トラックや台車の雨対策とは!コンビニ配送は雨の日大変!

雨天時の荷降ろし対策

トラックでの積み下ろしをする時、天気が悪いって最悪ですよね。

自分だけが濡れるならまだしも、商品を濡らすわけにいかないし、かと言って傘を差しながら作業なんてできるわけがありません。

今回は、長年トラックドライバーをしてきた現役の私が雨の日の積み下ろしで行っている対策法をご紹介していきます!

参考になるものがあればぜひマネしてみてください。

想像以上に「給料や年収を上げる方法を教えてくれ!」という質問やご要望がありましたので、下記の記事で詳しくまとめました。
詳細についてはこちらの記事をご覧ください。

「給料があと5万円あったらなぁ」 トラックドライバーなら誰しも思ったことがあると思います。 たかが5万円、されど5万円、簡単そうで難...

スポンサードリンク

カゴテナ配送時の雨対策

雨天時にカゴテナで配送する時は、積み終わったカゴテナにパレット輸送の時に巻くラップを使います。

カゴテナにそのままぐるぐると巻きつけて雨除けをします。

その他には、ブルーシートを被せてゴムで縛ったりすることも多いです。

この方法は急に雨が降ってきた場合によくやるやり方です。

また、ラップやブルーシートではなくカゴテナの雨除け専用のカバーがある会社もあります。

一番便利なのはやっぱり専用カバーですよね。

集配ドライバーの雨対策(台車編)

雨の日の納品は本当に厄介です。

手押し台車で運ぶ時なんてとくに気を使います。

私が実際にやっている雨対策法は2通りあります。

納品する場所が近いか遠いかでやり方を変えています。

遠い現場へ配送 ⇒ ラップを巻いて雨から守る
近い現場へ配送 ⇒ ダンボールやプラスチックダンボールを荷物の上に乗せ雨から守る
 

ドライバーによって雨の日の対策は違いがあると思いますが、私はだいたいこのやり方です。

近い現場への配送は、とりあえず荷物が濡れないように荷物の上に何かを被せます。

プラダンやダンボールを良く使いますが、車用のサンシェードでも代用出来そうです。

また、遠い場所の現場へはとにかくラップで防御に尽きます。

荷崩れもしにくいので安心して配送できます。

トラックの荷台の雨対策

基本的に、荷物はトラックの荷台に直載せです。

晴れてる日はいいですが、雨の日は靴底が濡れたまま出入りするので滑ったりダンボールが湿ったりして大変!

なので、いつ急な雨が降ってきても対応できるように使わなくなった古いバスタオルを何枚か常備しています。

床も拭くことができるし、雨予報とわかっていれば事前に準備もできるのでこれは必需品です。

意外と普通なことなんですが、有ると無いとじゃ大違いです!

年収の上がるトラック運転手の転職方法

リクルートエージェントアドバイザー

安い給料で働いているドライバーは非常に多いです。

そんな中、休みも多く給料も高い運送会社も実は多く存在しています。

自分が知らないだけでかなり損をしているドライバーが多いというわけです。

そんな会社どうやって見つけるの?となるわけですが

そのコツが転職エージェントの利用です。

現在では転職エージェントからドライバーに転職するケースが主流になっています。

地元で一番給料の高い会社を探して下さい」と相談すればいいわけです。

さらに「もう少し給料は上げてもらえないのか?」など企業との交渉も可能です。

そんなエージェントの中でもおすすめなのがリクルートエージェントです。

リクルートエージェントは日本最大手の転職エージェントです。

リクルートエージェントではプロのアドバイザーが企業と給料や労働時間の交渉までしてくれます。

いちいち面接に行かなくても事前にアドバイザーが確認してくれるので時間の節約になります。

お金の話や自分の要望など面接官に話しをするのが苦手な方は特に利用したいサービスです。

また大手や人気の運送会社は非公開求人になっているケースが多いです。

あなたがネットで探してもいい企業が見つからないのはこの非公開求人になっている可能性が高いです。

非公開求人にする理由は企業が社内の採用情報を外部に漏らしたくないのと採用コストを抑えるためです。

大手を狙うなら非公開求人数が日本でダントツ1位のリクルートエージェントを利用しましょう。

非公開求人の中に希望する企業が隠れているかもしれません。

福利厚生や休み、退職金がしっかりしている大手企業なら安心して長く勤めることができますからね。

もちろん無料で利用できますし絶対に転職しないといけないわけではありません。

色んな運送会社の情報収集をしたい方も是非ご利用下さい。

5分で簡単に登録ができます。

エージェントに無料相談する>>

まとめ

まとめ

雨の日の積み下ろしは本当に厄介なことが多いです。

私が常にやっている雨対策は意外とシンプルで簡単なものなので、ドライバー初心者の人でもすぐに出来ます。

とにかく商品を濡らさないように配送するのが一番重要なので雨の日の仕事は気を引き締めて頑張りましょう!

真似するほど大したことはしていませんが、簡単なので試してみてくださいね。