車の乗り心地ランキングは!乗り心地を改善する方法やおすすめのグッズは何?

車の乗り心地ランキング

我々にとって日々の生活では無くてはならない存在にもなっている車。

その車においては商用車や社用車の他、日常の足代わりとしても常に乗り心地に関しては不思議と皆さんこだわりを持つものです。

今回はその乗り心地についての良し悪しを様々な要因をもとにランキング形式で解説し、「それぞれの原因」や「対策方法」を具体的に掘り下げて行きたいと思います。

そして「手軽な改善方法としてのすすめグッズ」なども紹介して行きます。

スポンサードリンク

車の乗り心地ランキングは何で決まる?

直接的な乗り心地への影響としては「各所のヘタリ具合」が来るケースが最も多く、それらの問題以外でも様々な要因が重なる事で乗り心地はかなり左右されると言われております。

段差でのショックや細かい振動、またフラついたりする場合やシビアな部分ではボディーからの歪みを感じるなど、人によってはそれらが精神的衛生上の問題にもなってきます。

次にその主な要因として最も多くランキングされてるケースを対策や改善方法への参考として以下にまとめました。

●足回り付近でのパーツ劣化からくる不調

車の重量が常にかかる足回り付近においては中古車からはもちろんの事、新車からの購入であっても年数が経てば各所はへたり出します。

そうした症状に対する未然な予防整備こそが乗り心地への不調を無くし、快適へと繋げるのです。

●タイヤの空気圧

こちらにおいても乗り心地を左右するメンテナンス項目としては基本中の基本。

自身が乗る車の適正空気圧をしっかりと把握し、出来る範囲であっても日頃の空気圧チェックは燃費向上を始め、乗り心地改善にも大いに有効といえます。

●シートの劣化

主に経年劣化によるクッション性の悪化が乗り心地の悪さを引き起こします。

純正もしくは社外製のシート交換、手軽なところではカー用品店にて販売されてる「車専用の座布団」などを用いる事で快適な乗り心地へと繋げられます。

●ボディ自体の劣化 歪み

新車からの購入であれば「まず問題は無い項目」となりますが、こちらも中古車や新車からの所有であっても年数が経ってる車両であればとりあえずチェックしておきたいポイントです。

ひどい劣化や歪みであれば車両自体が今後の先行きを考える上での問題にもなりかねませんが、ちょっとした修理やメンテナンスによっても乗り心地が格段に改善されるものです。

乗り心地のいい車ランキングベスト15

上記の説明を踏まえて乗り心地のいい車(国産車)のベスト10をピックアップしてみました。

あくまで乗ってみた感想で個人的見解であることをご了承ください。

乗り心地という視点から車をお探しの方はぜひ参考にされて下さいね。

1位 レクサスES

2位 レクサスRX

3位 トヨタ アルファード

4位 ホンダステップワゴン

5位 スズキハスラー

6位 トヨタRAV4

7位 日産ノート

8位 マツダ MX-30

9位 トヨタ クラウン

10位 レクサスNX

11位 トヨタハリアー

12位 日産セレナ

13位 レクサスIS

14位 ホンダN-ONE

15位 ホンダN-BOX

車の乗り心地を簡単に改善する方法は

これまでの項目でも簡易的なメンテナンス・対処方法として紹介しておりますが、やはり基本的なチェック項目としても「タイヤの空気圧」や「座席としての適正なシート位置」、加えて「クッション性の高い座布団」などは簡単な改善方法としてもかなり有効です。

ただ素人では対処がどうしても困難な場合となれば、そこは迷わず専門的な指導の下での整備もしくは整備工場での対処がもっとも賢明な判断と言えます。

車の乗り心地がふわふわする原因や対策は

まず第一に挙げられる原因としては足回りであるサスペンションに有り、その中枢部分でもある「ショックアブソーバーの劣化」は乗り心地をふわふわさせる原因を招くと言われてます。

ショックアブソーバーは板バネやコイルスプリング類の機械的に発生するショックや細かい振動を吸収してくれる重要なパーツとなっており、この機構が経年劣化などで正常な作用をなさないとなれば必要以上にふわふわしてしまう現象が起こるのです。

その際での対策方法としてはショックアブソーバ自体のパーツ交換がもっとも一般的となりますが、予防整備としての交換(概ねで走行距離5万km)も車両に対するストレス軽減に繋がります。

車の乗り心地が硬い時の改善方法は

こちらに関する問題においても影響していると思える箇所としてまずは足回りから疑いを掛け、タイヤのエアーチャージの際でも入れ過ぎには注意しましょう。

つまりよくありがちな改善方法としても「適正値」でのタイヤ空気圧設定こそが鍵となり、意外と殆どのケースでは問題解決に繋がる対策になっております。

車両に対する適正以上のタイヤ空気圧では当然乗り心地は硬くなってしまいます。

「メーカーが推奨する適正空気圧設定」こそがタイヤに対する安全性を最も考慮し、また快適な乗り心地へつなげる手段としては最も身近な手段といえます。

車の乗り心地を改善するおすすめのグッズは

これまでに記述してきた改善方法と並行し、乗り心地改善への対策品としてもおすすめ出来るグッズをそれぞれ並べて見ました。

●タイヤ

乗り心地を左右するアイテムとしては基本中の基本であり、最も身近なメンテナンス項目となります。

サイズやグリップ・静粛性に関わるトレッド部分のパターンを少し変更する事でも乗り心地に良い影響をもたらします。

●クッション

基本的に体への負担を軽減出来るものであれば何でも構いません。

ただカー用品店などで販売されてる専用クッションを用いる事がベター。

●交換対策パーツ(スプリング・ダンパー類)

手間と費用を惜しまないのであれば、足回りの各機構に対する不具合や予防整備としてもこれらの交換対策パーツ(スプリングやダンパー類)はかなり有効といえます。

●各可動部分にあるブッシュ類

サスペンション本体からくる直接的な影響は少ないものの、実は見えない部分でも様々な影響を与える大切なゴム製のパーツ類。

こちらも「予防整備としては是非項目にも入れておきたいマストアイテム」です。

まとめ

如何でしたでしょうか?

車の性質を理解していくのはもちろん事、結局はドライバーとしての知識と勘が臨機応変な対処方法を生み、またそれらで得た経験と知識こそが乗り心地への探究心を生み、それこそが日々のドライビングとしての楽しさとなるのです。

今回紹介してきた記事内容はあくまで「対策方法の一つ」とし、乗り心地が直結するカーライフだからこそ「点検と日頃の状況チェック」が基本であり、重要となるのです!