スペアタイヤで高速道路は走行できる?走行時の注意点とは!

スペアタイヤ高速走行可?

みなさんはパンクやバーストなどのトラブルを経験したことはありますか。

タイヤのトラブルは非常に多く、ロードサービスの出動理由でもパンクなどは上位に入ってきます。

自動車には通常、スペアタイヤが搭載されています。

近年の自動車に関してはスペアタイヤは搭載されておらず、代わりにパンク修理キットが搭載されている場合もあります。

もしも、パンクしてしまった場合は、スペアタイヤに履き替えるか、パンク修理キットにて応急修理を行うことになるでしょう。

しかし、パンクしてしまった場所が一般道ではなく高速道路だった場合も当然あると思います。

そもそも高速道路でスペアタイヤやパンク修理キットを使ったタイヤで走行していいの?

緊急で高速道路を走らなきゃいけなくなったら何を気をつければいいの?といった疑問について解説していきたいと思います。

※JAFなどのロードサービスにまだ未加入の方は早急に加入することをおすすめします。
実際にパンクや故障した時に個人で路上で対応するのは非常に危険だし、はっきり言って難しいです。

損保との違い

安心&充実のロードサービス!JAF入会はこちら

スポンサードリンク

スペアタイヤでの高速道路走行は違反になる?

高速道路をスペアタイヤで走行した場合ってもしかして違反になるの?と思っている方もいらっしゃると思いますが、結論から言うと違反にはなりません

そもそもスペアタイヤとは有事の際に応急的に使うものですから、高速道路では使用禁止となってしまっては意味がありませんよね。

しかし、スペアタイヤやパンク修理キットには使用上の注意があるので、注意点はしっかりと守るようにしてください。

いくつかある注意点の中で代表的なものをご紹介します。

まずは、最高速度です。

スペアタイヤはあくまで応急用のタイヤなので、タイヤの幅は細く、外径も小さめの場合がほとんどです。

車はバランスの乗り物なので、1輪だけスペアタイヤに交換して走行した場合、ハンドルが取られやすくなったり、フラフラしたりなど不安定になる可能性があります。

最悪の場合事故に繋がる恐れもあるため、多くのスペアタイヤは最高速度が80キロまでと決められています。

80キロまで出すことが可能ならば、高速道路での走行も問題ありませんね。

もう一つご紹介したいと思います。

それは空気圧です。

スペアタイヤの多くは4.2kg/cmと高めの空気圧設定となっています。

なぜ高めなのかというと、スペアタイヤは収納上などの理由から細いタイヤが採用されています。

その細いタイヤで車重を支えるためには通常よりも高めの空気圧が必要になってしまいます。

そして空気圧を調整する頻度も少ないため、空気圧が少しくらいなら下がってもいいように、そもそもの空気圧を高めに設定してあるんです。

以上の理由から、スペアタイヤで高速道路を走ることは違反にはなりませんし、注意点をしっかりと守って使用する分には何に問題もありません。

スペアタイヤの走行可能は距離はどれくらい?

スペアタイヤの走行可能距離について説明したいと思います。

スペアタイヤの注意点の中に、「応急用タイヤなので、なるべく早めに標準のタイヤに戻してください」という注意書きがあります。

これだけを読むと、早くってどれくらいなの?と思うかもしれません。

何が言いたいのかというと、要は標準タイヤの修理や交換を終えたら、速やかに戻してください。

ということですね。

距離でいうとしたら、100キロ以上走行する前に元に戻せば大丈夫です。

スペアタイヤの交換時期や費用に関してはこちらの記事で詳しくご紹介していますのでご覧ください。

🔗スペアタイヤの交換時期や費用はいくら?DIYでの交換のやり方や注意点とは

スペアタイヤの空気圧はどれくらいで管理する?

先程、スペアタイヤの空気圧は4.2kg/cmが一般的という話をしましたが、これはあくまでも一例になります。

みなさまは、ご自分のお車のスペアタイヤの注意書きを良く読んでいただき、指定の空気圧を入れていただくようお願いします。

スペアタイヤの種類は

スペアタイヤには種類があります。

ここではスペアタイヤの種類について詳しく触れていきたいと思います。

テンパータイヤ

このスペアタイヤは王道のスペアタイヤといっても過言ではありません。

トランクの下や車体の下に収納されています。

標準タイヤと同じスペアタイヤ

こちらはトラックやバン、RV車なんかに多くみられます。

走行距離が多いトラックや、悪路などを走行する機会が多いRV車なんかは交換前提のため、標準タイヤが装着されているのでしょうね。

パンク修理キット

こちらはタイヤではないですが、近年多くなってきたパンク時の応急方法です。

修理液材とシガーソケットで動く空気入れがセットになっています。

スペアタイヤで走行時の注意点は

スペアタイヤで走行する時の注意点をご紹介します。

スペアタイヤは標準タイヤよりも細いという話をしましたが、細いタイヤですと通常よりもグリップ力(路面にタイヤが食いつく力)が低くなってしまいます。

速度の乗るカーブなどではいつもより速度を落とすなどして安全運転を心がけてください。

まとめ

今回は高速道路でスペアタイヤは使用できるのか、スペアタイヤを使用する際の注意点などをご紹介しましたがいかがでしたか。

パンクはいつどこで起こるかわかりません。

いつどこで起きてもいいように、自分の車にはどんな種類のスペアタイヤが付いてるのかなどしっかり確認しておくと安心ですね。