スタッドレスタイヤとタイヤチェーンならどっち?メリットデメリットを徹底的に比較してみた!

スタッドレスかチェーンか

雪道や凍結路面を走行の際、必須アイテムとされるのがスタッドレスタイヤと昔ながらのタイヤチェーン。

一般的に需要が高いとされてるスタッドレスタイヤでも、対応できない路面状況や国が定めた規制区間など、やはり昔ながらのタイヤチェーンが重宝されております。

今回そんなスタッドレスタイヤとタイヤチェーンについてを「それぞれのメリット・デメリット」で比較し、「最強の雪道対策」としてをそれぞれで検証をしていきます!

スポンサードリンク

スタッドレスタイヤのメリットとは

スキー・スノーボード等といった冬のウインタースポーツを目的とする以外にも、「積雪地域でのスタッドレスタイヤ」は今や絶対的な必須アイテム。

やはり一般的にも冬のマストアイテムとしての需要が1番高いだけに、雪道を始め凍結路面においてもそこそこのグリップ力を発揮し、またタイヤチェーンと比べた場合での静粛性や安定性でも優れてます。

タイヤチェーンとなれば必ず「脱着作業」を必要としますが、スタッドレスタイヤであれば通常のタイヤ同様にドライ路面やシーズン以外の路面でも引き続き走行が可能となってます。

スタッドレスタイヤのデメリットは

冬の雪道専用として揃える「タイヤ+ホイール」を一度装着してしまえば「最低翌春まで」は取り外さずには済むものの、やはりチェーンと比べて費用はかさんでしまいます。

特に比較的積雪量が少ない地域の方にとっては、たとえ必要性があったとしてもその使用頻度は「必ず年に一度」とも限りません。

実際そのような所有者の多くが長期保管によってタイヤの劣化を招き、結果として「あまり恩恵を受けず」タイヤを無駄にしてしまってる事となってます。

そして雪のシーズン以外での「取り外したタイヤの保管」。

タイヤの劣化を防ぐ為にも高温にならず、風通しの良い日陰となる場所を確保しなくてななりません。

タイヤチェーンのメリットとは

最大の魅力となるのが「価格の安さ

金属・非金属といった素材からくる多少の価格差はあれど、比較的に安価とされてる商品であれば購入価格の多くは3,000円程度から豊富にラインナップされております。

また昔ならがの雪道対策としては「王道中の王道」とされてだけに、グリップ性能においてはスタッドレスタイヤをかなり上回るものとなってます。

特に凍結路面のクオリティーではスタッドレスタイヤ以上の安全性がかなり確保でき、スタッドレスタイヤ不可を含む規制区間においては「国が未だタイヤチェーンの装着を義務付けてる」事から考えても立証済みとも取れます。

タイヤチェーンのデメリットは

まず金属・非金属とも「必要に応じてのチェーン着脱が何かと手間」になってしまいます。特に金属製のタイヤチェーンだとその手間を嫌厭し、「取り外すべきタイミング」を後回しにすれば大切なマイカーにも傷を付けてしまいかねません。

最近の非金属製であればある程度の製品開発は進んではいるものの、やはりスタッドレスタイヤのような高い静粛性安定した乗り心地などは機能的に考えても求める事ができません。

つまりスタッドレスと比べ、「安全性以外」の部分が人によってはデメリットとしての要素となってしまうかも知れませんね…

スタッドレスタイヤとタイヤチェーンならどっちがいい

これまでを見てもお分かりの通り、スタッドレスタイヤとタイヤチェーンにはそれぞれが持つ特性から「安全」を第一に考えた場合、どちらかに絞る選択は正直ナンセンスと言えます。

例えば「スタッドレスタイヤをベースとしながら状況次第でタイヤチェーンを用いる」など、双方の特性をうまく利用しながらの対応が最も望ましいかと。

つまり「価格面で見る経済的観点」や「使い勝手」の優先ではなく、常に双方を視野に入れながら「危険と取れる路面状況にに対しての万全な装備」こそが重要となるのです。

最強の雪道対策とは

自然の猛威の振るい方次第では「スタッドレスタイヤやタイヤチェーン以外の装備」を必要とする場合を常に視野にも入れておかなくてはなりません。

スコップ

豪雪時でのタイヤのスタック時、または車の四方が雪で囲まれる等での除雪作業で使用する。

手袋・長靴

防寒はもちろんの事、極度の低温による凍傷を防止する為にも必須となります。

雪かき棒

車の屋根やフロントガラスに溜まった雪などの除去に必要となる。

ブースターケーブル

気温が低い環境では車のバッテリーは必ず弱くなってしまう傾向にあり、一時的でもバッテリー上がりとなってしまえばエンジンをかける手段としては必要となってきます。

牽引ロープ

脱出が困難な状況下での車の脱出、または自走不可な場合でも牽引となれば必要となるアイテム。

いくらスタッドレスタイヤやタイヤチェーンの装備が万全であろうとも、自然の猛威というのは時として予想出来ない場合もあり、常にそれらに対応できる各グッズの常備が最強の対策法となります。

まとめ

今回の調査では「それぞれの特徴としてのメリット・デメリット」であり、あくまでどちらか偏った選択では無い「双方あっての雪道対策」である事も少しはお分かり頂けたと思います。

予算を始め自身の様々な都合上、理想的なスタイルが決して誰にでも当てはめれるとは限りませんが、やはり人間の性としても「いざ」と言う時へ備えるべき物は備えるに越した事はありません。

つまり雪道対策こそが「備えあれば憂なし」となるのです!