車のスモークフィルムは違法?車検に通る?基準や車検対応のおすすめは!

スモークフィルムは違法

車はプライベート空間でもあります。

そんな車の中を他人に見られたりするのは、気になりませんか?

そんな方は、車にスモークフィルムを貼ることをお勧めします。

視界を遮れるスモークフィルムですが、車検に違反に事もあります。

スモークフィルムを貼るにあたり、違法性はあるのか、どの程度であれば車検に通るのか、基準やおすすめを解説します。

スモークフィルムを調べている方は是非最後までご覧ください。

スポンサードリンク

車のスモークフィルムは違法?

車のスモークフィルムは、貼る場所やどれだけ光が通るフィルムなのかで違法か違法ではないかが分かれます。

まず違法基準ですが、フロントガラス、運転席側フロントサイドガラス、助手席側フロントサイドガラス、この3枚のガラスに可視光線透過率が70%を下回るスモークフィルムを貼ることは違法になります。

逆に、可視光線透過率が70%を下回らなければ違法にはなりません。

それでは詳しく見ていきましょう。

可視光線透過率とは? そのものが、どれだけ光を通すかの数値になります。数値が高くなると光を通し、数値が低いと、光を通しません。

車検に通る基準について

スモークフィルムの車検基準は、フロントガラスと運転席、助手席のサイドガラスに基準があります。

それは、可視光線透過率が70%を下回る場合は車検不合格になりますので、可視光線透過率70%以上が車検の通る基準となります。

ただ、陸運局では、これで問題なく車検を通す事が出来ますが、一部ディーラーでは、フロントガラスや、運転席、助手席サイドガラスにスモークフィルムを貼ってあるだけで、可視光線透過率関係なく、車検不合格になる場合もありますので注意して下さい。

なので、基準は可視光線透過率70%という基準ですが、フロントガラス、運転席、助手席サイドガラスには何も貼らないほうがいいでしょう。

フロントガラスのスモークフィルムはNG?

光が眩しいなどの理由で、フロントガラスにスモークフィルムを貼りたい方もいるかと思いますが、フロントガラスへのスモークフィルムはNGとなる場合が多いです。

可視光線透過率70%以上であれば貼っても良いのですが、一部ディーラーではNGになります。

しかし、例外もあります。

それは、サンバイザーフィルムです。

よく、フロントガラスの上部に薄い色のついたガラスやフィルムを見かけます。

これはサンバイザーフィルムといって、フロントガラス上部20%以内で尚且つ、可視光線透過率70%以上であれば貼っても問題ありません。

これであれば、ディーラーでもNGになりません。

根拠として、フィルム以外にも上部20%以内にガラスについているスモークガラスが純正部品でも出ているからです。

リアガラスに基準はない?

後部座席に荷物などを置いている場合、外から車内が丸見えなのは少し気になりませんか?

リアガラスのスモークフィルムの基準はどうなの?と思う事もあるかと思いますが、リアガラスにスモークフィルムの基準はありません。

基準はありませんので、好きなフィルムを貼る事が可能ですが注意が必要です。

例えば、可視光線透過率が0%に近いものを選び貼り付けたとしたら、外から車内を見られる心配はありませんが、車内から外もすごく見にくくなります。

なので、リアガラスに基準はありませんが何%を貼るかは良く考えましょう。

見出し5:スモークフィルムは貼る工賃はいくら?

ガラスにスモークフィルムを貼るときに気になるのが工賃ですよね。

工賃は、軽自動車、ワゴン車、セダン、ミニバンと金額設定が異なります。

今回はフロントガラス、運転席、助手席サイドガラス以外に貼る事を前提にします。

軽自動車 ⇒ 15,000円~20,000円

ワゴン車 ⇒ 20,000円~25,000円

セダン  ⇒ 30,000円~40,000円

ミニバン ⇒ 45,000円~55,000円

この値段が相場になります。

スモークフィルムの車検対応のおすすめは

スモークフィルムにはさまざまな種類があります。

・黒色のスモークフィルム

・色のついているカラーフィルム

・ミラーフィルム

などあります。

車内を見えにくくするのであれば、黒色のスモークフィルムがオススメです。

他の車と違いを生み出したい方は、ミラーフィルムがおすすめです。

ミラーフィルムは遮熱効果もあります。

そして、スモークフィルムは性能で選ぶ事もおすすめです。

断熱効果や、紫外線カットも効果として備えているものを購入する事がオススメです。

正しいスモークフィルムを貼りより良いプライベート空間へ

いかがでしたか?

車のスモークフィルムを貼ると、外からは視認されにくく良い空間になる反面、車内からも外を見にくくなります。

ですので、よりご自身に適したスモークフィルムを選択し、より良いプライベート空間を作りましょう。