境や予算に合わせたチョイス」こそが「最適」なのだと私は思います!