タンクローリー運転手はきつい?必要な資格や1日の仕事内容とは!

タンクローリー運転手きつい

タンクローリー運転手の仕事内容や必要な資格とはどういったものなのか気になる方もいるはず。

一度はその仕事に憧れた方も少なくありません。

肉体的な労働をするイメージできつい仕事と言われてはいますが、現在でも活躍しているドライバーは多くいます。

今回の記事では、タンクローリー運転手はきついのかについてと、その仕事をやるための必要な資格、1日の仕事内容について解説します。

この仕事に興味のある方や転職したい方などはこの記事を参考にしてください。

タンクローリーの給料や給料明細に関してはこちらの記事で詳しくご紹介しています。

タンクローリー運転手の仕事は稼げるのか、気になる方もいるはず。 給料や年収、評判についても知りたいところです。 今回の記事では、タン...

スポンサードリンク

タンクローリー運転手とは

タンクローリー運転手とは、ガソリンや燃料、水、重油などを運ぶドライバーのことです。

ときには、危険物の入ったものを運ぶときもありますので、運転スキルが高くないとこの仕事は長く続きません。

他の運送業種とも違って運転スキルが必要以上に求められます。

同じドライバー仲間に10年以上続けている人がいますが、それほどの経歴ともなると採用されやすいです。

経歴が浅くても採用してくれる企業もありますが、経歴があり、またその経歴が長いに越したことはありません。

タンクローリー運転手に必要な資格や条件とは

タンクローリー運転手になるためには、必要な資格や条件が多くあります。

中でも一番重要資格条件は、大型免許の取得です。

タンクローリーは、大型車を使用する場合が多いからです。

その他にも、牽引するタンクローリーを運転するのであれば牽引免許が必要ですし、危険物を取り扱うのであれば危険物取扱者の資格が必要です。

高圧ガスを運ぶ場合は、特定高圧ガス取扱主任者の資格が必要です。

多くの資格を持っていればいるほど採用されやすいので、多くの資格を持っておくことをおすすめします。

タンクローリー運転手の1日の仕事内容とは

1日の仕事内容は、まず出社してアルコール検査を行います。

どの運送会社でも厳しい検査が行われていますので、アルコールは日頃から控えめにしておいた方がいいでしょう。

アルコール検査が終わった後、自分が運転する車両の点検を自ら行います。

そして、指定された油槽所まで運送して行き、ガソリンや燃料、水などの液体の積み込み作業を行います。

積み込み作業まで終わったら、取引所まで行き、そこで荷降ろし作業です。

液体の漏れに注意しながら荷降ろし作業をしましょう。

基本は、積み込み作業をして運送して荷降ろし作業を繰り返す形です。

タンクローリー運転手はきつい?

結論から言いますと、運転スキルに自信のない方にとってはきつい仕事です。

運転スキルが高ければ、きついと思うことはありません。

やはり、初めは誰でもタンクローリーの運転は慣れるのに時間がかかります。

一般のトラックよりも難しいとも言われているだけあって、そう簡単にはいきません。

ですので、タンクローリーを運転したい方はまず、運転スキルを高めることから始めないといけません。

タンクローリー運転手を辞める理由とは

この仕事を辞める理由として一番多いのが、労働時間が長いということです

危険物を取り扱うタンクローリーの運転だと、午前4時から始め午後の21過ぎまで働くことがあるため、激務と言われています。

睡眠時間を削るときもありますので、健康にも注意しないといけません。

その他の理由としては、事故を起こしたときの責任が大きいのとマニュアルが厳しいのを理由に辞める方も多くいます。

この仕事に転職するときは、勤務時間給料ルールは厳しいのかしっかりチェックしましょう。

タンクローリー運転手は女性でもなれる?

もちろん、女性の方でもなれます。

なぜなら、今では男性の人材確保が難しく人材不足を解消するため女性の方も採用しようとどの運送企業もそういった方針で進めているからです。

それと、女性の社会進出が進んでいるのも理由です。

女性の方でも運転に自信があれば採用されやすいでしょう。

スポンサーリンク