タンクローリー運転手は稼げる?給料や年収、給料明細を暴露!

タンクローリー稼げる?

タンクローリー運転手の仕事は稼げるのか、気になる方もいるはず。

給料や年収、評判についても知りたいところです。

今回の記事では、タンクローリー運転手の給料や年収、最高月収、給料明細、年間休日、評判についてそれぞれ解説します。

これから、ドライバーとして稼ぎたい方や興味のある方はこの記事をご参考ください。

スポンサードリンク

タンクローリー運転手の給料や年収はいくら?

タンクローリー運転手の年収についてからお伝えしますと、平均で400万円~500万円ほどです。

月々の給料は、25万円~40万円になる場合が多く、季節によって夏場冬場とで大きく変動が起こります。

トラック運転手などその他の運送業種と比べて、年収や給料が高い傾向にあります。

理由としては、危険物を取り扱ったり高圧ガスの運送も行うからです。

後は、人手不足の問題も深刻化し、それによって給料が高く設定されています。

人材確保が難しい状態です。

多く稼ぎたい方には、向いているお仕事です。

タンクローリー運転手の最高月収はどれくらい?

最高月収は、約50万円です。

生活に困ることはありません。

トラックドライバーやトレーラードライバーと比べても、トラック業界の中で最高月収は高い傾向です。

稼ぎやすいとも言われています。

また、タンクローリーの運転をするには牽引免許が必要になりますが、その免許以外にも多くの資格を持っていればどの企業からも採用されやすく最高月収まで稼げることができます。

最高月収を目指すのであれば、多くの資格を持ち企業からも信頼されやすくした方が良いでしょう。

そうすれば、多く稼げますのでやってみたいのであれば、最高月収まで目指してみましょう。

タンクローリー運転手の給料明細は

給料明細については、多くの資格を持っている人ほど平均よりも思った以上に給料は高い傾向で、それだけ多く稼いでいました。

他にも、給料明細を公開しているドライバーの方でも昔と比べて給料が高い方が多く見られたので、給料については心配する必要はありません。

タンクローリー運転手の給料明細について詳しく知りたい方は、SNSなどのネット上でよく公開している方が多くいますので、そちらもご参考ください。

実態がわかるはずです。

タンクローリー運転手の年間休日について

年間休日の日数は、だいたいで72日~96日で設定している会社が多いです。

詳しく言うと、だいたいで週休2日です。

土日祝日を休みにしている会社もあれば、土日祝日関係なく希望で休みのとれる会社もあります。

自分に合った方法で休みをとりましょう。

さらに詳しく、年間休日について知りたい場合は、求人サイトや求人アプリから検索して自分の興味のある募集ページを読めば、年間休日についてはっきりわかりますのでチェックしてみてください。

タンクローリー運転手の評判とは

評判についてはやはりさまざまで、評判の良い企業もあれば悪い企業もあります。

ドライバーになるにあたって評判を見分けるコツが入ります。

それは、求人サイト求人アプリ口コミレビューを確認することです。

口コミやレビューをしっかり見て嘘の情報でないか判断した上で決めましょう。

中には、嘘の情報が書かれている口コミやレビューもありますので要注意。

評判を見ることも重要です。

タンクローリーに必要な資格や条件に関してはこちらの記事で詳しく説明しています。

タンクローリー運転手の仕事内容や必要な資格とはどういったものなのか気になる方もいるはず。 一度はその仕事に憧れた方も少なくありません。...

スポンサーリンク