車の静電気のひどい「バチッ」を除去する方法や防止対策とは!おすすめや人気グッズもご紹介!

車の静電気のひどい

クルマのひどい「バチッ」いった静電気に悩まされている方も多いでしょう。

静電気は主に、乾燥した冬場に多く発生しクルマに乗り込むときだけでなく、降りるときも静電気に苦しめられます。

しかし、ちょっとした対策を取ることで静電気から身を守ることも可能です。

そこで、クルマの乗り降りで嫌な静電気に合わないための予防対策や、効果的な人気グッズをご紹介します。

スポンサードリンク

車の静電気はなぜ?原因はなに?

クルマに乗り込もうとドアノブを触った瞬間「バチッ」と静電気が発生して嫌な思いを多くの方が経験していることでしょう。

そして、よく考えると、静電気が発生する時期は冬に多く見られることに気が付くはずです。

それは空気の乾燥が静電気発生と大きくかかわっているからです。

静電気が発生するには、モノが擦れ合わされる必要があります。

例えば、頭に下敷きを擦り付けて髪の毛を浮き上がらせた経験がある方も多いでしょう。

これは摩擦による現象ですが、この摩擦が静電気を発生させます。

それでは、なぜ冬場に車のドアノブなどを触ると静電気が発生するのかというと、それは空気が乾燥していることと、冬場は重ね着をしているので、服が擦れて静電気が帯電しやすい環境であることが原因です。

しかし夏場などは空気中に水分が多いので、体に帯電した静電気は、空気中の水分に放電しているため、ドアノブを触っても一気に放電して「バチッ」と、嫌な思いをしません。

車の静電気を簡単に除去する方法とは

クルマの静電気を簡単に除去するには、クルマに乗り込む前であれば地面を触ると体に帯電している静電気を放電できるので、クルマに触っても「バチッ」ときません。

しかし、地面に触ることに抵抗がある方も多いでしょう。

その場合は、鍵をしっかり握り、鍵の先端でクルマに触れて静電気を鍵の先端で放電させます。

また、鍵でなくても金属製のカラビナなどのほかキーホルダーでも代用が可能です。

この時に注意する点は、鍵はしっかり握ることです。

ゆるく握ると、ゆるい部分で電気が放電して手の中で「バチッ」と静電気が発生しますから、握るときはしっかり握りましょう。

このほかに、綿のハンカチやウェットティシュでドアノブを触る方法や、事前に保湿クリームを塗ってドアノブを触る方法もあります。

次に、クルマを降りるときにも「バチッ」と静電気が発生しますが、その理由は座っているシートとの間で摩擦が起きて静電気が体に帯電するからです。

そこで、クルマから降りるときには、ドアを開けてクルマから足を出すときに、必ずクルマの金属部分を触り続けながら降りることです。

先に足をついてクルマに触ると、一気に地面とクルマの間に放電が起きて静電気が発生します。

クルマの金属に先に触ると、先に体からクルマに放電できます。

しかもクルマに乗っているので、いやな静電気の「バチッ」という現象が起きません。

車の静電気の予防や防止対策とは

クルマの静電気を予防するには、事前に帯電した静電気を放出するグッズを身に着けるか、放電しやすい水分が保湿できる用品を手に塗ることが予防策です。

予防方法は、帯電させないことと適度に放電させることなので、厚着になる冬場は体に帯電しやすくなるといえます。

そこで、帯電した静電気を空気中に放電できる対策をしましょう。

また、冬場は空気が乾燥しているので静電気が空気中に放電しにくいため、体に多くの静電気が貯まります。

そこで、帯電した静電気を一気に放出すると痛いので手を保湿できるクリームを塗るなどのほか手を濡らすと空気中に電子が放電されます。

このように、静電気を帯電させない方法と帯電しても一気に放電させない工夫で静電気の発生を予防できます。

車の静電気除去のおすすめグッズは

クルマの静電気防止グッズは、古くから様々な商品が販売されてきました。

そして最近では、キーホルダータイプ、ブレスレットタイプなど、おしゃれに身に着けられる静電気防止グッズがあります。

このほか、事前に衣服にスプレーするだけで静電気の予防が可能な静電気防止スプレーや、クルマのシートに置く静電気防止クッションなどもあります。

もちろん、古くから販売されるクルマの静電気を地面に逃がす静電気放電ベルトも販売されており、自分の好みやライフスタイルに合わせて静電気防止グッズを使用するとよいでしょう。

適度に電子を放電させて体に静電気をためないようにしよう

静電気は、重ね着による摩擦で静電気が体に蓄えられ、乾燥した空気により静電気が大気に放出されず、ものに触ったときに一気に静電気が放出されます。

そのため、クルマのドアノブなどを触ると「バチッ」と嫌な静電気が発生します。

原因がわかれば、帯電させない工夫と帯電しても効率よく逃がすようにすれば、いやな思いをしなくて済みます。

そして今は、静電気対策グッズもおしゃれな製品からお出かけ前にスプレーで対策できる静電気防止スプレーもあるので、静電気でお困りなら一度静電気対策グッズを試してみましょう。