僕も被害にあった!東名高速のあおり運転事故に関して思う事とは!

東名高速で煽り運転を繰り返したあげくに高速道路の追越車線に車を停車させ死亡事故に繋がった事件の被告に懲役18年が言い渡されました。

被告の名前は僕のブログでは出しませんが非常に許せない事件です。

今回はこの事件や煽り運転について思う事を書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

あおり運転は実は日常茶飯事です!

僕は仕事柄、毎日東名高速を走っています。

死亡事故まではあまり聞きませんが、あおり運転やパッシング、危険な幅寄せなどは高速道路だけではなく一般道でも非常によく見かけます。

僕自身も合計すると数百回されていると思います。

僕は大型のトラック運転手ですが、トラックにリミッターという速度制御装置が付いてからは特に酷く煽られるようになりました。

煽られている車もよく見かけますが、どう見ても嫌がらせをしたようには思えません。

普通に法定速度で走っていても「オラオラー」「どけどけー」と煽られるんです。

まずパッシングから始まり車間を一切とらずにけつにピッタリとくっついてあおり運転、そして追い抜きざまに幅寄せをしていきます。

ひどい奴になるとその後急ブレーキまでかけていきます。

本当に許しがたい行為です。

東名高速のあおり運転事件について思う事!

まず第1にこの被告に対する罰が軽すぎますよね。

一家4人が死傷する事件で、わずか懲役18年だそうです。

お亡くなりになった方は戻ってはきませんし、遺族の方の気持ちを考えると18年は短すぎます。

そもそもこの被告は東名の事件の後もあおり運転を繰り返していたそうです。

つまり東名の事故の後も免許を保有し続け運転をしていたことになります。

まさにびっくりです。

東名の事件以来煽り運転が減った!

東名のあおり運転事件がニュースで話題になり連日連夜マスコミがあおり運転について取り上げてくれるようになりました。

実はそれくらいから高速道路を走っていてもあおり運転やパッシングがかなり減ったんです。

報道のおかげで今まであおり運転をしていたドライバーの意識の中に自制心が芽生えたのでしょう。

煽り運転を減らすには!

これは僕が勝手に思うことですが、危険なあおり運転を減らすにはやはり罰則をもっと厳しくするべきです。

テレビのコメンテーターの意見を聞いているとあおり運転に会ったら相手をしない事、と言います。

たしかに相手をしないのが1番です。

しかしこれではあおり運転は減りません。

ドライブレコーダーの撮影で煽られた側に一切落ち度がないのが立証されたらパッシング1回でも免許取り消しにするくらい厳しくするべきです。

そのようなドライバーはいつ皆んなを巻き込むような事故を起こすかわかりませんからね。

さいごに

今回は東名のあおり運転事件についてトラックドライバーの僕が思う事を書かせてもらいました。

皆んなが譲り合って交通の安全が保たれている中「オラオラ」「どけどけ」の自己中心的なドライバーは非常に迷惑だし危険です。

東名のような悲しい事故が 2度と起きないように法の整備とドライバーのモラルの向上を切に願います。

近年、パッシングや急ブレーキ、無茶なあおり運転が交通社会で問題になっています。東名高速では一家4人が死傷する悲劇も発生しました。あおり運転の対象になり易い大型トラックには速度の規制があり理解を求めます。
スポンサーリンク